カテゴリー別アーカイブ: ルベリ

4月のディスプレイ


発刊を楽しみにしているカタログの一つに、このRUBELLI(ルベリ)のマガログがあります。
毎年、私達の想像をはるかに超えたビジュアルの表現に、魅了されてばかりいます。

そして2017年。「VIVERE A COLORI」、“カラーを楽しもう”をテーマにこちらの47色のシルク糸からコレクションが作られました。

これまでにない新しい色や絶妙なパステルトーンも加わり、冒頭のカタログのページをめくる度、新しい色との出会いにこころが躍ります。

昨年に引き続き、誌面写真はファッション誌「VOGUE」(ヴォーグ)のカメラマンが撮影を担当されているので、モデルの方が服(生地)を纏いポージングする様はまるで海外のファッション誌を眺めているようです。

もしよろしければ、こちらのページからマガログの全てをご覧いただくことができます。是非のぞいてみて下さい。
★こちら(MANASのホームページから離れます。ページの中程にあります)

さらに4月。ショールームもこのRUBELLIディスプレイをリニューアルいたしました。
3月に引き続きご紹介していきたいと思います。



メインのディスプレイは左から
Sanandaj 30201-05
Salome 30206-02
Roi Soleil 30212-05

照明の光線と目にする位置でカーテンの色合いがコロコロ変化していきます。
バックには昨年に引き続きNausicaa 30173-05を。

そして手前のソファーにはニュートラルカラーに光沢が加わった椅子生地で衣替えいたしました。


背もたれ&クッション Wabi 30225-06
座面 Madrepelra 30202-03

これで何度目の衣替えになりますでしょうか・・・衣が変わるたびに印象が変わるこのソファー。
歴代の様子は過去のこちらのブログでご紹介しています。(関連ブログ1 関連ブログ2

ソファーの上には色艶やかな色彩のクッションを並べてみました。
手前の黄色いクッションから時計回りに
Tadai 30214-08
Katagami 30223-10
Vermeer 30203-12
Tadai 30214-10

“色で楽しもう”を形にしたディスプレイ。東京大阪のショールームでもご覧いただくことができます。ご遠方の方は是非ブログの方でお愉しみ下さいませ。

カテゴリー: インフォメーション, コレクション, ディスプレイ, ルベリ |

3月のディスプレイ


SAHCO2017春夏新作コレクション、名古屋ショールームのディスプレイです。

実は今回、東京ショールーム、大阪ショールームと全く同じ生地で製作しています。

お料理で例えると、素材(具)は同じなのに、結果シチューやカレーに仕上がるというように、ディスプレイをするコーナーやスペース、レールなどショールームごとで環境も違うため、どんな風に展示するのかで、デザインやスタイル、使用する小物も異なって仕上がります。
そして3月、東京ショールーム大阪ショールームもそれぞれの雰囲気に合った仕上がりになりました。そこがオーダーカーテンの面白さの醍醐味です。
是非ブログからもディスプレイをお楽しみください。(近日中に更新予定)

ここからは名古屋のSAHCO(サコ)ディスプレイの詳細をご紹介してまいります。

メインのドレープカーテン(花柄)
Hana 2751-03
ジャガード織の花柄模様です。今回SAHCOの新作には、商品名に島の名前を名付けているものが多いなか、こちらはデザイナーさんが付けたオリジナルのネーミングなのだそうです。もしかしたら日本の‘花’にちなんで名付けられたのでは?という説もちらほら…
皆さまに「ハナ」という響きがより親しみを感じてもらえるものになったら嬉しいです。

このカーテンのポイントは、15cm幅のダークブラウンのボーダーをセンター側の際にI型に施したところです。この存在感のあるボーダーひとつでグッとディスプレイ全体が引き締まりました。
*ボーダー  HOULES(ウレス) 「GALLERY」  RAFFIA BRAID 15㎝ 32166-9800

サブのドレープカーテン(ピンク色のカーテン)
Napari 2747-08
一見無地にみえるのですが、近くで見るとツートンの糸で織りなされた表情がとても綺麗で洗練された生地です。
ちょうど桜色のこの生地は、来場されたお客様から春のテーブルクロスにしたいとのお声も。

