カテゴリー別アーカイブ: ディスプレイ

Casa BRUTUSに!

本日11月10日発売『Casa BRUTUS』12月号(№213)にご注目を!

本を手にしたら、まずは表紙の見開きのページをチェックくださいね。

そしてテキスタイルの特集の中に『ドミニク・キーファー』のクリエイティブディレクター、PAORA NAVONE(パオラ・ナヴォーネ)が登場しています。


実は少し前に名古屋ショールームにあるこちらの「OUTCROSS」(アウトクロス)も、この雑誌の撮影のためにしばらくの間出張しておりました。(もちろん、東京、大阪ショールームも同様に)
そこで今回のブログでは、誌面に登場するファブリックの一部をここで少しだけ補足紹介したいと思います。
ぜひ雑誌のページと合わせてご覧くださいませ。

Outcross(アウトクロス) 17260

水彩画タッチのプリントで、タータンチェックを連想させる立体感のあるモチーフに仕上げられています。7色展開のどれもがなんともいえない絶妙な色合わせです。

Acquerello(アクエレッロ) 17251

100%リネン生地。インクジェットのプリント技術によって生まれた色の表情が風合いとなりデザインのエッセンスとなっています。ろうけつ染めをどこか思い起こさせるアジアな雰囲気があります。

Kusa(クサ) 17250

ソフトで滑らかな手触りのベルベット。商品名「クサ」は最近「GINZA SIX」でも脚光を浴びた、水玉模様を多く使用することでも知られているアーティスト、草間彌生さんからとられ、またデザインのインスピレーションも得ているそうです。

Netnet(ネットネット) 17252

もともとのデザインの柄が細かいため、雑誌の写真ではぼんやりと写っている生地です。
実はこんな刺繍柄のデザインだったのですが気が付かれましたか?
色違いには秋の季節にぴったりな柿色も。

このネットネットは、カーテンだけでなくこんな小物にしてみるともっと生地の魅力を引き出せるような気がします。

さて、雑誌に登場するこれらのユニークなファブリックのデザインしたパオラ・ナヴォーネってどんな人物なのでしょう?ちょっと気になりませんか??
彼女については以前に大阪ブログでもご紹介していましたが、12月の【The Story】であらためて詳しくご紹介していく予定です。どうぞお楽しみに。

ちなみに誌面に登場しているソファー、これも彼女が長年アートディレクターを務める「GERVASONI」(ジェルバゾーニ)のもので、大きなソファーはドミニク・キーファの生地でカバーリングされています。

もし雑誌でドミニク・キーファーのファブリックが気になりましたら、東京、大阪、名古屋ショールームでは実際に手にとってご覧いただけます。是非最寄りのショールームでお確かめくださいませ。

この雑誌の中には、モリスの生地など他にもいろいろと紹介されています。ぜひ隅々までチェックしてみてくださいね!

カテゴリー: 生地, 小物, ドミニク・キーファ, The Story, モリス, インフォメーション, ディスプレイ |

ハロウィーンにちなんで

ハッピーハロウィン!!

ここ最近、オレンジ色とブラック色のコンビを街中の至るところで目にしましたよね。

今日はハロウィンにちなんでオレンジ色を一つご紹介。

とても人気のある色合わせです。こんなオレンジ使いもいかがでしょうか?
オレンジ×チョコブラウン×ブルー。

Nina Campbell(ニナ・キャンベル)の2017秋冬コレクションより。
10月の東京ブログ「The Story」では、このニナ・キャンベルを特集しています。
是非あわせてお愉しみくださいませ。

そして今日はインスタグラム企画#MANASモリスのある風景の締切最終日。
23:59まで受付しています。皆様のご応募お待ちしております。

カテゴリー: 生地, ニナ・キャンベル, ディスプレイ |

新しい壁紙

壁紙コーナーの壁紙を貼り替えました!



