カテゴリー別アーカイブ: ジム・トンプソン

アートな装飾

6月27日、「生活の中のアートな装飾」セミナーを開催いたしました。

講師には名古屋に在住のテーブルコーディネーター&ギャラリストの都木早苗さんを迎え、日頃語られることのない、装飾が出来上がるまでの過程の中で都木さんが心掛けていらっしゃる大切なことを、実際のディスプレイを目の前にお話しいただけるという特別な時間となりました。

光と影、素材、色、そして間。
いろいろな要素が絡み合ってできあがっていくディスプレイ。
今回は都木さんプロデュースでMANASの壁紙や生地を使って製作した「衝立(ついたて)」「掛け軸」「額装」をベースに3つの世界をつくっていただきました。

衝立

台湾や中国、韓国のお道具や器を使って、お茶の室礼を。
衝立には京都の組み紐を飾っています。
壁紙はJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の「YLANG(イラン)」W01026-10。
所蔵している19世紀のシノワズリデザインよりインスピレーションをうけたもの。

掛け軸

JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の盆栽柄の壁紙でシンプルな掛け軸を製作。
こんな掛け軸ならモダンな和空間にも合いそうですね。
クリスタル、木、和紙、漆器、石、そして古いものと新しいもの、すべてがMIXされたディスプレイ。
麻糸のベージュ色の繋がりも空間に組み込まれています。

額装

PURE MORRISの生地を額装に。
白色の世界ですが、とても温かみのある白色がグラデーションとなって繋がります。

このセミナーで感じたこと…
すべては偶然の配置ではなく、必然であったということ。

そして西洋のような左右対称ではなく、アシンメトリー、非対称の配置。
都木さんが作り出す世界は、日本人ならではの昔からもっている感覚を大切に盛り込まれたものでした。このセミナーを通して、日々の暮らしや日本の自然、歴史をもっと意識してみたくなりました。

セミナーの様子はInstagramのほうでも更新しています。今回使用した商品の品番もご確認いただけます。

マナトレーディングでは、時折、セミナーやワークショップなどイベントを開催しております。
HP上やブログ、インスタ、フェイスブックからもご案内しておりますが、メールインフォメーションにご登録いただくと、こういった情報をメールアドレスへお届けします。まだの方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にご登録くださいませ。
メールインフォメーション http://www.manas.co.jp/manas-mail-information/

カテゴリー: 生地, 壁紙, ジム・トンプソン, 小物, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, ディスプレイ |

SNS

数年前までは全く聞き慣れなかった「SNS」というフレーズ。
でも今では日常茶飯事にニュースや雑誌、ネットなどでも登場し誰もが知っているフレーズになりましたね。
jt-facebook

マナトレーディングでは2011年からブログをスタートしました。今もとてもアナログな発信として東京、大阪ショールームと共に「コト」や「モノ」について更新中です。

そしてパソコンならばMANASホームページの右上の画面を、
スマホなら右上のメニューボタンから入ると一番下のところにご注目を。
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e7%94%bb%e9%9d%a2
(↑スマホ画面です)
お気づきでしたか?『ショールームブログ』の横に「facebook」と「Instagram」のアイコンがあることを。
2014年の夏からは「facebook」(フェイスブック)も始まり、またブログとは異なった角度からMANASをご覧いただくことができます。
manas-facebook

そしてそして、この秋から「Instagram」(インスタグラム)が始動したところです!
manas-instagram
百聞は一見にしかず。多くを語らなくとも写真一枚でMANASの‘今’を感じていただけるようになりました。
日進月歩、情報は様々なカタチで収集していただける今、また皆様にもMANASとの新しい出会いがありますようにと願います。
冒頭の写真はJIM THOMSON(ジム・トンプソン)のフェイスブック(2016年11月18日付)から。
ショールームで毎日みているディスプレイ(光景)が、海の向こうのタイから発信されたことに驚きと嬉しさと…そして「SNS」の繋がりをあらためて実感した瞬間でした。

12月も下旬。年末年始の過ごし方は十人十色いろいろとあると思います。
長時間の移動の道中や新年の行事、お仕事が終わり“ホッ”とできる自分だけの時間ができた時、もしよろしければこのブログのことを思い出してください。
海外のブランドでもSNSから素敵な写真が日々更新されていますのでまとめてみました。
ここを入り口にジャンプして世界のインテリアの写真や記事で、ひとときを愉しんでいただければ嬉しいです。(※MANASサイトを離れます)

