新しい壁紙

壁紙コーナーの壁紙を貼り替えました!



MATTHEW WILLIAMSON(マシュー・ウィリアムソン)2017秋冬コレクション『BELVOIR』から5つのデザインをセレクト。

左から、
Ceramica W7140-02
Orangery W7141-01
Lyrebird W7143-05
Sirius W7144-08
Fanfare W7146-04

コレクションのタイトルにもなっている『BELVOIR』は、イギリス北部にある古くから受け継がれている貴族の邸宅、ベルヴォア城にちなんで名づけられました。この大邸宅がこのコレクションのインスピレーションとなっています。

真ん中に位置する「Lyrebird」は長い尻尾をもつ優雅なコトドリがあしらわれ、実際にマシュー自身のファッションコレクションのシルクプリントされたスカーフのデザインが基になっているそうです。

そして冒頭の見本帳の表紙にもなっている「Ceramica」は、ベルヴォア城を訪れた際、古くからこの家にある磁器製のお皿に感動したマシューが、ロンドンのアンティークマーケットで調達したお皿を一枚ずつ撮影し、そこに彼の代名詞ともいえるモチーフを描き加えたり、色を甦らせたりしてカスタマイズしたお皿たちがプリントされたものなのです。


いつもどこかで登場するヒョウやトラのモチーフも今回はこんなところにさりげなく(笑)!

お皿のない余白の部分には、あなたのお気に入りのお皿を飾ることが出来るように・・・と、そんな粋な計らいなのだそうです。

このコレクションは同じタイトルで生地もご用意しています。ぜひ壁紙と一緒に生地の見本帳もご覧くださいませ。『BELVOIR』の世界観がグッと広がります。

昨日までの壁紙コーナーは2017年春夏コレクションのOSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)、『ENCHANTED GARDENS』コレクションでした。

ちなみに一番左の壁紙は普段はずっとオズボーンの壁紙の後ろに隠れていましたので、この機会にお披露目させてください。

裏一面には2016年のマシューのコレクション『DURBAR』より「Aravali」W6955-02が貼ってありました。

もし名古屋ショールームへお越しの際は、今回はどんな壁紙に貼り替えられているのかマシューの後ろものぞいてみてくださいね。またガラリと変身していますよ。

カテゴリー: 壁紙, オズボーン&リトル, マシュー・ウィリアムソン, ディスプレイ |

開催中!


デイジーの壁紙とピーターラビット。

絵本はスタッフが子供の頃からずっと大切にしているもの。この絵本に出逢って、イギリスに憧れ、海外のインテリアに興味をもつきっかけになりました。
同じようにピーターラビットの世界に憧れた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そして今、2016年から東京を皮切りに始まった「ピーターラビット展」が、巡回の最終地、名古屋で開催中なのです。
会場ではピーターラビットの原画と共にデイジーの壁紙にも出会うことが出来ます。
芸術の秋のひとときにいかがでしょう。

開催期間 ~11月5日(日)まで
休館日:10(火)、16(月)、23(月)、24(火)、30(月)
会場   名古屋市博物館
詳しくはHPでご確認ください。

*  *  *  *  *

開催中といえばもう一つ。
Instagram(インスタグラム)による「#MANASモリスのある風景」キャンペーンが9月よりスタートし締切は今月31日まで。現在進行中です!
詳しくはHP、そして関連内容がFB、ブログ、インスタでもご案内しておりますのでご覧くださいね。

今、少しずつ皆様からの投稿写真も増えてきているところです。
あなたのお気に入りの場所やお部屋をこの機会に「#MANASモリスのある風景」でご紹介してみませんか。

もし既に過去にご投稿済みのモリスのインテリア空間のお写真がある場合も、10月31日までのキャンペーン期間中に「#MANASモリスのある風景」とキャプションを付け加えいただければ大丈夫です。

そして、これからモリスにしようか思案している方には…
インスタグラムで「#MANASモリスのある風景」と検索していただければ、このページにはモリスをとりいれたインテリア写真やモリスの生地や壁紙を使ったアイデアが沢山詰まっています。イメージを膨らませる種になれば幸いです。

一人でも多くの皆さまとモリスのある空間を共有、共感できたら嬉しいかぎりです。
沢山のご応募をお待ちしています。

ブログでは9月より「The Story」というタイトルでブランドにまつわる人物を、東京、大阪、名古屋のブログよりリレー形式でお届けする企画がスタートしました。
その第一回目が「ウイリアム・モリス」です。どうぞ大阪ブログよりお愉しみ下さいね。

