カテゴリー別アーカイブ: イベント

イベント告知
途中経過
レポート

生活の中のアートな装飾

お待たせいたしました。
前回のブログでご紹介しましたセミナーのご案内です。

6月27日(火)、名古屋ショールームでは『生活の中のアートな装飾』をテーマに、テーブルコーディネーター&ギャラリストとしてご活躍されている都木早苗(タカギサナエ)さんにお話しいただきます。

これまで都木さんご自身が綴られてきた過去のブログからも、様々なものへの確かな審美眼と洗練された感性が感じられるのですが、そうして都木さんのもとに集まったものから作り出される世界観がまた私たちの心を惹きつけます。
冒頭の写真の額装には、PURE MORRIS(ピュア モリス)の「Pure Strawberry thief 」の生地が使われています。
今回のセミナーではどんな世界観をご紹介いただけるのでしょうか。是非当日のお楽しみに。
皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時 : 6月27日(火) 13 : 30 ~ 15 : 00
会場 : マナトレーディング名古屋ショールーム
参加費 : ¥3,000(ラ・メゾン・デ・レギューム特製小菓子付)
※セミナー当日受付にてお支払ください(カード不可、現金のみ)

お申込み方法 : お名前、ご住所、電話番号をご記入の上、
メール(info.nagoya@manas.co.jp)又はFAX(052-238-6880)にてお申込みください。

お申込み締切 : 6月16日(金)まで
※キャンセルの場合は6/20(火)までにご連絡ください。

【プロフィール】
アトリエ・イリヤ・スロー代表 都木(たかぎ)早苗
「コーディネーションアカデミージャパン」ホテルニューオータニ東京校で
空間・環境デザイナー、秋篠野安生に師事。アシスタントを経て、2003年にテーブルコーディネーターとして名古屋で活動を始める。
2013年ギャラリー「ラ・メゾン・デ・レギューム」をオープンさせ、
ギャラリストとして活動。2015年より「日本文化と室礼」のセミナー開講。
ラ・メゾン・デ・レギュームHP : http://www.lamaisondeslegumes.com/
※現在は上記のHPをメインに発信されております。

カテゴリー: 生地, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー |

6月のお楽しみ

とても気持ちの良い季節になりましたね。
ショールーム近くにあるセントラルパークの樹々も青々と茂っています。

名古屋ショールームでは、6月の梅雨の季節のお楽しみとしてセミナーを計画しております。

セミナーでお話しして頂くのは、名古屋市内に在住のテーブルコーディネーター&ギャラリストの都木早苗(タカギ サナエ)さん。

都木さんとは2015年に都木さんが営むカフェ&ギャラリーで“ART DE VIVRE 「絵画のような布」展”をコラボ企画として開催したご縁がございます。

当時、開催に向けてMANASの生地を選ぶところから始まり、テーブルクロスやティーコゼーなど様々なものを製作しディスプレイして下さいました。都木さんの洗練された感性が随所にみられる素敵な展示になりました。
この企画展を通して、私達スタッフも生地の可能性の広がりにとても多くのことを学ぶきっかけを頂きました。
当時の企画展の様子はこちらのブログでご紹介しておりますので、是非ご覧くださいませ。

そして、2017年の6月、私達も待望していた都木さんによるセミナーがショールームで実現する運びとなりました。
セミナーのテーマは『生活の中のアートな装飾』。また詳しい内容は後日のブログでご案内したいと思います。

こうしている今も都木さんの方では、既にいろいろとアレンジをして下さっています。
もしよろしければ、都木さんのHPも併せてご覧くださいませ。
ラ・メゾン・デ・レギューム

カテゴリー: サンダーソン, 生地, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー, ディスプレイ |

セール!

2017年。
年が明けセールの季節が到来です!