RUBELLI(ルベリ)  facebook / Instagram
SHACO(サコ)  facebook / Instagram
JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)  facebook / Twitter
ELITIS(エリティス)  facebook / Instagram

MANAS  facebook / Instagram

また今年最後に第二弾としてその他のブランドもご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに。

カテゴリー: エリティス, ジム・トンプソン, インフォメーション, ショールーム情報, サコ, ルベリ |

トリム使い

すっかり秋も深まってまいりましたね。
ショールームの方もようやく秋冬コレクションがほぼ出揃い、ディスプレイも変化しました。

そこで、今回はショールームのディスプレイにもよく登場するトリムにスポットを当ててご紹介したいと思います。
%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a0

まずは、今週新しくなったJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)のディスプレイから。
2016aw-%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%be%91%ef%bd%a5%ef%be%84%ef%be%9d%ef%be%8c%ef%be%9f%ef%bd%bf%ef%be%9d
2016年10月に発売された新作『NEW YORK STORIES』。
ジム・トンプソンが建築家としてNYで活躍していた時代と同じ頃の1920~30年代に流行していたアールデコ様式。そんな時代からインスピレーションを受けたデザインが揃うコレクションをメインにカーテンやクッションを製作しました。

クライスラービルからインスピレーションを得た「Chrysler」に施されたボーダーは、2016春に発売された『PRECIOUS METALS』にある「T003-03」。
t003-03
端から50㎜内側にI型で取り付けたメタル色のボーダーが、カーテン自体の存在感を一層惹き立てます。

その手前にあるクッション達にも周囲にフリンジを施しました。
t009-03
まずは後のオレンジ色のクッションの生地「Waldorf」は、1930年代当時人気の高かったウォルド-フホテルの尖塔状の屋根からインスピレーションを受けたそうです。
ループ状のフリンジは『NAGA』より「T010-07」。
t010-07

前にある横長のクッションには同コレクションより「T009-03」のボーダーを。
実は春からディスプレイしているこちらのクッションにも同じボーダーが使用されていますが、スクエア型にデザインを替えるとこんな風に雰囲気が変わります。
t009-03-another

ちなみに、カーテンにはNo.9 THOMPSONの『BANDS OF COLOR Ⅱ』の「TR1012-03」と「TR1013-03」のガラスビーズのフリンジとテープが並行して取り付けられています。
tr1013-03

最後に、モダンでお洒落なトリムを。
%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%ba
クッションのベースはMANAS-TEX VOL.16で登場した「ウィズ」、起毛したコットン100%のカラフルな色展開の無地です。
そこにフランスのHOULES(ウレス)『FAÇON CUIR』のこちらもカラフルなステッチの入ったパイピングコード「31106」からセレクト。
houles
31106
コントラストをつけたそれぞれのセレクトで、POPでモダンなクッションに仕上がりました。

今回ご紹介したトリムはほんの一部で、ショールームではいろいろと豊富にお取り揃えしております。今年は「MANAS-TEX」からも新たなトリムが登場いたしました。

まずは小さなクッションからトリムを取り入れられてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したトリムは各ブランドの本国サイトでご覧になることができます。
(クリックするとMANASのHPを離れます)

*JIM THOMPSON
*HOULES

カテゴリー: クッション, ジム・トンプソン, インフォメーション, コレクション, VOL.16, トリム |

チェア(Before編)

ショールームの椅子たち、少しずつ変身しているのはご存じでしょうか?
名古屋ショールームのブログでも過去に何度かご紹介していましたが、今回改めてご紹介したいと思います。

こちらの椅子は全て同じデザインなのですが、背景にあるディスプレイに合わせ、それぞれに別々の生地を張地として使用しています。
チェア1
左から、RUBELLI(ルベリ)、Sanderson(サンダーソン)、JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の張地です。

そして、こちらのスツールは今年の春チェンジしたばかり。
スツール
毎回ELITIS(エリティス)の生地で張り替えていましたが、今回右上のモザイク柄の生地はDominique Kieffer(ドミニク・キーファー)の2015秋冬コレクションよりセレクト。

ソファー
ソファー2
RUBELLIの空間にあるこちらのソファーは、現在RUBELLIの「Monet」が張られていますが、過去にはELITIS(エリティス)やSAHCO(サコ)が張られていました。
ELITIS

IMG_2372

モリスコーナーにあるクラシカルなチェアは、以前のブログでBefore、Afterでご紹介して以来、ショールームがリニューアルなど大きく変化する中、ずっとここで変わらずにいてくれる貴重な存在です。
IMG_5223_R