これは名古屋ショールームのかつての「モリスのある風景」。
カーテンと壁紙は変化していますが、衝立は2017年の今も同じ場所でディスプレイ中です。

MORRIS ARCHIVE コレクションより。

インスタグラムといえばSNSの1つ。海外のブランドからも素敵な写真が日々更新されています。
過去のSNSにまつわる記事はこちらのブログからお愉しみください。

カテゴリー: 小物, モリス, インフォメーション, イベント |

マグネット

//////////////////////////////////////////////
Instagram「#MANASモリスのある風景」キャンペーン  実施中!
写真応募期間:2017年9月1日(金)~10月31日(火) 23:59

マナトレーディングで取扱いの『MORRIS&Co.』および『PURE MORRIS』の生地や壁紙を使用したインテリアやインテリア小物の写真を撮り、「#MANASモリスのある風景」とハッシュタグを付けて投稿してください。
素敵な写真を投稿してくださった方合計6名様に、『MORRIS&Co.』もしくは『PURE MORRIS』のクッション(2個セット・中材付)をプレゼント。

キャンペーンの詳しい内容はこちらで。
みなさまのご応募、お待ちしています!
//////////////////////////////////////////////

「マグネット」って何のこと!?

そう、マグネットとは正式には磁石タイプのタッセルのことで、略してタイトルにしてみました。

今回は、壁にフックがなくても使用できる「マグネットタイプのタッセル」にスポットを当ててご紹介したいと思います。

まずは、ショールームで人気のある「ピヴォワーヌ V13」。

レースをふんわりまとめたい時、手軽で簡単に留めていただけます。
たとえば、一枚仕立てのやわらかなレースのすそから手繰り(たぐり)上げると…

こんなふうにこれを等間隔にいくつか手繰っていくと、即席バルーンシェード風にご活用いただけるアイテムなんです。

モダンにお洒落なタイプをお好みならSAHCOのマグネットタッセルもおすすめです。
Emperor P055-01
もう一つ
Century P089-02

カジュアルやナチュラルなイメージなら…
Horus P053-01
これは現在の名古屋ショールームのディスプレイ写真。
PURE MORRISのカーテンをスウェード&ウッド調のマグネットで束ねています。


遠く離れてみるとこんな風景です。

今のお部屋の風景に見慣れすぎてしまったら、マグネットタイプのタッセルを+αで新調してみてはいかがでしょうか。
とてもお手軽で簡単に日常の中でプチリフォームができますよ。

最後にもう一つ。
これもマグネットです。

 

カテゴリー: カーテン・シェード, モリス, タッセル, ディスプレイ, サコ |

カラフルのお手本

トレンド感たっぷりのÉLITIS(エリティス)クッション。

2017年の新作はビビットな色がとても目を惹くラインナップ。

名古屋ショールームのディスプレイもエリティスのクッションで彩り艶やかに模様替えしています。




私達スタッフが毎年楽しみにしている中の一つ、「ÉLITIS」のクッションカタログです。



コーディネートのお手本にしたくなるような色の組合せ方。
そして一見無造作にみえるのにお洒落感のあるクッションの配置。

ちなみに2016年版はコーディネーションのイメージに合わせてタイトルがついています!


もうおわかりですよね!
その「タイトル」というのが、誰もが一度は耳にしたことのある有名な「曲名」ばかりなのです♪
遊びゴコロのある「ÉLITIS」のカタログを一度のぞいてみませんか。

2017年1月のパリのショールームのウインドーディスプレイの写真はこちらのブログで。
そしてまだまだエリティスのクッションを見てみたい方はこちらでご覧くださいませ。(MANASのサイトを離れます)

カテゴリー: エリティス, クッション, トレンド, ディスプレイ |

ショールームの風景

まもなく秋に突入しますね。


今の名古屋ショールームはこんな感じでご覧いただけます。
HPの写真と比べて頂くといろいろと変化していることにお気づきになられると思います。


OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)のお揃いの壁紙とカーテン。
カーテン上部にはトリムで切り替えのデザインを施しています。


(クリックすると写真が拡大してリストがご覧になれます)

こちらはSanderson(サンダーソン)の生地で仕上げたシェード。


Tree柄の刺繍生地を青い別の生地で囲んでいます。ちなみに青い生地だけでカーテンを仕立てるとまったく違った印象に…

このシェードの場合、実はボーダー柄の部分を指定して縫製しているんです。

季節の移り変わりと共にショールームの風景も少しずつ変化していきます。

最寄りのショールームにお越しの際は、ぜひ‘今’のディスプレイをご覧になっていってくださいね。

カテゴリー: サンダーソン, 壁紙, カーテン・シェード, クッション, 刺しゅう, トリム |

1周年

PURE MORRIS(ピュア・モリス)』コレクションが発売されてまもなく一年。

これまでになかったモノトーンのモリスの世界は、ショールームを訪れる多くのお客様にも受け入れてもらえたようで、沢山の嬉しい反応をいただきました。

そして現在の名古屋ショールームです。窓辺にはずらりと並んだPURE MORRISのフラットカーテン。
レースとはまた異なった透け感があるので、これだけの一枚がけを愉しみたいというご要望やご相談もいただきます。


