カテゴリー別アーカイブ: モリス

ピンパネル

明日からゴールデンウィークが始まります。

マナトレーディング名古屋ショールームも下記の期間を休館日とさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願いいたします。
2017年4月29、30日
2017年5月3日~7日
(5月1日(月)と2日(火)のみ営業日となります)

GWはお仕事の方も、お休みの方も過ごし方は様々だと思いますが、この春名古屋には新しい商業施設もオープンして例年以上に街が賑やかになりそうな予感です。

そんな中、新店舗のあるお店で偶然モリスの壁紙に出逢いました。
とても素敵な空間のそのお店には、センスの良い色合わせで壁紙も背景として心地良く溶け込んでいました。
数ある中からその壁紙を選んでもらえたこと、そして素敵にアレンジしてもらえたことに感謝と嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
せっかくの機会なので今回はその壁紙にスポットを当ててご紹介したいと思います。


Pimpernel(ピンパネル) 210387  (デザイン:1876年 ウイリアム・モリス)
この写真はARCHIVE WALLPAPER コレクションより。


「ピンパネル」は、鏡面対照に描かれ渦巻く花のパターンで、自然のエッセンスを文様としてデザインに昇華させたところにモリスならではの良さがあり代表的な作品になります。
一見、大きなチューリップの花に目が留まりますが、英国の野原に咲いている可憐な小さな花、ピンパネル(ハコベ)をちりばめ、それを名前(主役)にしたモリスの感性はとても素敵で心温まります。
そして後年過ごしたロンドン、ハマースミスにあるケルムスコットハウスのダイニングルームにも使われていたことから、モリスのお気に入りだったのではないかと推測されているそうです。

「ピンパネル」は2010年の発売当初からとても人気のある壁紙です。以前見たある雑誌で紹介されていたパリのお洒落なカフェの壁面にも偶然貼られていました。
今風のお洒落でモダンな空間にも相性が良いのはこのデザイン、というよりもモリスの特徴なのかもしれないとあらためて実感しています。

もしこの壁紙を見つけられた時には、1876年にデザインされたものなのね!と是非一度足を止めて眺めて頂けたらと願います。表面のインクの質感にも是非ご注目下さいね。

名古屋だけでなく皆さまが住む街のどこかにも、意外と沢山のモリスと出逢うことができると思います。

ショールームにある見本帳もご覧いただきたいものですが、こういった街や空間、身近な場所に溶け込んだ壁紙やカーテンにも触れていただけることが実はとても嬉しいことなのです。


壁紙:Willow Boughs(ウイローボウ) 210490
こちらもどこかでご覧になられたことありませんか?

カテゴリー: インフォメーション, コレクション, ショールーム情報, モリス |

モリスのグッズ

12月に入って名古屋ショールームでは大きなリースで皆様をお出迎えしております。
2016%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

そしてウイリアム・モリスのグッズ(小物)を今だけ特別に店頭販売開始いたしました。

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%92
これはモリスの「ブックカバー」。以前大阪ブログでも紹介されていたものです。
ちょうど文庫本サイズなので、大切にしている愛読書に使用されてみてはいかがでしょうか。
人気のイチゴドロボウから新作のPURE MORRISコレクションの柄までいくつかお取り揃えしていますので、ショールームで是非チェックしてみて下さいね。

そしておすすめは「CASA シート」(サイズ:23cm×19.6cm)、定価220円(税別)。
casa%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88
名前を聞くと???かもしれませんが、CASAシートはインテリア用の接着シートです。モリスの人気柄がシート状になっていて裏面がシールになっているものです。
小さな箱やノートの表紙にカバーリングとして貼ったてみたり、好きなサイズにカットしてタイル壁の一部にアクセントとして貼ってお手軽DIYとして使われてみても良いですよね。

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%97
こちらはモリスのマスキングテープ。
太めのテープ幅の中に定番のあの柄が可愛いく詰め込まれています。
使うのがもったいなくなるくらい、惹かれる一品です。

MORRIS&Co.のクッション
英国から届いたオリジナルクッションです。
%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab
ショールームでは棚の中にぎっしりディスプレイしていますが、こちらは販売中でございます。
ウサギの柄などは、オリジナルのデザインからクッション用に特別にアレンジされているものです。
%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%92

その他に、ディフューザや罫線ノート、ペンホルダー(ペン立て)など、とても可愛いらしいアイテムが揃いました。
今の季節ならモリスの好きなご友人へのクリスマスのプレゼントに、そしてもちろんご自身のためにいかがでしょう。