名古屋に限らず、東京、大阪のショールームも年に数回ディスプレイが変わり、常に新しいアイテムに囲まれ変化していきます。でも椅子だけはずっと長い間同じものを使い続けています。
その時々のトレンドやディスプレイに合わせ、張地だけを変化させていっているのです。古いものだけどいつも新鮮にショールームを彩る実用アイテムとなっています。

そこで、今回MANASのHPでもご案内している「椅子の張替え実演」は、こういった変化の過程を皆さまにも是非見て頂けたらと企画いたしました。
現在ご愛用されている椅子も、もしかしたら生地を張替えすることで蘇り、新たな魅力を引き出せる可能性を秘めているのかもしれません。

現在ショールームでは参加者を募集しております。定員まで残り僅かですのでご興味のある方はお早めにお申し込み下さいませ。

Before
こちらが今度実演する張替え前の「Before」写真です。
名古屋市内にあるアンティーク家具の「フランドル」様にご協力頂き、椅子をご用意いたしました。

さて、6月4日のイベントでどんな風に変身するのかは来月のお楽しみに。。。

カテゴリー: エリティス, サンダーソン, ジム・トンプソン, 椅子張生地, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー, サコ, ルベリ |

1月

あけましておめでとうございます。
2016年、本日よりスタートいたしました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

名古屋ショールームでは今月27日、28日に恒例のセールを開催いたします。
また準備が進んできましたら、ご案内したいと思います。

そして、1月は東京ドームに於きまして「東京国際キルトフェスティバル」が開催。
今回は特別企画として皆さまにもお馴染みのウイリアム・モリスが特集されます。
モリスの生地をベースにキルティングを施した作品なども展示されるなど、モリスファンの方にとってもとても興味深いイベントです。
会期中の121(木)16001630/122(金)16001630には、Sanderson社元CEO/マイケル・パリー氏が来日し、会場で出展品などをご紹介いたします。
現在、名古屋ショールームでも割引チケットをご希望のお客様にお渡ししております。(枚数に限りがありますので無くなり次第終了となります。何卒ご了承ください。)
詳しい情報はこちらのNEWSでご確認下さいませ。

2016年も早々よりイベントも始動しています。
こういったイベント情報なども、MANASのHPやブログ、facebookからも発信してまいります。
是非チェックして下さいね。

ARUN 全体
干支にちなんだおまけです!
この壁紙の中にサルがいるのですが、わかりますか?
写真はクリックすると拡大します。もし良かったら探してみて下さいね!!

*写真 JIM THOMPSON 「Arun

カテゴリー: サンダーソン, セール, ジム・トンプソン, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント |

余暇のひとときに…

まずはGWの休暇のお知らせです。

名古屋ショールームは5月3日(Sun)~6日(Wed)が休館日となります。
また7日(Thu)よりどうぞよろしくお願いいたします。

さて今年のGW、長い方だと12日間の休暇を取られてる方もいらっしゃるそうですね。
もし長いお休みに時間を持て余してしまった時は、気分転換に海外のインテリア写真を眺めて少しだけ非日常の気分を味わってみるのはいかがでしょうか。

MANASでおなじみのブランドのHPにも素敵な写真がご覧いただけます。
これからご紹介するのは、海外のサイトになりますのでご了承くださいませ。
(クリックするとMANASのサイトを離れます)
日本語ではありませんが、ビジュアルで余暇のひとときをお愉しみいただけたらと思います。

RUBERLLI(ルベリ)からは2015年のカタログを。

イタリア・ベネチアに本社を置くルベリならではの写真です。忘れてしまいそうですが、これはあくまでもファブリック(生地)をご紹介するカタログです。このカタログの内容は下記のアドレスから。
http://www.rubelli.com/INTERnet/sito_v5/en/collections/rubelli-venezia/brochure-rubelli

ELITIS(エリティス)

2014年に引き続き新作のクッションもご覧になることができます。
日本でも4月30日から発売が開始されました。青緑のカラーがとても神秘的で涼しげな印象を与えてくれます。麻の素材もこれからの季節にいいですね。
http://www.elitis.fr/en/

JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)からも2015年のカタログです。

アジアンな要素がたっぷりつまったインテリアをお愉しみ下さいませ。
http://issuu.com/strattons/docs/brochure_forbidden_colours?e=1014589/11076333