レースカーテン
Serenada 2759-02
2枚のレース生地の間に糸を通してデザインされているデコラティブなレースです。

小さいクッション(手前)
Manhattan 2743-05
*フリンジ  HOULES  「SAVANA」 CUT FRINGE 35mm 33010-9800

大きいクッション(後ろ)
Coney 2744-01
*フリンジ  HOULES  「SAVANA」 MOSS FRINGE 55mm 33012-9020
フリンジのボリュームにご注目を。モコモコしたクッション生地に負けないくらいボリューム感のあるフリンジを両サイドにつけています。

タッセル(右) Shade P084-02(房がグラデーションになった2017春夏の新作タッセル)

タッセル(中央) Splendor P071-01

タッセル(左) Ornato P069-01

冒頭の写真の左奥にはRUBELLI(ルベリ)のディスプレイが写っていますが、ここも間もなく2017年の新作ディスプレイに衣替えする予定です。

春のこの時期は日を追うごとにショールームが変化し、足を運ぶたびに新しいものに出逢える季節です。
皆様のお越しをお待ちしております。


こちらは、ルベリコーナーにあるDOMINIQUE Kieffer(ドミニク・キ-ファ-)です。

カテゴリー: カーテン・シェード, クッション, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, タッセル, ディスプレイ, サコ, ルベリ |

インスピレーション

「Don’t think , Feel!」

有名なあの台詞とは少し意味が異なるかもしれませんが、まずは写真から2017年のトレンドを感じとって頂けたらと思います。

こちらはELITIS(エリティス)のパリショールームのディスプレイから。

これはSAHCO(サコ)のクッション写真より。

ピンク色と青緑系のコントラストが何とも云えない鮮やかな組合せです。

これは2017年のカタログ写真より。下は実際の生地写真。

キラキラしたもの。
このRUBELLI(ルベリ)のレースは4月にディスプレイで登場する予定です。

こちらは淡いピンク色。
今年のSAHCO(サコ)はお洋服やバックにお仕立てしたくなるような可愛らしいツイード素材も。

東京ショールームブログでも現地の写真が沢山ご覧いただけます。
そして各ブランドのSNSでも会場の様子の写真がいろいろとアップされていますので、気になる方はご覧くださいね。

3月3日より2017年春夏コレクション‘第一弾’が発売開始いたします。
それに合わせ「SAHCO」のディスプレイが登場しますので、どうぞショールームにも足をお運び下さいませ。

 

 

カテゴリー: エリティス, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, 海外レポート, サコ, ルベリ |

SNS

数年前までは全く聞き慣れなかった「SNS」というフレーズ。
でも今では日常茶飯事にニュースや雑誌、ネットなどでも登場し誰もが知っているフレーズになりましたね。
jt-facebook

マナトレーディングでは2011年からブログをスタートしました。今もとてもアナログな発信として東京、大阪ショールームと共に「コト」や「モノ」について更新中です。

そしてパソコンならばMANASホームページの右上の画面を、
スマホなら右上のメニューボタンから入ると一番下のところにご注目を。
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e7%94%bb%e9%9d%a2
(↑スマホ画面です)
お気づきでしたか?『ショールームブログ』の横に「facebook」と「Instagram」のアイコンがあることを。
2014年の夏からは「facebook」(フェイスブック)も始まり、またブログとは異なった角度からMANASをご覧いただくことができます。
manas-facebook

そしてそして、この秋から「Instagram」(インスタグラム)が始動したところです!
manas-instagram
百聞は一見にしかず。多くを語らなくとも写真一枚でMANASの‘今’を感じていただけるようになりました。
日進月歩、情報は様々なカタチで収集していただける今、また皆様にもMANASとの新しい出会いがありますようにと願います。
冒頭の写真はJIM THOMSON(ジム・トンプソン)のフェイスブック(2016年11月18日付)から。
ショールームで毎日みているディスプレイ(光景)が、海の向こうのタイから発信されたことに驚きと嬉しさと…そして「SNS」の繋がりをあらためて実感した瞬間でした。

