カテゴリー別アーカイブ: トリム

ハンドペイント

こんなところにまで!

MANASでハンドプリントといえば、壁紙がまず頭に浮かぶのでしょうか?

今回ご紹介するハンドペイントされたのは、トリムなんです!
これは麻100%の素材でつくられた、フリンジやボーダー、コード。
総称してトリミングやトリムと呼ばれているものです。

これは2017年春、フランスのELITIS(エリティス)の新作。
麻素材100%の洗いざらしの生地「Stucco」と一緒に収録されています。
またこれがなんとも云えないニュアンスカラーの生地なのですが、それをさらにお洒落に仕上げるエッセンスとなるのがこのトリム達なのです。


5月、このトリムを使って名古屋ショールームはディスプレイしてみました。

フリンジを縦に3本並べてみました、いかがでしょう?

ボリューム感とハンドプリントされた表面の模様、
少し無造作にフリンジの房が崩れているほうが、また味わいがあっていいと思いませんか。

エリティスのカタログ写真では、さきほどの「Stucco」と合わせたクッションなどが紹介されています。
スタイリングもとても綺麗なので、よかったらエリティスのHPもチェックしてみて下さいね。

カテゴリー: エリティス, ショールーム情報, トリム, ディスプレイ |

トリム使い

すっかり秋も深まってまいりましたね。
ショールームの方もようやく秋冬コレクションがほぼ出揃い、ディスプレイも変化しました。

そこで、今回はショールームのディスプレイにもよく登場するトリムにスポットを当ててご紹介したいと思います。
%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a0

まずは、今週新しくなったJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)のディスプレイから。
2016aw-%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%be%91%ef%bd%a5%ef%be%84%ef%be%9d%ef%be%8c%ef%be%9f%ef%bd%bf%ef%be%9d
2016年10月に発売された新作『NEW YORK STORIES』。
ジム・トンプソンが建築家としてNYで活躍していた時代と同じ頃の1920~30年代に流行していたアールデコ様式。そんな時代からインスピレーションを受けたデザインが揃うコレクションをメインにカーテンやクッションを製作しました。

クライスラービルからインスピレーションを得た「Chrysler」に施されたボーダーは、2016春に発売された『PRECIOUS METALS』にある「T003-03」。
t003-03
端から50㎜内側にI型で取り付けたメタル色のボーダーが、カーテン自体の存在感を一層惹き立てます。

その手前にあるクッション達にも周囲にフリンジを施しました。
t009-03
まずは後のオレンジ色のクッションの生地「Waldorf」は、1930年代当時人気の高かったウォルド-フホテルの尖塔状の屋根からインスピレーションを受けたそうです。
ループ状のフリンジは『NAGA』より「T010-07」。
t010-07

前にある横長のクッションには同コレクションより「T009-03」のボーダーを。
実は春からディスプレイしているこちらのクッションにも同じボーダーが使用されていますが、スクエア型にデザインを替えるとこんな風に雰囲気が変わります。
t009-03-another

ちなみに、カーテンにはNo.9 THOMPSONの『BANDS OF COLOR Ⅱ』の「TR1012-03」と「TR1013-03」のガラスビーズのフリンジとテープが並行して取り付けられています。
tr1013-03

最後に、モダンでお洒落なトリムを。
%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%ba
クッションのベースはMANAS-TEX VOL.16で登場した「ウィズ」、起毛したコットン100%のカラフルな色展開の無地です。
そこにフランスのHOULES(ウレス)『FAÇON CUIR』のこちらもカラフルなステッチの入ったパイピングコード「31106」からセレクト。
houles
31106
コントラストをつけたそれぞれのセレクトで、POPでモダンなクッションに仕上がりました。

今回ご紹介したトリムはほんの一部で、ショールームではいろいろと豊富にお取り揃えしております。今年は「MANAS-TEX」からも新たなトリムが登場いたしました。

まずは小さなクッションからトリムを取り入れられてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したトリムは各ブランドの本国サイトでご覧になることができます。
(クリックするとMANASのHPを離れます)

*JIM THOMPSON
*HOULES

カテゴリー: クッション, ジム・トンプソン, インフォメーション, コレクション, VOL.16, トリム |

Timeディスプレイ

名古屋ショールームに新らたにTimeのディスプレイ展示が始まりました。
Time全体

先日の東京ショールームブログで紹介されました『Timeコレクション』。
これから東京、大阪、名古屋の各ショールームでテーマ別にコーディネーションしたカーテンディスプレイを展示してまいります。

そして名古屋ショールームの展示がこちらです。
Time1
名古屋のテーマは「マニッシュ」。
マニッシュとは女性的な部分を感じさせながらも「男性のような」装いに対して一般的には形容されています。
そこでTimeから「ラロ」と「シーニック」をピックアップしてコーディネートしました。
どんな組み合わせで作られているのか、今日は特別にご紹介したいと思います。

まずはメインドレープ「ラロ 1」。
NYのお洒落なカフェをイメージして名付けられた花柄のファブリック。あえてモノクロやセピアのような色の落ち着いた「1番」色で。見えない裏地にもこだわっています。

トリムはフランスHOULES(ウレス)のタッセルフリンジ「TWIGGY 33424-9780」
カーテンの合わせとなる部分にI型(縦型)につけました。ピスタチオのようなグリーン色とボリュームがアクセントになっています。