リゾート気分には
http://issuu.com/strattons/docs/brochure_no.9_anatolia?e=1014589/11076432


GWに入る前にショールームのディスプレイが変わりました。

カテゴリー: エリティス, クッション, ジム・トンプソン, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ディスプレイ, ルベリ |

ライブラリー

ショールームの一角にこんなスペースがあります。
リニューアルした際に新たに設けられた書斎コーナーです。 どんな本が並んでいるのか、名古屋ショールームにお越し頂いたことのある方、ご覧になられたことありますか?
意外とディスプレイとして溶け込んでいるためか、気づかれない方のほうが多いかもしれません。 そこで今日は書棚の一部をご紹介したいと思います。


この春2年ぶりに新作が発表されたWilliam Morris(ウイリアム・モリス)の関連書籍。
この中には、MANASのスタッフがイギリスに出張した折に現地で購入してきたものだったり、1997年に日本で開催した「ウイリアム・モリス」の展覧会のカタログ本などもございます。
そして今年3月に東京で行われたモリスセミナー 「A SUMMER RETREAT」でお招きした、マイケル・パリー氏(モリスのデザインを今に引継ぐ英国王室御用達ブランド、サンダーソン社の前最高責任者)著書の本も。


こちらは、Nina Champbell(ニナ・キャンベル)のインテリア本。
ショールームのサンプルだけでは想像できないニナ・キャンベルが創り出すインテリアの世界が、写真を通して実感していただける2冊です。


タイのJim Thompson(ジム・トンプソン)
今年は新たなデザイナー、Ou Baholyodhin(ウー・バホリオディン)氏が手掛けた新作コレクションが発表されたばかり。(大阪スタッフブログで関連記事が掲載されています)
色鮮やかなタイシルクが現在に受け継がれていくなかで、ジム・トンプソンの世界や精神は生き続けているのだなと、これらの本からも伝わってきます。

そして、こんな洋書たちも。

クラシカルなカーテンのデザインの参考にもなります。 左上の本には、今年とても流行している縁にボーダーが 入ったカーテンが写っています。(ベースはホワイトですが、センターの合わせの部分や裾にブラックの生地で切り替えしているカーテンの写真のことです)

その他にも、これまでMANASに関連した雑誌や書籍も並んでいます。
いかがですか、名古屋ショールームライブラリー。
すべてはご紹介しきれませんでしたが、なかなか書店に置かれていない貴重な本など読みどころ満載です。

最後にこちらの本。

以前、名古屋ショールームで行った刺繍のワークショップで講師を務めて頂いた大塚あや子先生のご本です。 再びご縁ありまして、6月23日(火)に「麻のある暮らし」をテーマに名古屋ショールームでお話しいただくことになりました。
刺繍だけでなく、麻にも精通されている先生のお話は、私達スタッフも今から心待ちに愉しみにしております。
またイベントの詳細は、来月こちらのブログからもお知らせいたしますね。どうぞお楽しみに ♪

カテゴリー: サンダーソン, ジム・トンプソン, 小物, ニナ・キャンベル, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, 刺しゅう, ワークショップ |

NEWショールーム

名古屋ショールーム、リニューアルからひと月が経ちました。

今までのショールームをご存じの方々は、来場されるとまずはその変身ぶりに驚かれるようです。
私達にとってはとても嬉しいリアクションをこの一ヶ月頂いております。

まずはVol.1と題して、今回は写真でご紹介して参りたいと思います。

リニューアルにより、エントランスから右手に新しいコーナーが広がりました。



SAHCO(サコ)ELITIS(エリティス)JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)など海外のブランドのディスプレイも勢揃い。


その奥にはPORTA ROMANA(ポルタ・ロマーナ)がご覧いただけるコーナーを新設いたしました。
カタログだけでは伝えられない雰囲気やサイズ感も実感していただくことができるようになりました。
そして壁面にはELITISのクロスがさりげなく貼られています。こちらにも是非ご注目下さいませ。

こちらがショールームの夢を実現した場所、RUBELLI(ルベリ)の空間です。
まるでどこかホテルにいるような…ここにいるとそんな居心地の良い至福の時間が流れます。
ここはMANASから皆様にご提案できるインテリアを空間演出として初めて創りました。
ソファやチェアも勿論RUBELLIのファブリックで作られています。
またこの空間については、別の機会に具体的にご紹介して参りたいと思います。