12月も下旬。年末年始の過ごし方は十人十色いろいろとあると思います。
長時間の移動の道中や新年の行事、お仕事が終わり“ホッ”とできる自分だけの時間ができた時、もしよろしければこのブログのことを思い出してください。
海外のブランドでもSNSから素敵な写真が日々更新されていますのでまとめてみました。
ここを入り口にジャンプして世界のインテリアの写真や記事で、ひとときを愉しんでいただければ嬉しいです。(※MANASサイトを離れます)

RUBELLI(ルベリ)  facebook / Instagram
SHACO(サコ)  facebook / Instagram
JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)  facebook / Twitter
ELITIS(エリティス)  facebook / Instagram

MANAS  facebook / Instagram

また今年最後に第二弾としてその他のブランドもご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに。

カテゴリー: エリティス, ジム・トンプソン, インフォメーション, ショールーム情報, サコ, ルベリ |

6/10の名古屋

今日の名古屋ショールームは、朝から壁紙を張替えました。
Before
SD old
After
SD New
今日、この後カーテンをディスプレイします。

そして下の写真の壁紙は、RUBELLI(ルベリ)・Lady Hamilton Wall 23012-1。
次の新たなカーテンが登場するまで、しばらく仮のカーテンでまた違った雰囲気をお見せしていきます。
さて、どんなカーテンがここに掛けられるのか楽しみに想像してみて下さいね。
RU New

カテゴリー: サンダーソン, 壁紙, インフォメーション, ショールーム情報, ルベリ |

チェア(Before編)

ショールームの椅子たち、少しずつ変身しているのはご存じでしょうか?
名古屋ショールームのブログでも過去に何度かご紹介していましたが、今回改めてご紹介したいと思います。

こちらの椅子は全て同じデザインなのですが、背景にあるディスプレイに合わせ、それぞれに別々の生地を張地として使用しています。
チェア1
左から、RUBELLI(ルベリ)、Sanderson(サンダーソン)、JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の張地です。

そして、こちらのスツールは今年の春チェンジしたばかり。
スツール
毎回ELITIS(エリティス)の生地で張り替えていましたが、今回右上のモザイク柄の生地はDominique Kieffer(ドミニク・キーファー)の2015秋冬コレクションよりセレクト。

ソファー
ソファー2
RUBELLIの空間にあるこちらのソファーは、現在RUBELLIの「Monet」が張られていますが、過去にはELITIS(エリティス)やSAHCO(サコ)が張られていました。
ELITIS

IMG_2372

モリスコーナーにあるクラシカルなチェアは、以前のブログでBefore、Afterでご紹介して以来、ショールームがリニューアルなど大きく変化する中、ずっとここで変わらずにいてくれる貴重な存在です。
IMG_5223_R

名古屋に限らず、東京、大阪のショールームも年に数回ディスプレイが変わり、常に新しいアイテムに囲まれ変化していきます。でも椅子だけはずっと長い間同じものを使い続けています。
その時々のトレンドやディスプレイに合わせ、張地だけを変化させていっているのです。古いものだけどいつも新鮮にショールームを彩る実用アイテムとなっています。

そこで、今回MANASのHPでもご案内している「椅子の張替え実演」は、こういった変化の過程を皆さまにも是非見て頂けたらと企画いたしました。
現在ご愛用されている椅子も、もしかしたら生地を張替えすることで蘇り、新たな魅力を引き出せる可能性を秘めているのかもしれません。

現在ショールームでは参加者を募集しております。定員まで残り僅かですのでご興味のある方はお早めにお申し込み下さいませ。

Before
こちらが今度実演する張替え前の「Before」写真です。
名古屋市内にあるアンティーク家具の「フランドル」様にご協力頂き、椅子をご用意いたしました。

さて、6月4日のイベントでどんな風に変身するのかは来月のお楽しみに。。。

カテゴリー: エリティス, サンダーソン, ジム・トンプソン, 椅子張生地, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー, サコ, ルベリ |

