カテゴリー別アーカイブ: バラ

百花繚乱

春がやってきました! 桜もあちらこちらで満開となり、色とりどりの花々と素敵なハーモニーを奏でていますね ♪ そしてMANASのショールームにも沢山のお花達が仲間入りしました。 そこで今回は「花」をテーマにご紹介していきたいと思います。

Cottage Garden(コテージガーデン)
花、花、花! お花に埋め尽くされたイングリッシュガーデンを連想させるデザインです。 オリジナルは1938年にデザインされたもの。当時の質感やプリントのはみ出したところまでオリジナルを忠実に再現しています。

Salad Days(サラダデイズ)
サラダデイズとは、若かりし頃の青春の日々を意味しているそうです。 あでやかに咲き誇る花々から、若さあふれるエネルギーが伝わってくるような気がします。 こんなカーテンがかかっていたら、一年中お部屋の中は春のままですね。

Cecile Rose(セシルローズ)
20世紀初期のサンダーソンアーカイブの壁紙から取り入れられました。 贅沢なバラのブーケが大胆なストライプの上にデザインされています。 淡いダックエッグブルーのエレガントな配色もあり、ウエディングの支度部屋などにも相応しいお薦めアイテムの一つになりそうです。 こんな空間にいたら毎日がスペシャルになりそうな予感が…

Chelsea(チェルシー)
ケニス・トリューマンの典型的なサンダーソンのフローラルデザインとして、1957年から受け継がれているチェルシー。 バラの代表的なデザインといっても過言ではないかもしれません。
イギリスの伝統的なクラシックな花柄で、華やぎもあるチェルシーは6色展開でご用意していま す。

Hollyhocks(ホリーホック)
一番最初の写真のカーテンに使用されている生地です。 1937年のアーカイブをもとにデザインされました。ホリーホックは日本名でタチアオイ。とても綺麗な配色で構成されていますが、これは当時の流行りのカラーリング方法なんだそうです。 美しいと感じる感覚は今も昔も変わらないものなのかもしれませんね。

以上ご紹介したこれらの花々は、英国Sanderson(サンダーソン)から発表された2015年春夏コレクション『VINTAGE 2』に収録されているものです。
VINTAGE』(ヴィンテージ)といえば、2010年サンダーソン創立150周年を記念して過去の各時代に発表されたオリジナルのデザインを、現在の新たな息吹をもって作られたコレクションで、今回はその第2弾。
20世紀初期から中期のアーカイブのデザインを参考に、当時の風合いを大切にしながらも今というエッセンスを加えて再現されています。 今回はご紹介できませんでしたが、お花だけでなくまたさらに心躍るデザインが収録されています。

「Something old」だけど「Something new」。
この絶妙なバランスがヴィンテージの魅力なのだと思います。 あなたのお部屋にも、新らたにお花アイテムを取り入れてみてはいかがですか。

MANASショールームではファブリックと壁紙のコレクションブックがご覧いただけます。
※モリスからもこの春『Archive Ⅲ』が遂に発表されました。 詳しい内容は大阪スタッフブログで紹介されています。

カテゴリー: サンダーソン, 生地, 壁紙, カーテン・シェード, クッション, , チューリップ, ショールーム情報, バラ, コレクション |

バラ (Vol.2)

6月に入りまた一段と日の落ちる時間が長く感じられるようになりました。
そして、バラの花と香りもまだしばらくは愉しめそうですね。

前回のブログに続いて今回もバラを特集していきたいと思います。
今日ご紹介していくのは、海外ブランドのコレクションから。

Willoughby

ハンギングバスケットに寄植えされた可愛いらしいお花たち。
吊り下げられている木もなかなか良い枝ぶりだと思いませんか?

どちらかといえば可愛いデザインだと思うのですが、
麻素材も入りヴィンテージ風に仕上げられているため、甘くなりすぎない雰囲気のある生地です。

*ブランド  Sanderson
*コレクション  PEMBERLEY
    

Alsace

忘れな草の蔓に囲まれて、ふんわりと束ねられたバラとチューリップのブーケ。
とても柔らかなタッチで描かれています。

*ブランド  Sanderson
*コレクション  PEMBERLEY
    

Perroquet

イギリスの女性デザイナー、Nina Campbell(ニナ・キャンベル)のデザイン。
2007年に発表されたコレクションですが、今も人気の高いアイテムでファブリック・クロス共に揃っています。
この「Perroquet」は、オウムのフランス語。
デザインは彼女のお気に入りのパリのお花屋さんからのインスピレーションなのだそうです。
気になって調べてみましたら、洗練されたバラのブーケがとても印象的なブティックでした。
*ブランド  Nina Campbell
*コレクション  PERROQUET

今回はバラの中でも優しい印象のものをピックアップしてみました。

カテゴリー: , バラ, コレクション, いろいろ検索 |

バラ(Vol.1)

久屋大通の木々の若葉が風にそよぐとてもさわやかな季節になりました。

今、ニュースや新聞では、各地にある庭園のバラの開花が見ごろだと連日紹介されていますね。
色とりどりに咲き誇るバラがみられるこの時期を楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか。

世界中で愛されているお花の一つである「バラ」は、
もちろんファブリックやクロスでもとても人気の高いデザインの一つでもあります。
そこで今回は数ある中からMANAS-TEXに展開する「バラ」を特集したいと思います。

ソリラ

英国ブランドSandersonのアイテムですが、
定番アイテムとしてMANAS-TEX(国内在庫)に展開しているソリラ。
ライラックと一緒に描かれとても優雅でかわいらしいデザインです。
コットン100%の素材なので、カルトナージュで使う生地としてもおすすめです。
配色や素材が変わるとまた違った雰囲気になります。

エッチングローズ

こちらもソリラ同様、Sandersonのアイテムです。(一部MANAS-TEXに展開)
名前の通り、エッチング技法で描かれたデザインは細かなところまで綺麗に表現されています。
クロスや色違いのファブリックはSandersonの「PARCHMENT FLOWERS」に収録されています。

ショールームにはエッチングローズの限定バッグもございます。

         

エグランティン

またタイプの違った表現のバラ柄です。
1950年代にデザインされた柄が現代版となって2010年の「VINTAGE CLLECTION」で再び発表されました。

イングリッシュローズ

シンプルですがやさしいバラのプリントです。

ロザリュームシアー

ドレープタイプのロザリュームと共にとても人気の高いオリジナルアイテムです。
バラをモチーフにした刺繍柄です。

今日ご紹介してきたアイテムの詳細はこちらからご確認いただけます。(ロザリュームシアーはこちらへ)

次回の「バラ」では海外のブランドからバラのアイテムをご紹介していく予定です。

カテゴリー: , バラ, コレクション, いろいろ検索 |