MATTHEW WILLIAMSON(マシュー・ウィリアムソン)2017秋冬コレクション『BELVOIR』から5つのデザインをセレクト。

左から、
Ceramica W7140-02
Orangery W7141-01
Lyrebird W7143-05
Sirius W7144-08
Fanfare W7146-04

コレクションのタイトルにもなっている『BELVOIR』は、イギリス北部にある古くから受け継がれている貴族の邸宅、ベルヴォア城にちなんで名づけられました。この大邸宅がこのコレクションのインスピレーションとなっています。

真ん中に位置する「Lyrebird」は長い尻尾をもつ優雅なコトドリがあしらわれ、実際にマシュー自身のファッションコレクションのシルクプリントされたスカーフのデザインが基になっているそうです。

そして冒頭の見本帳の表紙にもなっている「Ceramica」は、ベルヴォア城を訪れた際、古くからこの家にある磁器製のお皿に感動したマシューが、ロンドンのアンティークマーケットで調達したお皿を一枚ずつ撮影し、そこに彼の代名詞ともいえるモチーフを描き加えたり、色を甦らせたりしてカスタマイズしたお皿たちがプリントされたものなのです。


いつもどこかで登場するヒョウやトラのモチーフも今回はこんなところにさりげなく(笑)!

お皿のない余白の部分には、あなたのお気に入りのお皿を飾ることが出来るように・・・と、そんな粋な計らいなのだそうです。

このコレクションは同じタイトルで生地もご用意しています。ぜひ壁紙と一緒に生地の見本帳もご覧くださいませ。『BELVOIR』の世界観がグッと広がります。

昨日までの壁紙コーナーは2017年春夏コレクションのOSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)、『ENCHANTED GARDENS』コレクションでした。

ちなみに一番左の壁紙は普段はずっとオズボーンの壁紙の後ろに隠れていましたので、この機会にお披露目させてください。

裏一面には2016年のマシューのコレクション『DURBAR』より「Aravali」W6955-02が貼ってありました。

もし名古屋ショールームへお越しの際は、今回はどんな壁紙に貼り替えられているのかマシューの後ろものぞいてみてくださいね。またガラリと変身していますよ。

カテゴリー: 壁紙, オズボーン&リトル, マシュー・ウィリアムソン, ディスプレイ |

マグネット

//////////////////////////////////////////////
Instagram「#MANASモリスのある風景」キャンペーン  実施中!
写真応募期間:2017年9月1日(金)~10月31日(火) 23:59

マナトレーディングで取扱いの『MORRIS&Co.』および『PURE MORRIS』の生地や壁紙を使用したインテリアやインテリア小物の写真を撮り、「#MANASモリスのある風景」とハッシュタグを付けて投稿してください。
素敵な写真を投稿してくださった方合計6名様に、『MORRIS&Co.』もしくは『PURE MORRIS』のクッション(2個セット・中材付)をプレゼント。

キャンペーンの詳しい内容はこちらで。
みなさまのご応募、お待ちしています!
//////////////////////////////////////////////

「マグネット」って何のこと!?

そう、マグネットとは正式には磁石タイプのタッセルのことで、略してタイトルにしてみました。

今回は、壁にフックがなくても使用できる「マグネットタイプのタッセル」にスポットを当ててご紹介したいと思います。

まずは、ショールームで人気のある「ピヴォワーヌ V13」。

レースをふんわりまとめたい時、手軽で簡単に留めていただけます。
たとえば、一枚仕立てのやわらかなレースのすそから手繰り(たぐり)上げると…

こんなふうにこれを等間隔にいくつか手繰っていくと、即席バルーンシェード風にご活用いただけるアイテムなんです。

モダンにお洒落なタイプをお好みならSAHCOのマグネットタッセルもおすすめです。
Emperor P055-01
もう一つ
Century P089-02

カジュアルやナチュラルなイメージなら…
Horus P053-01
これは現在の名古屋ショールームのディスプレイ写真。
PURE MORRISのカーテンをスウェード&ウッド調のマグネットで束ねています。


