カテゴリー別アーカイブ: クッション

カラフルのお手本

トレンド感たっぷりのÉLITIS(エリティス)クッション。

2017年の新作はビビットな色がとても目を惹くラインナップ。

名古屋ショールームのディスプレイもエリティスのクッションで彩り艶やかに模様替えしています。




私達スタッフが毎年楽しみにしている中の一つ、「ÉLITIS」のクッションカタログです。



コーディネートのお手本にしたくなるような色の組合せ方。
そして一見無造作にみえるのにお洒落感のあるクッションの配置。

ちなみに2016年版はコーディネーションのイメージに合わせてタイトルがついています!


もうおわかりですよね!
その「タイトル」というのが、誰もが一度は耳にしたことのある有名な「曲名」ばかりなのです♪
遊びゴコロのある「ÉLITIS」のカタログを一度のぞいてみませんか。

2017年1月のパリのショールームのウインドーディスプレイの写真はこちらのブログで。
そしてまだまだエリティスのクッションを見てみたい方はこちらでご覧くださいませ。(MANASのサイトを離れます)

カテゴリー: エリティス, クッション, トレンド, ディスプレイ |

ショールームの風景

まもなく秋に突入しますね。


今の名古屋ショールームはこんな感じでご覧いただけます。
HPの写真と比べて頂くといろいろと変化していることにお気づきになられると思います。


OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)のお揃いの壁紙とカーテン。
カーテン上部にはトリムで切り替えのデザインを施しています。


(クリックすると写真が拡大してリストがご覧になれます)

こちらはSanderson(サンダーソン)の生地で仕上げたシェード。


Tree柄の刺繍生地を青い別の生地で囲んでいます。ちなみに青い生地だけでカーテンを仕立てるとまったく違った印象に…

このシェードの場合、実はボーダー柄の部分を指定して縫製しているんです。

季節の移り変わりと共にショールームの風景も少しずつ変化していきます。

最寄りのショールームにお越しの際は、ぜひ‘今’のディスプレイをご覧になっていってくださいね。

カテゴリー: サンダーソン, 壁紙, カーテン・シェード, クッション, 刺しゅう, トリム |

3月のディスプレイ


SAHCO2017春夏新作コレクション、名古屋ショールームのディスプレイです。

実は今回、東京ショールーム、大阪ショールームと全く同じ生地で製作しています。

お料理で例えると、素材(具)は同じなのに、結果シチューやカレーに仕上がるというように、ディスプレイをするコーナーやスペース、レールなどショールームごとで環境も違うため、どんな風に展示するのかで、デザインやスタイル、使用する小物も異なって仕上がります。
そして3月、東京ショールーム大阪ショールームもそれぞれの雰囲気に合った仕上がりになりました。そこがオーダーカーテンの面白さの醍醐味です。
是非ブログからもディスプレイをお楽しみください。(近日中に更新予定)

ここからは名古屋のSAHCO(サコ)ディスプレイの詳細をご紹介してまいります。

メインのドレープカーテン(花柄)
Hana 2751-03
ジャガード織の花柄模様です。今回SAHCOの新作には、商品名に島の名前を名付けているものが多いなか、こちらはデザイナーさんが付けたオリジナルのネーミングなのだそうです。もしかしたら日本の‘花’にちなんで名付けられたのでは?という説もちらほら…
皆さまに「ハナ」という響きがより親しみを感じてもらえるものになったら嬉しいです。

このカーテンのポイントは、15cm幅のダークブラウンのボーダーをセンター側の際にI型に施したところです。この存在感のあるボーダーひとつでグッとディスプレイ全体が引き締まりました。
*ボーダー  HOULES(ウレス) 「GALLERY」  RAFFIA BRAID 15㎝ 32166-9800

サブのドレープカーテン(ピンク色のカーテン)
Napari 2747-08
一見無地にみえるのですが、近くで見るとツートンの糸で織りなされた表情がとても綺麗で洗練された生地です。
ちょうど桜色のこの生地は、来場されたお客様から春のテーブルクロスにしたいとのお声も。

レースカーテン
Serenada 2759-02
2枚のレース生地の間に糸を通してデザインされているデコラティブなレースです。

小さいクッション(手前)
Manhattan 2743-05
*フリンジ  HOULES  「SAVANA」 CUT FRINGE 35mm 33010-9800