%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc2016

グッズだけがみたい!欲しい!という方もどうぞお気軽にショールームへお立ち寄りくださいませ。

ただ今ショールームでは、インテリア雑誌「ELLE DECOR」でご紹介いただいた「PURE MORRIS」の特集ページをまとめたオリジナル冊子を配布しています。

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, モリス |

モリスを深める秋

「PURE MORRIS」(ピュア モリス)が発売されて、一ヶ月が過ぎました。
pure-wp-lodden-main-portrait-v1

モリスがお好きな方には勿論のこと、これまでモリスにご関心がなかった方も「えっ、これがあのモリスなの!?」と見本帳を広げてご覧いただいております。

名古屋ではテーブルクロスやティーマットにしても素敵ねというお声も。
小さなサンプルからどんなかたちでその生地を使おうかイメージを膨らませてもらえていることが何より嬉しい感想です。ありがとうございます。

「PURE MORRIS」についてのご紹介は、HPの特設ページ東京ショールームブログもご覧くださいませ。

pure-morris
見本帳がこれまでのモリスグリーンからナチュラルな色に変わり、一瞬モリスとは気がつかない方も多いのではないかと思います。
そう、今回はこれまでのモリスになかったモノトーンの世界でまとめられたコレクションなのです。

皆様にもお馴染みの「イチゴドロボウ」もこんな風にナチュラルな色合いになると、「洗練」という新たな魅力が生まれました。
pure-fb-strawberry-thief-detail-v2

そんな新しいモリスの新作をご紹介する機会として、「ウイリアム・モリスの今と出会う」をテーマにしたセミナーを名古屋でも開催することになりました。なぜモノトーンの世界がうまれたのか?その謎も解き明かされることでしょう。
もちろん新作の生地や壁紙などもご覧いただけます。

芸術の秋のひとときを、新しいモリスの世界に出逢ってみませんか。

ウイリアム・モリス没後120周年
「PURE MORRIS」発売記念セミナー
『~ウイリアム・モリスの今と出会う~』

セミナー開催日時 : 11月2日(Wed) 第1回 11時~12時、第2回 15時~16時
会場 : マナトレーディング 名古屋ショールーム
定員 : 各回 50名
申込〆切 : 10月26日(Wed)迄

お申込み方法は、お名前、貴社名(一般の方は個人とご記載下さい)、ご住所、電話番号をご記載の上、メール(info.nagoya@manas.co.jp)またはFAX(052-238-6880)にてお申込み下さいませ。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

カテゴリー: イベント, インフォメーション, コレクション, ショールーム情報, セミナー, モリス |

チェア(After編)

今回のブログはモリスコーナーの写真からスタートします!
新モリスコーナー

6月は衣替えの季節。
名古屋ショールームでは、HPの中でもご案内していましたイベント「椅子の張替え実演」を今月4日に開催し、ご参加頂いた皆さまの前で3脚の椅子たちが職人さんの手によって衣替えをしました。
前回のビフォーに続き、完成したチェアのアフターをメインにご紹介していきたいと思います。

まず最初にダイニングチェアから。
①アフター
よくご家庭でもご使用になられている一般的なタイプではないでしょうか。
こちらには、OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)の新作「Basie」(F6870-05)を。
①ブック
もともとはベージュ色でよくあるビニールレザーの張地だったのですが、生地に張り替えてみると印象は北欧モダンに。

そして次に登場したのはアンティークのスツールです。
こちらは職人さんの手持ちのもので、座面のウレタンやカバーも事前に準備くださっていましたので、イベントではカバーを被せていく工程から実演していきました。
②ヌード
この写真はカバーを被せる前の下地のウレタンが施された状態です。
座面が白くみえていますが、ここには座り心地に配慮して3種類ほどの硬さのウレタンや綿が施され、見えないところにも職人さんの真心ときめ細やかな技が宿っていることを再認識。
張地はLORCA(ロルカ)の新作「Calina」(MLF2271-20)。
②ブック
②ブック中
生地だけで見ているとこころなしか地味のような気がしますが、実際に張っていき仕上げに鋲(びょう)が施されると印象はガラリと変わりました。
②鋲打ち
鋲
このスツールにこの生地を選んで大正解です。
イベントではご参加頂いた皆さまがお一人ずつ手に取り触れながら完成品をご覧になられていました。
せっかくなので、こちらのスツールは期間限定で特別にお借りして暫くの間ショールームで展示させて頂くことに致しました。
是非この機会にショールームで完成した実際のスツールをお手に取りご覧下さいませ。