サブドレープはVISより「ハレー 9」。
メインドレープの「ラロ」の後ろに掛け、光沢のあるブラウン色が甘さを抑えメインを引き立たせマニッシュへ引き込んでいます。こちらにはブレード「TWIGGY 32622-9780」をつけました。

レースは「シーニック 13
ブラウンとバランスの良いベージュ系の色目をセレクト。
透けにくい生地感と縦ラインがアクセントとなっているデザインです。

手前のチェアには、2種類のクッションをセッティングしました。
Timeクッション
一つはカーテンとお揃いの「ハレー 9」+キータッセル「TWIGGY 35290-9780」 を4隅に。
もう一つはトリムの色に合わせた無地のファブリックとのアレンジです。
ファブリックはHARLEQUIN(ハーレクイン)「ROMANIE PLAINSⅡ 140962」とブレード「TWIGGY 32622-9780」。
正方形ではなく横長にしたフォルムがポイントとなるエッセンスになりました。

タッセルは大きなスワロフスキーがアクセントとなっているOSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)「POMPADOUR TIEBACK T590-07」

いかがでしょう。
こちらの展示は期間限定となりますので、是非この秋に実際に手に触れご覧くださいませ。
皆さまのご来場をお待ちしております。

こちらはもう一つのTimeディスプレイ(常設ディスプレイ)。P1020397_R

ちなみにショールームには以前こちらのディスプレイが展示されていました。
MANAS-TEXアンベリール
スワッグ&テールのクラシカルな上飾りやフリンジが好評のスタイルでした。
しばらくの間はTimeのコーディネート展示となりますため残念ながら現在はご覧いただくことができませんが、そのかわりにこちらのお写真でご覧いただけたら幸いです。

※東京ショールームも先週より展示が始まりました。
大阪ショールームもまもなくリニューアルオープンします。
また名古屋とは違ったTimeディスプレイをどうぞお愉しみ下さいませ。

HOULES TWIGGYのリンクはMANASのホームページを離れます。
http://www.houles.com/en/Trimmings/Collections/twiggy/Publiccatalogue.aspx

カテゴリー: カーテン・シェード, ハーレクイン, オズボーン&リトル, 小物, マナテックス, タイム, インフォメーション, ショールーム情報, トリム, ディスプレイ |

夏季休館日のお知らせ

ショールーム近くの久屋大通り、今日は休日のように車が込み合っています。
今週から夏休みに入られた方も多いのではないでしょうか。

それにしても今年の夏、どこに出掛けたら涼しく過ごせるのでしょう…?

さて、こちら名古屋ショールームは下記の日程で休館となります。

8月14日(水)~8月18日(日)

また19日(月)より平常通り営業いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

今週も暑い予想がでております。
どうか皆さまも暑さ対策を万全にお過ごし下さいませ。

カテゴリー: カーテン・シェード, インフォメーション, ショールーム情報, トリム |

2012 仕事納め

2012年も残すところあと僅かになりました。

今年中に仕上げておきたいこと、 来年に向けて準備しておくこと。
ショールームの仕事も例外なく師走な毎日でした。

ふと、ショールームを見渡してみると、
アクセサリーサンプルBOOKがこんなにも充実しました。


眺めているだけでも楽しくなるアクセサリー達。
皆さまにとっても選べる楽しみがまた一つ増えたと思います。

こちらは書籍コーナーです。

今年5月に発表したVISコレクションでお馴染みの『ten to sen』シリーズをデザインされたRieko Oka (岡 理恵子) さんの本も加わりました。表紙からも岡さんの優しい世界が伝わってきますよね。

そしてエントランス。
このブログの第一回目にアップした写真もこのエントランスでした。
その後、幾度かの変化の折りにご紹介してまいりましたが、
2012年12月はこのディスプレイで締め括ります。

ファブリック、ラグ、クッション共にオールSAHCO
クッションはこの秋冬の新作『HOME COLLECTION』の「BALOO」と「LEO」です。
今もっとも注目されているアイテム達です!

今の季節には恋しくなるような温かくなめらかな肌触りです。

最後に、
ブログを読んでくださった皆さま、そしてショールームに足をお運びくださった皆さまへ。
今年も一年ありがとうございました。良いお年をお迎え下さいませ。

年始は1月7日(月)からの営業始まりとなります。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, トリム |

続ボルスター

先日ご紹介しましたボルスターについて、引き続きご紹介したいと思います。

こちらはLORCAのベルベット生地でつくられたもの。

2009コレクションの時の写真です。
質感と色合いでやわらかな印象と季節感が伝わってきますよね。
このボルスターは色違いのパイピングとくるみボタンがアクセントになっています。
同じデザインの色違いで数を揃えたことで、リズムが生まれ存在感や雰囲気が一層高まりました。

また一方でこちらはMORRISの生地で製作しました。

エッジの部分にトリムをつけることで、プリント柄が引き締まりました。

このボルスターは、現在名古屋ショールームでディスプレイしているものです。

MORRISコーナーのカーテンや壁紙とコーディネートして作りました。
ちなみに、過去のMORRISコーナーはこちらのブログでご紹介しています。

クッション、クッションとひとくくりに考えてしまいがちですが、
インテリアショップさんや家具のカタログ写真でソファーの脇に置かれていたり。
また雑誌などで紹介されるホテルのスイートルームの紹介写真。
よく見るとベッドの枕元の手前にボルスターが・・・

心当たりございませんか?

気にしてみると、意外と身近なところで目にされていると思います。

カテゴリー: クッション, ロルカ, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, トリム, ディスプレイ |