大きいクッション(後ろ)
Coney 2744-01
*フリンジ  HOULES  「SAVANA」 MOSS FRINGE 55mm 33012-9020
フリンジのボリュームにご注目を。モコモコしたクッション生地に負けないくらいボリューム感のあるフリンジを両サイドにつけています。

タッセル(右) Shade P084-02(房がグラデーションになった2017春夏の新作タッセル)

タッセル(中央) Splendor P071-01

タッセル(左) Ornato P069-01

冒頭の写真の左奥にはRUBELLI(ルベリ)のディスプレイが写っていますが、ここも間もなく2017年の新作ディスプレイに衣替えする予定です。

春のこの時期は日を追うごとにショールームが変化し、足を運ぶたびに新しいものに出逢える季節です。
皆様のお越しをお待ちしております。


こちらは、ルベリコーナーにあるDOMINIQUE Kieffer(ドミニク・キ-ファ-)です。

カテゴリー: カーテン・シェード, クッション, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, タッセル, ディスプレイ, サコ, ルベリ |

モリスのグッズ

12月に入って名古屋ショールームでは大きなリースで皆様をお出迎えしております。
2016%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

そしてウイリアム・モリスのグッズ(小物)を今だけ特別に店頭販売開始いたしました。

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%92
これはモリスの「ブックカバー」。以前大阪ブログでも紹介されていたものです。
ちょうど文庫本サイズなので、大切にしている愛読書に使用されてみてはいかがでしょうか。
人気のイチゴドロボウから新作のPURE MORRISコレクションの柄までいくつかお取り揃えしていますので、ショールームで是非チェックしてみて下さいね。

そしておすすめは「CASA シート」(サイズ:23cm×19.6cm)、定価220円(税別)。
casa%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88
名前を聞くと???かもしれませんが、CASAシートはインテリア用の接着シートです。モリスの人気柄がシート状になっていて裏面がシールになっているものです。
小さな箱やノートの表紙にカバーリングとして貼ったてみたり、好きなサイズにカットしてタイル壁の一部にアクセントとして貼ってお手軽DIYとして使われてみても良いですよね。

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%97
こちらはモリスのマスキングテープ。
太めのテープ幅の中に定番のあの柄が可愛いく詰め込まれています。
使うのがもったいなくなるくらい、惹かれる一品です。

MORRIS&Co.のクッション
英国から届いたオリジナルクッションです。
%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab
ショールームでは棚の中にぎっしりディスプレイしていますが、こちらは販売中でございます。
ウサギの柄などは、オリジナルのデザインからクッション用に特別にアレンジされているものです。
%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%92

その他に、ディフューザや罫線ノート、ペンホルダー(ペン立て)など、とても可愛いらしいアイテムが揃いました。
今の季節ならモリスの好きなご友人へのクリスマスのプレゼントに、そしてもちろんご自身のためにいかがでしょう。

%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc2016

グッズだけがみたい!欲しい!という方もどうぞお気軽にショールームへお立ち寄りくださいませ。

ただ今ショールームでは、インテリア雑誌「ELLE DECOR」でご紹介いただいた「PURE MORRIS」の特集ページをまとめたオリジナル冊子を配布しています。

カテゴリー: クッション, 小物, モリス, インフォメーション, ショールーム情報 |

トリム使い

すっかり秋も深まってまいりましたね。
ショールームの方もようやく秋冬コレクションがほぼ出揃い、ディスプレイも変化しました。

そこで、今回はショールームのディスプレイにもよく登場するトリムにスポットを当ててご紹介したいと思います。
%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a0

まずは、今週新しくなったJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)のディスプレイから。
2016aw-%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%be%91%ef%bd%a5%ef%be%84%ef%be%9d%ef%be%8c%ef%be%9f%ef%bd%bf%ef%be%9d
2016年10月に発売された新作『NEW YORK STORIES』。
ジム・トンプソンが建築家としてNYで活躍していた時代と同じ頃の1920~30年代に流行していたアールデコ様式。そんな時代からインスピレーションを受けたデザインが揃うコレクションをメインにカーテンやクッションを製作しました。

クライスラービルからインスピレーションを得た「Chrysler」に施されたボーダーは、2016春に発売された『PRECIOUS METALS』にある「T003-03」。
t003-03
端から50㎜内側にI型で取り付けたメタル色のボーダーが、カーテン自体の存在感を一層惹き立てます。