エントランス

新作コレクションが続々と発売を順に迎えていくこの季節。ショールームの中のディスプレイも少しずつ変化していきます。

この春、大きく変化したのがエントランスのディスプレイです。
その空間を大きく占めるのは、この大きな額。
フランスの「ELITIS」(エリティス)がここ数年発表している凹凸のあるウォールカバリングの素材をアートのように額装にして置きました。2015年秋冬のコレクション「CELEBRITY」からセレクトしていますが、カラーや素材は引き続き今年のトレンドでもあるメタリック系となっています。

3月のエントランスディスプレイ。
201603ディスプレイ

ここにある時偶然に「Limited Edition」(リミテッド・エディション)のラグ「Greystone」を置いた時の写真です。
普段は「RUBELLI」(ルベリ)の空間に敷いていたラグなのですが、この時なんともいえないしっくりとした空間が瞬間に生まれたのでした。

201603エントランス

白地にベネチアの風景が描かれたトワレ柄はイタリア・ベネチアにある「RUBELLI」のもの。
厚地のカーテンは椅子にもご利用いただけるものになります。そして手前のシフォンのように柔らかいシアー生地にもベネチアの風景が描かれ、その白のグラデーションが一体にふんわりとした柔らかな光を放ち雰囲気を和らげています。

そして現在、4月。
201604エリティス2

ガラリと雰囲気が変わりました。
リネン100%の生地と「ELITIS」の2016年新作「Iméra」。麻糸のような素材をアレンジした印象的な意匠です。
そしてあの大きな額装はそのままなのにまた違った印象に。褐色のカーテンがメタル色の表面に鈍く光を落とし、重厚感のあるものになりました。これがファブリックマジックの醍醐味なのかもしれません。

そして、3月のエントランスディスプレイに使用したカーテンの行方は…
201604ルベリ

そう、「RUBELLI」の空間に。そしてあのラグと再び共演となりました。
手前のソファには、「ELITIS」のクッション。こちらもカーテンの雰囲気に合わせ入れ替わりました。右奥のドレープもこの春から新作のカーテンが加わり、少しずつ移り変わっています。

ショールームでの一期一会。
その時、その瞬間のディスプレイもどうぞお愉しみ下さい。

カテゴリー: エリティス, クッション, リミテッド・エディション, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ラグ, ルベリ |

ネイルアート×RUBELLI

 

ネイル
このブログを読んでくださっている方にもネイルアートを愉しんでいらっしゃる方が沢山いらっしゃるかと思います。
ふと素敵なネイルをされている指先を見た瞬間、ハッと惹きつけられることってありませんか?

先日、本社のRUBELLI(ルベリ)担当のスタッフIさんが名古屋ショールームに来た時のこと。
まさに一瞬でその指先に目を奪われ、「そのデザインはどうしたの!?」と聞かずにはいられませんでした。
するとIさん、「これはRUBELLIの新作「Fiammetta」(30169)ですよ!」と。
「え~!!!」と私たち。

こちらがその「Fiammetta」です。
Fiammetta

話は脱線しますが、彼女はこの「Fiammetta」の写真を見せてネイリストの方にオーダーしたのだとのこと。
それにしても、その施術を行ったネイリストの方の技術も素晴らしいこと。とても複雑な細かなラインをここまで再現してくださったのかと感心しきりでした。

30169_5

この生地はレース模様をグラフィック化したデザインで、クラシックでもあると同時にモダンでもあり、そして立体的な質感はまるで日本の「ちりめん」のように見えます。
カーテンだけでなく椅子用にもご使用いただけるこの生地は、防炎素材のためカーテンの素材規制のある高層マンションや商業施設でもご使用になれます。

いかがでしょうか、イメージが小さな指先に表現されていませんか?

彼女の「RUBELLI」にかける情熱がこんなところからもヒシヒシと私たち名古屋のスタッフにも伝わってきました。今度は私たち現場のスタッフがこの情熱をショールームでお伝えしていきたいと思います。

あるネイリストの方が以前テレビで語っていらっしゃいました。インスピレーションは洋書店にあるグラビア写真の綺麗な‘植物’や‘自然風景’の本からも得ていると。
MANASのショールームは、本とはまたちがった別のインスピレーションの種がいっぱい隠れている場所です。

左側のカーテンがまさに「Fiammetta」です。
2016RUディスプレイ

大阪スタッフブログではRUBELLIのファブリッチオ氏へのインタビューが特集されています。
また違った角度から「RUBELLI」をお愉しみくださいませ。

 

 

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ルベリ |

フライングディスプレイ!