遠く離れてみるとこんな風景です。

今のお部屋の風景に見慣れすぎてしまったら、マグネットタイプのタッセルを+αで新調してみてはいかがでしょうか。
とてもお手軽で簡単に日常の中でプチリフォームができますよ。

最後にもう一つ。
これもマグネットです。

 

カテゴリー: カーテン・シェード, モリス, タッセル, ディスプレイ, サコ |

カラフルのお手本

トレンド感たっぷりのÉLITIS(エリティス)クッション。

2017年の新作はビビットな色がとても目を惹くラインナップ。

名古屋ショールームのディスプレイもエリティスのクッションで彩り艶やかに模様替えしています。




私達スタッフが毎年楽しみにしている中の一つ、「ÉLITIS」のクッションカタログです。



コーディネートのお手本にしたくなるような色の組合せ方。
そして一見無造作にみえるのにお洒落感のあるクッションの配置。

ちなみに2016年版はコーディネーションのイメージに合わせてタイトルがついています!


もうおわかりですよね!
その「タイトル」というのが、誰もが一度は耳にしたことのある有名な「曲名」ばかりなのです♪
遊びゴコロのある「ÉLITIS」のカタログを一度のぞいてみませんか。

2017年1月のパリのショールームのウインドーディスプレイの写真はこちらのブログで。
そしてまだまだエリティスのクッションを見てみたい方はこちらでご覧くださいませ。(MANASのサイトを離れます)

カテゴリー: エリティス, クッション, トレンド, ディスプレイ |

アートな装飾

6月27日、「生活の中のアートな装飾」セミナーを開催いたしました。

講師には名古屋に在住のテーブルコーディネーター&ギャラリストの都木早苗さんを迎え、日頃語られることのない、装飾が出来上がるまでの過程の中で都木さんが心掛けていらっしゃる大切なことを、実際のディスプレイを目の前にお話しいただけるという特別な時間となりました。

光と影、素材、色、そして間。
いろいろな要素が絡み合ってできあがっていくディスプレイ。
今回は都木さんプロデュースでMANASの壁紙や生地を使って製作した「衝立(ついたて)」「掛け軸」「額装」をベースに3つの世界をつくっていただきました。

衝立

台湾や中国、韓国のお道具や器を使って、お茶の室礼を。
衝立には京都の組み紐を飾っています。
壁紙はJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の「YLANG(イラン)」W01026-10。
所蔵している19世紀のシノワズリデザインよりインスピレーションをうけたもの。

掛け軸

JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の盆栽柄の壁紙でシンプルな掛け軸を製作。
こんな掛け軸ならモダンな和空間にも合いそうですね。
クリスタル、木、和紙、漆器、石、そして古いものと新しいもの、すべてがMIXされたディスプレイ。
麻糸のベージュ色の繋がりも空間に組み込まれています。

額装

PURE MORRISの生地を額装に。
白色の世界ですが、とても温かみのある白色がグラデーションとなって繋がります。

このセミナーで感じたこと…
すべては偶然の配置ではなく、必然であったということ。

そして西洋のような左右対称ではなく、アシンメトリー、非対称の配置。
都木さんが作り出す世界は、日本人ならではの昔からもっている感覚を大切に盛り込まれたものでした。このセミナーを通して、日々の暮らしや日本の自然、歴史をもっと意識してみたくなりました。

セミナーの様子はInstagramのほうでも更新しています。今回使用した商品の品番もご確認いただけます。

マナトレーディングでは、時折、セミナーやワークショップなどイベントを開催しております。
HP上やブログ、インスタ、フェイスブックからもご案内しておりますが、メールインフォメーションにご登録いただくと、こういった情報をメールアドレスへお届けします。まだの方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にご登録くださいませ。
メールインフォメーション http://www.manas.co.jp/manas-mail-information/

カテゴリー: 生地, 壁紙, ジム・トンプソン, 小物, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, ディスプレイ |

ハンドペイント

こんなところにまで!

MANASでハンドプリントといえば、壁紙がまず頭に浮かぶのでしょうか?