その手前にあるクッション達にも周囲にフリンジを施しました。
t009-03
まずは後のオレンジ色のクッションの生地「Waldorf」は、1930年代当時人気の高かったウォルド-フホテルの尖塔状の屋根からインスピレーションを受けたそうです。
ループ状のフリンジは『NAGA』より「T010-07」。
t010-07

前にある横長のクッションには同コレクションより「T009-03」のボーダーを。
実は春からディスプレイしているこちらのクッションにも同じボーダーが使用されていますが、スクエア型にデザインを替えるとこんな風に雰囲気が変わります。
t009-03-another

ちなみに、カーテンにはNo.9 THOMPSONの『BANDS OF COLOR Ⅱ』の「TR1012-03」と「TR1013-03」のガラスビーズのフリンジとテープが並行して取り付けられています。
tr1013-03

最後に、モダンでお洒落なトリムを。
%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%ba
クッションのベースはMANAS-TEX VOL.16で登場した「ウィズ」、起毛したコットン100%のカラフルな色展開の無地です。
そこにフランスのHOULES(ウレス)『FAÇON CUIR』のこちらもカラフルなステッチの入ったパイピングコード「31106」からセレクト。
houles
31106
コントラストをつけたそれぞれのセレクトで、POPでモダンなクッションに仕上がりました。

今回ご紹介したトリムはほんの一部で、ショールームではいろいろと豊富にお取り揃えしております。今年は「MANAS-TEX」からも新たなトリムが登場いたしました。

まずは小さなクッションからトリムを取り入れられてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したトリムは各ブランドの本国サイトでご覧になることができます。
(クリックするとMANASのHPを離れます)

*JIM THOMPSON
*HOULES

カテゴリー: クッション, ジム・トンプソン, インフォメーション, コレクション, VOL.16, トリム |

エントランス

新作コレクションが続々と発売を順に迎えていくこの季節。ショールームの中のディスプレイも少しずつ変化していきます。

この春、大きく変化したのがエントランスのディスプレイです。
その空間を大きく占めるのは、この大きな額。
フランスの「ELITIS」(エリティス)がここ数年発表している凹凸のあるウォールカバリングの素材をアートのように額装にして置きました。2015年秋冬のコレクション「CELEBRITY」からセレクトしていますが、カラーや素材は引き続き今年のトレンドでもあるメタリック系となっています。

3月のエントランスディスプレイ。
201603ディスプレイ

ここにある時偶然に「Limited Edition」(リミテッド・エディション)のラグ「Greystone」を置いた時の写真です。
普段は「RUBELLI」(ルベリ)の空間に敷いていたラグなのですが、この時なんともいえないしっくりとした空間が瞬間に生まれたのでした。

201603エントランス

白地にベネチアの風景が描かれたトワレ柄はイタリア・ベネチアにある「RUBELLI」のもの。
厚地のカーテンは椅子にもご利用いただけるものになります。そして手前のシフォンのように柔らかいシアー生地にもベネチアの風景が描かれ、その白のグラデーションが一体にふんわりとした柔らかな光を放ち雰囲気を和らげています。

そして現在、4月。
201604エリティス2

ガラリと雰囲気が変わりました。
リネン100%の生地と「ELITIS」の2016年新作「Iméra」。麻糸のような素材をアレンジした印象的な意匠です。
そしてあの大きな額装はそのままなのにまた違った印象に。褐色のカーテンがメタル色の表面に鈍く光を落とし、重厚感のあるものになりました。これがファブリックマジックの醍醐味なのかもしれません。

そして、3月のエントランスディスプレイに使用したカーテンの行方は…
201604ルベリ

そう、「RUBELLI」の空間に。そしてあのラグと再び共演となりました。
手前のソファには、「ELITIS」のクッション。こちらもカーテンの雰囲気に合わせ入れ替わりました。右奥のドレープもこの春から新作のカーテンが加わり、少しずつ移り変わっています。

ショールームでの一期一会。
その時、その瞬間のディスプレイもどうぞお愉しみ下さい。

カテゴリー: エリティス, クッション, リミテッド・エディション, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ラグ, ルベリ |