そんな『PURE MORRIS』のファブリックと壁紙、デビューキャンペーンを行なっていることはご存じでしょうか?
ご好評につきキャンペーンは来年まで延長が決定し、引き続き特別価格にてご提供できることになりました。
ぜひこの機会にじっくりと一人でも多くの方々にご検討いただけたらと願います。

そしてもう一つ朗報が!

インテリア雑誌『モダンリビング』No.234が今月7日に発売になりました。
今号は通常の雑誌はもちろんですが、「SPECIAL BOX」がセットになった特別バージョンも同時発売。
SPECIAL BOXには今回ご紹介したコレクションの中から「Pure Morris Willow Bough Embroidery 」でつくったミニマットが2枚セットで入っています。お近くの書店でチェック下さいね。
またショールームでもこの期間、特別バージョンを数量限定で販売いたします。(なくなり次第販売は終了となりますのでご了承ください)


* MODERN LIVING モダンリビング No.234
* 特別セット(雑誌+SPECIAL BOX) 税込2,500円

名古屋ショールームは8月11日~16日まで休館となります。
まだまだ暑い日が続きますが、どうかお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

下の写真手前が「Pure Morris Willow Bough Embroidery」

※尚、下記2商品つきましては現在長期欠品中の為、しばらく商品をご提供できない状態となっております。大変申し訳ございませんがどうかご了承くださいませ。
* Pure Strawberry thief(226060,226061)
* Pure Acorn(226062,226063)

カテゴリー: 生地, 壁紙, カーテン・シェード, モリス, インフォメーション |

アートな装飾

6月27日、「生活の中のアートな装飾」セミナーを開催いたしました。

講師には名古屋に在住のテーブルコーディネーター&ギャラリストの都木早苗さんを迎え、日頃語られることのない、装飾が出来上がるまでの過程の中で都木さんが心掛けていらっしゃる大切なことを、実際のディスプレイを目の前にお話しいただけるという特別な時間となりました。

光と影、素材、色、そして間。
いろいろな要素が絡み合ってできあがっていくディスプレイ。
今回は都木さんプロデュースでMANASの壁紙や生地を使って製作した「衝立(ついたて)」「掛け軸」「額装」をベースに3つの世界をつくっていただきました。

衝立

台湾や中国、韓国のお道具や器を使って、お茶の室礼を。
衝立には京都の組み紐を飾っています。
壁紙はJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の「YLANG(イラン)」W01026-10。
所蔵している19世紀のシノワズリデザインよりインスピレーションをうけたもの。

掛け軸

JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の盆栽柄の壁紙でシンプルな掛け軸を製作。
こんな掛け軸ならモダンな和空間にも合いそうですね。
クリスタル、木、和紙、漆器、石、そして古いものと新しいもの、すべてがMIXされたディスプレイ。
麻糸のベージュ色の繋がりも空間に組み込まれています。

額装

PURE MORRISの生地を額装に。
白色の世界ですが、とても温かみのある白色がグラデーションとなって繋がります。

このセミナーで感じたこと…
すべては偶然の配置ではなく、必然であったということ。

そして西洋のような左右対称ではなく、アシンメトリー、非対称の配置。
都木さんが作り出す世界は、日本人ならではの昔からもっている感覚を大切に盛り込まれたものでした。このセミナーを通して、日々の暮らしや日本の自然、歴史をもっと意識してみたくなりました。

セミナーの様子はInstagramのほうでも更新しています。今回使用した商品の品番もご確認いただけます。

マナトレーディングでは、時折、セミナーやワークショップなどイベントを開催しております。
HP上やブログ、インスタ、フェイスブックからもご案内しておりますが、メールインフォメーションにご登録いただくと、こういった情報をメールアドレスへお届けします。まだの方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にご登録くださいませ。
メールインフォメーション http://www.manas.co.jp/manas-mail-information/

カテゴリー: 生地, 壁紙, ジム・トンプソン, 小物, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, ディスプレイ |

ハンドペイント

こんなところにまで!

MANASでハンドプリントといえば、壁紙がまず頭に浮かぶのでしょうか?