寒さがまだ残りますが、まもなく3月。春が確実に近づいてきましたね。

MANASでも新作のサンプルが次から次へと届いております。
早速、2月29日(月)から発売開始のブランドも。

そこで、先週から少しずつディスプレイも入れ替わってまいりしました。

今回は3月2日(水)からの発売となる「RUBELLI」(ルベリ)のディスプレイをフライングでご紹介したいと思います。
2016RUディスプレイ
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

真ん中のゴールド系のカーテンは『Nausicaa』。レースとしては少し地厚な生地。とてもしなやかな落ち感がなんとも美しい仕上がりになっております。
高層マンションであれば、このカーテン一枚だけというのもおすすめの一品になりそうです。

そして手前のソファーには『Monet』という名前の花柄の生地で。これまでもこちらのブログの中でこのソファーの遍歴をご紹介してまいりましたが、またあらたに生まれ変わり空間がさらに明るくなりました。

2016RU生地

そして、まるで帯のような生地。
でもこれは日本でなくイタリアでデザインされ作られたものなのです。
カーテンという発想を少し離れて、帯や着物に合わせるお鞄にお仕立てしたら…とイメージしてみて下さい。
いかがですか、一層親しみを感じる素敵な生地に見えてきませんか?

もっと2016年の「RUBELLI」を見たい!3月2日までは待てない!!という方には、是非ルベリのHPにある2016年のカタログでお愉しみ頂けたらと思います。
ルベリカタログ(イタリア本国サイトより)

そして、3月2日の発売後は是非ショールームで実際の生地に触れに足をお運び下さいませ。
写真では伝えられない風合いを感じて頂けたら嬉しいです。

※ルベリのカタログのページはMANASのサイトを離れます。どうかご了承下さいませ。

 

 

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ディスプレイ, ルベリ |

お花とインテリア

遂にディスプレイが完成し、12月2日よりお披露目いたしました!アップ

ディスプレイ全体

フレッシュのグリーンを使ったフラワーディスプレイも加わり、レッドとグリーンがより一層クリスマスモードへと誘います。
アレンジメント

「atelier NOUVEAU」(アトリエ ヌーヴォー)の佐藤志津さんのアレンジによるディスプレイによって、『After』はカーテンはそのままなのに、より立体的で奥行きのある空間に。
植物などが持つ自然の力ってすごいですね。空間が生きています。
『Before』のディスプレイ写真は前回のブログでご紹介しています。

2日に開催したワークショップイベントの佐藤先生によるフラワーアレンジメントレッスンも、私達スタッフが羨むほどに、ご参加された皆さまは素敵な作品に仕上げられお持ち帰りになられました。
今回はリニューアルして初めて行ったワークショップイベント、お部屋のようにつくられたRUBELLI(ルベリ)のリビング空間などを背景に、出来上がった作品を笑顔でお写真を撮られている姿は本当に嬉しい光景でした。
ご参加くださった皆さま、そして先生ありがとうございました。

そしていつもの日常の空間が、お花を置いただけでぱっと華やぐ一瞬(ひととき)となりました。
モリスバージョン

冒頭にご紹介した「atelier NOUVEAU」フラワーディスプレイは28日迄展示いたします。
インテリアファブリックとコラボレーションされたフラワーディスプレイを是非この機会にご覧くださいませ。ファブリックを利用した花器にもどうぞご注目を。

12月からショールームではアロマ「MIYABI」の優しい香りが皆さまをお出迎えいたします。
師走の忙しい季節、五感を優しくくすぐるMANASのショールームへ足をお運び下さいませ。

カテゴリー: 生地, モリス, インフォメーション, , ショールーム情報, イベント, ワークショップ, ルベリ |