クリスマスにむけて

日を追うにつれ街中のディスプレイがクリスマスバージョンに変化している今日このごろ。
ショールームのある栄の街を歩いているだけでも、楽しい気分にさせてくれます。

そこで名古屋ショールームも今週からエントランスのディスプレイをクリスマスにむけて模様替えをしてみました。
クリスマス

右手のメインカーテンにはRUBELLI(ルベリ)の「Corderìe.Lampas」(コルデリエ ランパス)。

そう、前回のブログでもご紹介いたしましたが、12月2日に開催するフラワーアレンジメントの花器に使用するファブリックで作られたカーテンです。
とても美しい艶やかな質感で、デザインはまるでクリスマスプレゼントのリボンのようです。

そして左手前のレースはSAHCO(サコ)の「Poesia」。
後ろに無地のファブリックを重ねてみました。
今年は大人でラグジュアリーなクリスマスディスプレイで皆様をお出迎えいたします。

でも、これが完成ではないのでございます。

12月2日からは、この空間にアトリエヌーヴォーの佐藤志津さんによるフラワー装飾が加わります。

そしてショールームではその佐藤さんを講師に迎えたフラワーアレンジメントレッスンを2日に開催いたします。
レッド全体
現在フラワーレッスンの参加の募集を行っておりますので、ご興味のある方はどうぞこちらをご覧下さいませ。(詳しい内容は前回のブログでご紹介しています)

MANASファブリック&フラワーのコラボディスプレイ。
またレッスンのアレンジとは違うアトリエヌーヴォーのお花をお愉しみ頂けます。
イベントにご参加できない方も、この期間限定のクリスマスディスプレイをご覧になりにどうぞこの機会にお出掛け下さいませ。

カテゴリー: クッション, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, ディスプレイ, サコ, ルベリ |

余暇のひとときに…

まずはGWの休暇のお知らせです。

名古屋ショールームは5月3日(Sun)~6日(Wed)が休館日となります。
また7日(Thu)よりどうぞよろしくお願いいたします。

さて今年のGW、長い方だと12日間の休暇を取られてる方もいらっしゃるそうですね。
もし長いお休みに時間を持て余してしまった時は、気分転換に海外のインテリア写真を眺めて少しだけ非日常の気分を味わってみるのはいかがでしょうか。

MANASでおなじみのブランドのHPにも素敵な写真がご覧いただけます。
これからご紹介するのは、海外のサイトになりますのでご了承くださいませ。
(クリックするとMANASのサイトを離れます)
日本語ではありませんが、ビジュアルで余暇のひとときをお愉しみいただけたらと思います。

RUBERLLI(ルベリ)からは2015年のカタログを。

イタリア・ベネチアに本社を置くルベリならではの写真です。忘れてしまいそうですが、これはあくまでもファブリック(生地)をご紹介するカタログです。このカタログの内容は下記のアドレスから。
http://www.rubelli.com/INTERnet/sito_v5/en/collections/rubelli-venezia/brochure-rubelli

ELITIS(エリティス)

2014年に引き続き新作のクッションもご覧になることができます。
日本でも4月30日から発売が開始されました。青緑のカラーがとても神秘的で涼しげな印象を与えてくれます。麻の素材もこれからの季節にいいですね。
http://www.elitis.fr/en/

JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)からも2015年のカタログです。

アジアンな要素がたっぷりつまったインテリアをお愉しみ下さいませ。
http://issuu.com/strattons/docs/brochure_forbidden_colours?e=1014589/11076333

リゾート気分には
http://issuu.com/strattons/docs/brochure_no.9_anatolia?e=1014589/11076432


GWに入る前にショールームのディスプレイが変わりました。

カテゴリー: エリティス, クッション, ジム・トンプソン, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ディスプレイ, ルベリ |

百花繚乱

春がやってきました! 桜もあちらこちらで満開となり、色とりどりの花々と素敵なハーモニーを奏でていますね ♪ そしてMANASのショールームにも沢山のお花達が仲間入りしました。 そこで今回は「花」をテーマにご紹介していきたいと思います。

Cottage Garden(コテージガーデン)
花、花、花! お花に埋め尽くされたイングリッシュガーデンを連想させるデザインです。 オリジナルは1938年にデザインされたもの。当時の質感やプリントのはみ出したところまでオリジナルを忠実に再現しています。