今回ご紹介するハンドペイントされたのは、トリムなんです!
これは麻100%の素材でつくられた、フリンジやボーダー、コード。
総称してトリミングやトリムと呼ばれているものです。

これは2017年春、フランスのELITIS(エリティス)の新作。
麻素材100%の洗いざらしの生地「Stucco」と一緒に収録されています。
またこれがなんとも云えないニュアンスカラーの生地なのですが、それをさらにお洒落に仕上げるエッセンスとなるのがこのトリム達なのです。


5月、このトリムを使って名古屋ショールームはディスプレイしてみました。

フリンジを縦に3本並べてみました、いかがでしょう?

ボリューム感とハンドプリントされた表面の模様、
少し無造作にフリンジの房が崩れているほうが、また味わいがあっていいと思いませんか。

エリティスのカタログ写真では、さきほどの「Stucco」と合わせたクッションなどが紹介されています。
スタイリングもとても綺麗なので、よかったらエリティスのHPもチェックしてみて下さいね。

カテゴリー: エリティス, ショールーム情報, トリム, ディスプレイ |

生活の中のアートな装飾

お待たせいたしました。
前回のブログでご紹介しましたセミナーのご案内です。

6月27日(火)、名古屋ショールームでは『生活の中のアートな装飾』をテーマに、テーブルコーディネーター&ギャラリストとしてご活躍されている都木早苗(タカギサナエ)さんにお話しいただきます。

これまで都木さんご自身が綴られてきた過去のブログからも、様々なものへの確かな審美眼と洗練された感性が感じられるのですが、そうして都木さんのもとに集まったものから作り出される世界観がまた私たちの心を惹きつけます。
冒頭の写真の額装には、PURE MORRIS(ピュア モリス)の「Pure Strawberry thief 」の生地が使われています。
今回のセミナーではどんな世界観をご紹介いただけるのでしょうか。是非当日のお楽しみに。
皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時 : 6月27日(火) 13 : 30 ~ 15 : 00
会場 : マナトレーディング名古屋ショールーム
参加費 : ¥3,000(ラ・メゾン・デ・レギューム特製小菓子付)
※セミナー当日受付にてお支払ください(カード不可、現金のみ)

お申込み方法 : お名前、ご住所、電話番号をご記入の上、
メール(info.nagoya@manas.co.jp)又はFAX(052-238-6880)にてお申込みください。

お申込み締切 : 6月16日(金)まで
※キャンセルの場合は6/20(火)までにご連絡ください。

【プロフィール】
アトリエ・イリヤ・スロー代表 都木(たかぎ)早苗
「コーディネーションアカデミージャパン」ホテルニューオータニ東京校で
空間・環境デザイナー、秋篠野安生に師事。アシスタントを経て、2003年にテーブルコーディネーターとして名古屋で活動を始める。
2013年ギャラリー「ラ・メゾン・デ・レギューム」をオープンさせ、
ギャラリストとして活動。2015年より「日本文化と室礼」のセミナー開講。
ラ・メゾン・デ・レギュームHP : http://www.lamaisondeslegumes.com/
※現在は上記のHPをメインに発信されております。

カテゴリー: 生地, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー |

6月のお楽しみ

とても気持ちの良い季節になりましたね。
ショールーム近くにあるセントラルパークの樹々も青々と茂っています。

名古屋ショールームでは、6月の梅雨の季節のお楽しみとしてセミナーを計画しております。

セミナーでお話しして頂くのは、名古屋市内に在住のテーブルコーディネーター&ギャラリストの都木早苗(タカギ サナエ)さん。

都木さんとは2015年に都木さんが営むカフェ&ギャラリーで“ART DE VIVRE 「絵画のような布」展”をコラボ企画として開催したご縁がございます。

当時、開催に向けてMANASの生地を選ぶところから始まり、テーブルクロスやティーコゼーなど様々なものを製作しディスプレイして下さいました。都木さんの洗練された感性が随所にみられる素敵な展示になりました。
この企画展を通して、私達スタッフも生地の可能性の広がりにとても多くのことを学ぶきっかけを頂きました。
当時の企画展の様子はこちらのブログでご紹介しておりますので、是非ご覧くださいませ。

そして、2017年の6月、私達も待望していた都木さんによるセミナーがショールームで実現する運びとなりました。
セミナーのテーマは『生活の中のアートな装飾』。また詳しい内容は後日のブログでご案内したいと思います。

こうしている今も都木さんの方では、既にいろいろとアレンジをして下さっています。
もしよろしければ、都木さんのHPも併せてご覧くださいませ。
ラ・メゾン・デ・レギューム

カテゴリー: サンダーソン, 生地, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー, ディスプレイ |