今回ご紹介するハンドペイントされたのは、トリムなんです!
これは麻100%の素材でつくられた、フリンジやボーダー、コード。
総称してトリミングやトリムと呼ばれているものです。

これは2017年春、フランスのELITIS(エリティス)の新作。
麻素材100%の洗いざらしの生地「Stucco」と一緒に収録されています。
またこれがなんとも云えないニュアンスカラーの生地なのですが、それをさらにお洒落に仕上げるエッセンスとなるのがこのトリム達なのです。


5月、このトリムを使って名古屋ショールームはディスプレイしてみました。

フリンジを縦に3本並べてみました、いかがでしょう?

ボリューム感とハンドプリントされた表面の模様、
少し無造作にフリンジの房が崩れているほうが、また味わいがあっていいと思いませんか。

エリティスのカタログ写真では、さきほどの「Stucco」と合わせたクッションなどが紹介されています。
スタイリングもとても綺麗なので、よかったらエリティスのHPもチェックしてみて下さいね。

カテゴリー: エリティス, ショールーム情報, トリム, ディスプレイ |

6月のお楽しみ

とても気持ちの良い季節になりましたね。
ショールーム近くにあるセントラルパークの樹々も青々と茂っています。

名古屋ショールームでは、6月の梅雨の季節のお楽しみとしてセミナーを計画しております。

セミナーでお話しして頂くのは、名古屋市内に在住のテーブルコーディネーター&ギャラリストの都木早苗(タカギ サナエ)さん。

都木さんとは2015年に都木さんが営むカフェ&ギャラリーで“ART DE VIVRE 「絵画のような布」展”をコラボ企画として開催したご縁がございます。

当時、開催に向けてMANASの生地を選ぶところから始まり、テーブルクロスやティーコゼーなど様々なものを製作しディスプレイして下さいました。都木さんの洗練された感性が随所にみられる素敵な展示になりました。
この企画展を通して、私達スタッフも生地の可能性の広がりにとても多くのことを学ぶきっかけを頂きました。
当時の企画展の様子はこちらのブログでご紹介しておりますので、是非ご覧くださいませ。

そして、2017年の6月、私達も待望していた都木さんによるセミナーがショールームで実現する運びとなりました。
セミナーのテーマは『生活の中のアートな装飾』。また詳しい内容は後日のブログでご案内したいと思います。

こうしている今も都木さんの方では、既にいろいろとアレンジをして下さっています。
もしよろしければ、都木さんのHPも併せてご覧くださいませ。
ラ・メゾン・デ・レギューム

カテゴリー: サンダーソン, 生地, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー, ディスプレイ |

4月のディスプレイ


発刊を楽しみにしているカタログの一つに、このRUBELLI(ルベリ)のマガログがあります。
毎年、私達の想像をはるかに超えたビジュアルの表現に、魅了されてばかりいます。

そして2017年。「VIVERE A COLORI」、“カラーを楽しもう”をテーマにこちらの47色のシルク糸からコレクションが作られました。

これまでにない新しい色や絶妙なパステルトーンも加わり、冒頭のカタログのページをめくる度、新しい色との出会いにこころが躍ります。

昨年に引き続き、誌面写真はファッション誌「VOGUE」(ヴォーグ)のカメラマンが撮影を担当されているので、モデルの方が服(生地)を纏いポージングする様はまるで海外のファッション誌を眺めているようです。

もしよろしければ、こちらのページからマガログの全てをご覧いただくことができます。是非のぞいてみて下さい。
★こちら(MANASのホームページから離れます。ページの中程にあります)

さらに4月。ショールームもこのRUBELLIディスプレイをリニューアルいたしました。
3月に引き続きご紹介していきたいと思います。



メインのディスプレイは左から
Sanandaj 30201-05
Salome 30206-02
Roi Soleil 30212-05

照明の光線と目にする位置でカーテンの色合いがコロコロ変化していきます。
バックには昨年に引き続きNausicaa 30173-05を。

そして手前のソファーにはニュートラルカラーに光沢が加わった椅子生地で衣替えいたしました。


背もたれ&クッション Wabi 30225-06
座面 Madrepelra 30202-03

これで何度目の衣替えになりますでしょうか・・・衣が変わるたびに印象が変わるこのソファー。
歴代の様子は過去のこちらのブログでご紹介しています。(関連ブログ1 関連ブログ2