Salad Days(サラダデイズ)
サラダデイズとは、若かりし頃の青春の日々を意味しているそうです。 あでやかに咲き誇る花々から、若さあふれるエネルギーが伝わってくるような気がします。 こんなカーテンがかかっていたら、一年中お部屋の中は春のままですね。

Cecile Rose(セシルローズ)
20世紀初期のサンダーソンアーカイブの壁紙から取り入れられました。 贅沢なバラのブーケが大胆なストライプの上にデザインされています。 淡いダックエッグブルーのエレガントな配色もあり、ウエディングの支度部屋などにも相応しいお薦めアイテムの一つになりそうです。 こんな空間にいたら毎日がスペシャルになりそうな予感が…

Chelsea(チェルシー)
ケニス・トリューマンの典型的なサンダーソンのフローラルデザインとして、1957年から受け継がれているチェルシー。 バラの代表的なデザインといっても過言ではないかもしれません。
イギリスの伝統的なクラシックな花柄で、華やぎもあるチェルシーは6色展開でご用意していま す。

Hollyhocks(ホリーホック)
一番最初の写真のカーテンに使用されている生地です。 1937年のアーカイブをもとにデザインされました。ホリーホックは日本名でタチアオイ。とても綺麗な配色で構成されていますが、これは当時の流行りのカラーリング方法なんだそうです。 美しいと感じる感覚は今も昔も変わらないものなのかもしれませんね。

以上ご紹介したこれらの花々は、英国Sanderson(サンダーソン)から発表された2015年春夏コレクション『VINTAGE 2』に収録されているものです。
VINTAGE』(ヴィンテージ)といえば、2010年サンダーソン創立150周年を記念して過去の各時代に発表されたオリジナルのデザインを、現在の新たな息吹をもって作られたコレクションで、今回はその第2弾。
20世紀初期から中期のアーカイブのデザインを参考に、当時の風合いを大切にしながらも今というエッセンスを加えて再現されています。 今回はご紹介できませんでしたが、お花だけでなくまたさらに心躍るデザインが収録されています。

「Something old」だけど「Something new」。
この絶妙なバランスがヴィンテージの魅力なのだと思います。 あなたのお部屋にも、新らたにお花アイテムを取り入れてみてはいかがですか。

MANASショールームではファブリックと壁紙のコレクションブックがご覧いただけます。
※モリスからもこの春『Archive Ⅲ』が遂に発表されました。 詳しい内容は大阪スタッフブログで紹介されています。

カテゴリー: サンダーソン, 生地, 壁紙, カーテン・シェード, クッション, , チューリップ, ショールーム情報, バラ, コレクション |

ピンク

夏のセールが無事終わったかと思えば、陽気は一気に秋モードに…
セールにお越し頂きました皆様には、この場をお借りして御礼申し上げます。

さて、今回のテーマは「ピンク」。
オレンジ」に続いてショールームのピンクをご紹介してまいりたいと思います。

ここ近年、ピンク色のアイテムが各ブランドから発表されております。
MANASにおいても、2013年に発表した「MANAS-TEX VOL.15 」では、綺麗なベビーピンクの生地をはじめ様々なピンクが登場しました。

こちらはショールームにあるお馴染みのスツール。

ELITISの生地でこの春張り替えました。(前回のスツール写真


丸いフォルムの淡いピンクのスツール、よーく見ると凹凸にステッチが入っています。


右側のコレクションブックの中には色違いや素材違いのものも。
バックデザイナーさんが身近にいらっしゃったら、クラッチバックをオーダーしたい!!
そんな生地です。

そして入り口正面奥に見えるSAHCOのディスプレイです。

今年のトレンドのピクセル調で花柄がデザインされています。
これもピンクが効いていますね。


この春からのRUBELLIのディスプレイ。

反対色のグリーンとのコントラストがよりピンクを際立たせます。
とてもナチュラルで穏やかな花柄とジャガードに金糸が織り込まれたサーモンピンクのドレープ。

そう、サーモンピンクやコーラルピンクも今年は多く目につきます。

幸せな気分になれるカラー、ピンク。
ベビーピンクからショッキングピンクなどなど、とても幅の広い色ですよね。

さて、皆様はどんなピンクがお好みですか?

カテゴリー: エリティス, クッション, マナテックス, 椅子張生地, インフォメーション, ショールーム情報, ディスプレイ, サコ, ルベリ |