最後は前回のBefore編でご紹介したアンティークのチェア。
③ビフォー

座面にはベルベットの幾何学模様の生地「Astora」(F6836-03)を張りました。
③ブック

今回のチェアはなんと座面が木枠にはめ込んであるだけのタイプだったそうなので、私達が想像していたよりも短い時間で張り替わりました。写真で簡単に工程をご紹介します。

①丁寧に生地を取り外します。
取り外し
②生地で覆い張り込んでいきます。(ウレタンの状態が良かったためそのまま使用)
生地巻き
③椅子の台座にはめ込みます。
③椅子本体

③アフター
いざ完成です。

週が明けた今日、このチェアはさらに衣替えをして冒頭の写真のようになりディスプレイとしてデビューいたしました。お気づきになられましたか?
モリスコーナーはただチェアが変わっただけなのですが、前回のブログでご紹介した時とはまた違う雰囲気に生まれ変わりました。

そして現在、打合せで使用していたチェアの内、4脚が衣替え中です。
さて、どんな風に変身してくるのかはショールームに来場された時のお楽しみに。
またブログでもご紹介していきたいと思います。

カテゴリー: イベント, インフォメーション, コレクション, ショールーム情報, モリス |

モリス再び@京都

ここ最近名古屋の街の至るところで、4月29日から始まる美術展などのイベントポスターが大きく貼られています。今年のGWも各所でいろいろと催しが開催されるようです。

そして京都でも。
先日のブログでもご紹介した「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン」の企画展が明日29日より京都市文化博物館において開催されるとのこと。
今年の冬、東京の汐留ミュージアムで開催されていた企画展ですが、植物がお好きな方、アートがお好きな方だけでなく、モリスのファンの方にも嬉しい展示がございました。
前回お見逃しになられた方、そして京都へ出掛けられる機会のある方、よかったら是非チェック下さいませ。

京都市文化博物館
2016年 4月29日(金・祝)~6月26日(日)
※詳しくはHPにてご確認下さいませ。

こちら名古屋からも新幹線で40分の場所、京都。
150年前のモリスにも逢える京都へタイムスリップの旅はいかがでしょうか。
フルーツ
この写真は「MORRIS ARCHIVE WEAVES」の見本帳に掲載されているものです。この写真の「FRUIT」は1864年の作品の画像写真ですが、会場ではその頃の作品の実物がご覧になれると思います。

最後にこのGW期間中の名古屋ショールーム休館日のお知らせです。

4月29日(金)
5月1日(日)、3日(火)~5日(木)
(※4月30日(土)は営業日ですが、18:00までとなります。)

どうぞ宜しくお願いいたします。

カテゴリー: イベント, インフォメーション, ショールーム情報, ボタニカルアート, モリス |

1866年のモリスに逢いに

【2016年3月22日追記】
今回ご紹介している東京の汐留ミュージアムでの開催は終了いたしましたが、
4月29日(金)~6月26日(日)まで、今度は京都にある京都文化博物館にて「世界遺産 キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 」が開催されます。

今回お見逃しになられた方は、もしよろしければ是非こちらをチェックしてみて下さい。

*     *     *

東京にある汐留ミュージアムでは、もう残りわずかとなりますが21日(月)まで世界遺産キュー王立植物園所蔵『イングリッシュ・ガーデン』が開催されています。
チケット

今、この会場の第3章「花に魅せられたデザイナーたち」では、1875年頃に制作されたウイリアム・モリスの『チューリップ』などいくつかのモリス作品に出逢えるのです。
『チューリップ』といえば、12月に開催したフラワーアレンジメントのワークショップで花器に使用した生地と同じデザイン。
写真は名古屋ショールームに展示している『Tulip』(チューリップ)のカーテンです。
Tulip

そして壁紙でもおなじみのFruit』(フルーツ)は『果物』(またはザクロ)というタイトルで木版刷りの紙クロスも展示されています。
FRUIT
写真の壁紙は2011年に「THE ARCHIVE COLLECTIONS」で発表されたもの。
会場で展示されている「果物」の制作年はなんと1866年。ちょうど150年前のものになるのですが、今と当時の違いがほとんど判らないほどデザインは同じように見えます。それもそのはず、現在のデザイン『フルーツ』は残されている当時の資料(アーカイブ)などを元に作られているため、長い年月を経てもぶれることなくデザインは継承されているからなのです。
大きな違いといえば、木版刷りであるため質感がより深みのあることと、色味が現在にない色合いというところでしょうか。