是非お近くに寄られましたら、ショールームでご体感下さいませ。
皆様のお越しをお待ちしております。

カテゴリー: エリティス, ポルタ・ロマーナ, ジム・トンプソン, 椅子張生地, インフォメーション, ショールーム情報, ディスプレイ, サコ, ルベリ |

オレンジ

2014年7月の名古屋ショールームの光景。

ふと気がつくと、最近オレンジ色がいろいろなところに登場しています。

正面のパネルカーテンは2014年春夏コレクションのジムトンプソン
『TEMPLE OF DAWN』と『NO.9』でコーディネートされています。

手前のジムトンプソンコーナーにはオレンジの生地で椅子張りされたチェア。


現在は『INTARA』で張られてます。

そして右手前の衝立てには…

エリティスのクロスが貼られています。

モザイク調もしくは今年のトレンドのピクセル調の柄がとても絶妙な色彩バランスでデザインされています。

さらにNEWアイテムにもオレンジ色が!

Scion(サイオン)から発売された『Mr. Fox』のクッションです。

ファブリック、クロス共にとても人気の高い『Mr. Fox』がクッションになって7月から登場しました。
この胴長な体格に合わせて(?)横長の可愛いフォルムになっています。
こちらは、ショールームで販売しておりますので、気になる方は是非一度チェック下さいませ。

最後にこちらもオレンジでした。

エリティスのクロス。昨年よりエントランスから見える収納棚に貼られています。

バラエティーに富んだMANAS名古屋ショールームのオレンジ色。
この“今”がまた愉しい空間となっています。

* オレンジ・・・創造力を刺激する 温かい 居心地がよい色

カテゴリー: エリティス, 壁紙, クッション, ジム・トンプソン, 小物, 椅子張生地, サイオン, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ディスプレイ |

TEMPLE OF DAWN

タイ、バンコクを代表する寺院の一つ、「TEMPLE OF DAWN」。写真提供:タイ国政府観光庁)

チャオプラヤー川沿いにそびえたつ寺院は、観光ブックや現地では「ワット・アルン」の名前で親しまれており、日本では三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台としても知られています。

2014年春、タイのJIM THOMPSON(ジム・トンプソン)から届いたNEWコレクション、これが「TEMPLE OF DAWN」

今期のジム・トンプソンの代表的なこのコレクションは、その名前の通り、朝日を浴び川面に映るきらめく仏塔、「暁の寺」にインスピレーションを受けたものなのです。
日本での発売前から、海外では既に話題となりスタッフ達も注目していたこのコレクションを今回はご紹介したいと思います。

Arun

エキゾチックな風景柄。ヨーロッパのトワレ柄とはまたひと味ちがう趣があります。
アジアならではの緑青などの色使いとバティック風プリントの影響でしょうか。
寺院の壁画からとられた熱帯植物の森の中を動物達が駆け回る様子が描かれたこの風景こそ、仏教の宇宙観を表しているそうです。

この柄を見てなんだか日本的な「何か」が浮かびませんか?

スタッフのファーストインプレッションは、京都の高山寺で有名な「鳥獣戯画」でした。
ということは…!
このデザインならば日本の和室にも自然に溶け込んでくれるのではないでしょうか。
Arunは生地だけでなく幅広サイズの壁紙もございます。モダンなインテリア空間の中で、壁紙を襖にご使用いただくのも粋で素敵だと思います。



現在の名古屋ショールームのディスプレイです。

左からNivet、Arun、Prasi。

Nivet」は降り始めのモンスーンの雨が水たまりに描く雨粒の跡を表現。
シルクコットン地の上に宝石のように雨粒がちりばめられています。
なんだか雨音までもが聞こえてきそうです。
この生地にはエレガントな王室のタイ寺院の名前がつけられています。

Prasi」。信者たちによって供えられる長いチェーン状の花輪たちに彩られた、バンコクでもっとも華やかなヒンドゥー教の混じった寺院にちなんで名づけられました。
ジム・トンプソンならではの手織りシルクの美しいグラデーションストライプ。
特にディスプレイに使用したこの色は、寺院の屋根の色をイメージしているのだそうです。

タイシルクで世界的に知られるジム・トンプソン。
アメリカ人の彼がなぜタイでシルクの会社を立ち上げていったのか。
その理由は大阪スタッフブログの「SILK STORY」で解き明かされています。
是非、こちらも併せてご覧下さいませ。

※ワット・アルンの写真につきましては、無断転載・複写・複製はご遠慮願います。

カテゴリー: 壁紙, ジム・トンプソン, 椅子張生地, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, ディスプレイ |