ソファーの上には色艶やかな色彩のクッションを並べてみました。
手前の黄色いクッションから時計回りに
Tadai 30214-08
Katagami 30223-10
Vermeer 30203-12
Tadai 30214-10

“色で楽しもう”を形にしたディスプレイ。東京大阪のショールームでもご覧いただくことができます。ご遠方の方は是非ブログの方でお愉しみ下さいませ。

カテゴリー: インフォメーション, コレクション, ディスプレイ, ルベリ |

3月のディスプレイ


SAHCO2017春夏新作コレクション、名古屋ショールームのディスプレイです。

実は今回、東京ショールーム、大阪ショールームと全く同じ生地で製作しています。

お料理で例えると、素材(具)は同じなのに、結果シチューやカレーに仕上がるというように、ディスプレイをするコーナーやスペース、レールなどショールームごとで環境も違うため、どんな風に展示するのかで、デザインやスタイル、使用する小物も異なって仕上がります。
そして3月、東京ショールーム大阪ショールームもそれぞれの雰囲気に合った仕上がりになりました。そこがオーダーカーテンの面白さの醍醐味です。
是非ブログからもディスプレイをお楽しみください。(近日中に更新予定)

ここからは名古屋のSAHCO(サコ)ディスプレイの詳細をご紹介してまいります。

メインのドレープカーテン(花柄)
Hana 2751-03
ジャガード織の花柄模様です。今回SAHCOの新作には、商品名に島の名前を名付けているものが多いなか、こちらはデザイナーさんが付けたオリジナルのネーミングなのだそうです。もしかしたら日本の‘花’にちなんで名付けられたのでは?という説もちらほら…
皆さまに「ハナ」という響きがより親しみを感じてもらえるものになったら嬉しいです。

このカーテンのポイントは、15cm幅のダークブラウンのボーダーをセンター側の際にI型に施したところです。この存在感のあるボーダーひとつでグッとディスプレイ全体が引き締まりました。
*ボーダー  HOULES(ウレス) 「GALLERY」  RAFFIA BRAID 15㎝ 32166-9800

サブのドレープカーテン(ピンク色のカーテン)
Napari 2747-08
一見無地にみえるのですが、近くで見るとツートンの糸で織りなされた表情がとても綺麗で洗練された生地です。
ちょうど桜色のこの生地は、来場されたお客様から春のテーブルクロスにしたいとのお声も。

レースカーテン
Serenada 2759-02
2枚のレース生地の間に糸を通してデザインされているデコラティブなレースです。

小さいクッション(手前)
Manhattan 2743-05
*フリンジ  HOULES  「SAVANA」 CUT FRINGE 35mm 33010-9800

大きいクッション(後ろ)
Coney 2744-01
*フリンジ  HOULES  「SAVANA」 MOSS FRINGE 55mm 33012-9020
フリンジのボリュームにご注目を。モコモコしたクッション生地に負けないくらいボリューム感のあるフリンジを両サイドにつけています。

タッセル(右) Shade P084-02(房がグラデーションになった2017春夏の新作タッセル)

タッセル(中央) Splendor P071-01

タッセル(左) Ornato P069-01

冒頭の写真の左奥にはRUBELLI(ルベリ)のディスプレイが写っていますが、ここも間もなく2017年の新作ディスプレイに衣替えする予定です。

春のこの時期は日を追うごとにショールームが変化し、足を運ぶたびに新しいものに出逢える季節です。
皆様のお越しをお待ちしております。


こちらは、ルベリコーナーにあるDOMINIQUE Kieffer(ドミニク・キ-ファ-)です。

カテゴリー: カーテン・シェード, クッション, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, タッセル, ディスプレイ, サコ, ルベリ |