19世紀のモリスに出逢えるこの機会、よかったら足をお運び下さいませ。

また会場では、世界遺産キュー王立植物園の所蔵というだけあって、17世紀頃からのボタニカルアートなど植物画も展示されています。とても繊細に描かれた植物画を見ているうちに、ショールームにある生地や壁紙が頭に浮かんできましたので、最後にご紹介したいと思います。
きっとこれらのデザインも、こういった絵画からインスピレーションをもらったのかもしれませんね。

Sanderson(一部 MANAS-TEX扱い)「エッチング&ローズ」
エッチングローズ
GASTON Y DANIELA 「Gayana」
GAYANA
GASTON Y DANIELA 「Linneo 92 Original」
LINNEO 92 ORIGINAL
GASTON Y DANIELA(ガストン・ダニエラ)は通常のMANAS扱いブランドではありませんが、名古屋ショールームが特別に一部セレクトしているサンプルとなっております。

*パナソニック汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1丁目5−1
パナソニック東京汐留ビル4F

世界遺産キュー王立植物園所蔵『イングリッシュ・ガーデン』
開催期間 ~2016年3月21日(月)まで

Timeディスプレイ
名古屋ショールームのTimeコレクションのディスプレイの壁紙に。
ドレープ:シアター3 シアー:フェリー62 タッセル:SAHCO 手前のランプシェード:PORTA ROMANA

 

カテゴリー: イベント, インフォメーション, ボタニカルアート, モリス |

1月

あけましておめでとうございます。
2016年、本日よりスタートいたしました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

名古屋ショールームでは今月27日、28日に恒例のセールを開催いたします。
また準備が進んできましたら、ご案内したいと思います。

そして、1月は東京ドームに於きまして「東京国際キルトフェスティバル」が開催。
今回は特別企画として皆さまにもお馴染みのウイリアム・モリスが特集されます。
モリスの生地をベースにキルティングを施した作品なども展示されるなど、モリスファンの方にとってもとても興味深いイベントです。
会期中の121(木)16001630/122(金)16001630には、Sanderson社元CEO/マイケル・パリー氏が来日し、会場で出展品などをご紹介いたします。
現在、名古屋ショールームでも割引チケットをご希望のお客様にお渡ししております。(枚数に限りがありますので無くなり次第終了となります。何卒ご了承ください。)
詳しい情報はこちらのNEWSでご確認下さいませ。

2016年も早々よりイベントも始動しています。
こういったイベント情報なども、MANASのHPやブログ、facebookからも発信してまいります。
是非チェックして下さいね。

ARUN 全体
干支にちなんだおまけです!
この壁紙の中にサルがいるのですが、わかりますか?
写真はクリックすると拡大します。もし良かったら探してみて下さいね!!

*写真 JIM THOMPSON 「Arun

カテゴリー: イベント, インフォメーション, ショールーム情報, モリス |

木の実とモリス

2015年も残すところあとわずかになりました。

12月は大掃除をしながら模様替えをしたり、クリスマスの準備や新年の飾りつけなど、お家のインテリアにも変化が多い一ヶ月ではないでしょうか。

名古屋ショールームも、今日から新しいディスプレイアイテムをモリスコーナーで飾って参ります。

トロッケンクランツ

こちら、木の実で作られたリースです。

先月発売されましたお花の雑誌、『BEST FLOWER ARRANGEMENT No.56』(フォーシーズンズプレス出版)で掲載されました猪飼麻美子さんが代表をつとめる「トロッケンクランツ」の作品を、この度ショールームに於きまして期間限定で展示販売することになりました。
雑誌の中では、MORRIS(モリス)の生地との絶妙なコラボレーションを実現して下さいました。

今回作品を提供して頂く「トロッケンクランツ」とは、木の実とワイヤーで作るリースがメインのクラフトになります。
出版されているご本にも様々な木の実たちが、色、形をそのまま生かしたリースとなってご紹介されています。
トロッケンクランツ 本

そういえば、モリスのデザインの中にも「ACORN」(エーコン)という名前の壁紙にはドングリが描かれていたりと、モリスと木の実はとても縁のある取り合わせなのかもしれません。
AcornAcorn(WM7422/1)

この機会にモリスをいつもと違った角度から眺めてみませんか。

12月9日~25日までは名古屋ショールームに飾る作品は全て現品販売いたします。
クリスマスの飾りのアイテムに加えて頂いたり、2016年を迎える新しいインテリアにいかがでしょう。
自然の温もりが心をほっこりさせてくれます。

モリスコーナー

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, モリス |

麻のセミナー いよいよ明日です!!

大塚あや子先生による、「麻のある暮らし」セミナーがいよいよ明日となりました。
梅雨のこの時期ですが、明日はお天気も持ちそうですので
ご参加の皆さまは 是非すがすがしい 気持ちでご来場頂ければと思います!

大塚先生から、麻に関する小物なども届いております。
私たちも明日のお話しを伺えるのを大変楽しみにしております。
開催は13:30~となりますので、どうぞよろしくお願い致します。

遅くなってしまいましたが、明日お渡しするノベルティのリネン小物を紹介させて頂きます。
こちらが完成品です。

明日のセミナーで、先生から中のステッチの方法などを簡単にレクチャーして頂きます。
そして、お渡しする原型はこちらです。
片面はMORRISの生地から2柄(どちらのデザインかはお選び頂けませんのでご了承くださいませ)
もう片面はマナテックスの中から無地の麻100%のリノーヴァ7 を合わせております。

・左側 品名:ブレアラビット202
・右側 品名:Rosehip  224490

※明日はセミナー開催により、終日ショールーム はお休みとさせていただきます。
大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

カテゴリー: セミナー, モリス, 刺しゅう, 未分類 |

ライブラリー

ショールームの一角にこんなスペースがあります。
リニューアルした際に新たに設けられた書斎コーナーです。 どんな本が並んでいるのか、名古屋ショールームにお越し頂いたことのある方、ご覧になられたことありますか?
意外とディスプレイとして溶け込んでいるためか、気づかれない方のほうが多いかもしれません。 そこで今日は書棚の一部をご紹介したいと思います。


この春2年ぶりに新作が発表されたWilliam Morris(ウイリアム・モリス)の関連書籍。
この中には、MANASのスタッフがイギリスに出張した折に現地で購入してきたものだったり、1997年に日本で開催した「ウイリアム・モリス」の展覧会のカタログ本などもございます。
そして今年3月に東京で行われたモリスセミナー 「A SUMMER RETREAT」でお招きした、マイケル・パリー氏(モリスのデザインを今に引継ぐ英国王室御用達ブランド、サンダーソン社の前最高責任者)著書の本も。


こちらは、Nina Champbell(ニナ・キャンベル)のインテリア本。
ショールームのサンプルだけでは想像できないニナ・キャンベルが創り出すインテリアの世界が、写真を通して実感していただける2冊です。


タイのJim Thompson(ジム・トンプソン)
今年は新たなデザイナー、Ou Baholyodhin(ウー・バホリオディン)氏が手掛けた新作コレクションが発表されたばかり。(大阪スタッフブログで関連記事が掲載されています)
色鮮やかなタイシルクが現在に受け継がれていくなかで、ジム・トンプソンの世界や精神は生き続けているのだなと、これらの本からも伝わってきます。

そして、こんな洋書たちも。

クラシカルなカーテンのデザインの参考にもなります。 左上の本には、今年とても流行している縁にボーダーが 入ったカーテンが写っています。(ベースはホワイトですが、センターの合わせの部分や裾にブラックの生地で切り替えしているカーテンの写真のことです)

その他にも、これまでMANASに関連した雑誌や書籍も並んでいます。
いかがですか、名古屋ショールームライブラリー。
すべてはご紹介しきれませんでしたが、なかなか書店に置かれていない貴重な本など読みどころ満載です。

最後にこちらの本。

以前、名古屋ショールームで行った刺繍のワークショップで講師を務めて頂いた大塚あや子先生のご本です。 再びご縁ありまして、6月23日(火)に「麻のある暮らし」をテーマに名古屋ショールームでお話しいただくことになりました。
刺繍だけでなく、麻にも精通されている先生のお話は、私達スタッフも今から心待ちに愉しみにしております。
またイベントの詳細は、来月こちらのブログからもお知らせいたしますね。どうぞお楽しみに ♪

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, モリス, ワークショップ, 刺しゅう |