東京の代官山セールが14日で終わり、次は名古屋でアウトレットセールを開催いたします。
日程は2月1日(水)、2日(木)の二日間。
セール2017

Mail Infomation」にご登録されている方には年明け早々にセールのご案内の配信が届いていたかと思います。(ご登録がまだお済でない方はこちらをご覧くださいませ→

初めてセールのことをお知りになる方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明いたしますと…
名古屋の場合、この2日間だけショールームがハギレのアウトレットセール会場に変身いたします。
ハギレにも大、小さまざまございますので、パッチワークやキルトなどをされる方は小さめの生地を選ばれると良いですし、逆に3Mカットの生地ともなりますと、ベッドカバーやテーブルクロスなどに仕立てられる方もいらっしゃいます。レース生地などでは、ヘアアクセサリーを作られる方もいらっしゃるようです。
また、ご購入された生地でクッションカバーのお仕立てなども特別に承わりますので、洋裁が苦手な方もご安心ください。
そして既に出来上がったオリジナルクッションカバーやバックも販売いたしますので、近くにお越しの際にはお気軽に覗いてみて下さいね。

春の新学期に向けて、そしてお部屋の模様替えにカバンやクッションの計画はいかがでしょうか。この機会にお気に入りの生地を見つけていただけたらと思います。

セールのご案内はMANASのHPのほうで詳細をご連絡しております。

名古屋ショールームの鳥たち
%e9%b3%a5%ef%bc%91
Persico 131849(FAUVISIMO コレクションより)。
大阪ブログでもご紹介がありましたが、2016秋には、このファブリックと仲間の壁紙が発売されました。レイアウトが変わるとまた新鮮に映ります。

trestandingovation_r
Persico 111486(STANDING OVATION コレクションより)。

最後になりましたが、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
いろいろな角度からMANAS情報をお届けしていきたいと思います。

カテゴリー: ハーレクイン, セール, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, コレクション |

モリスを深める秋

「PURE MORRIS」(ピュア モリス)が発売されて、一ヶ月が過ぎました。
pure-wp-lodden-main-portrait-v1

モリスがお好きな方には勿論のこと、これまでモリスにご関心がなかった方も「えっ、これがあのモリスなの!?」と見本帳を広げてご覧いただいております。

名古屋ではテーブルクロスやティーマットにしても素敵ねというお声も。
小さなサンプルからどんなかたちでその生地を使おうかイメージを膨らませてもらえていることが何より嬉しい感想です。ありがとうございます。

「PURE MORRIS」についてのご紹介は、HPの特設ページ東京ショールームブログもご覧くださいませ。

pure-morris
見本帳がこれまでのモリスグリーンからナチュラルな色に変わり、一瞬モリスとは気がつかない方も多いのではないかと思います。
そう、今回はこれまでのモリスになかったモノトーンの世界でまとめられたコレクションなのです。

皆様にもお馴染みの「イチゴドロボウ」もこんな風にナチュラルな色合いになると、「洗練」という新たな魅力が生まれました。
pure-fb-strawberry-thief-detail-v2

そんな新しいモリスの新作をご紹介する機会として、「ウイリアム・モリスの今と出会う」をテーマにしたセミナーを名古屋でも開催することになりました。なぜモノトーンの世界がうまれたのか?その謎も解き明かされることでしょう。
もちろん新作の生地や壁紙などもご覧いただけます。

芸術の秋のひとときを、新しいモリスの世界に出逢ってみませんか。

ウイリアム・モリス没後120周年
「PURE MORRIS」発売記念セミナー
『~ウイリアム・モリスの今と出会う~』

セミナー開催日時 : 11月2日(Wed) 第1回 11時~12時、第2回 15時~16時
会場 : マナトレーディング 名古屋ショールーム
定員 : 各回 50名
申込〆切 : 10月26日(Wed)迄

お申込み方法は、お名前、貴社名(一般の方は個人とご記載下さい)、ご住所、電話番号をご記載の上、メール(info.nagoya@manas.co.jp)またはFAX(052-238-6880)にてお申込み下さいませ。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

カテゴリー: 生地, 壁紙, モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, コレクション, セミナー |

夏季休暇とその後…

連日の猛暑、オリンピックに甲子園、今、一番アツい時ですね。

さて、マナトレーディング名古屋ショールームは8月11日(木)~15日(月)まで夏季休暇を頂きます。
また16日(火)より通常営業となりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

そして…
その後 Part①。
6/10の名古屋』のブログでご紹介した未完成のコーナーが、その後完成いたしました。
オペラ
(写真の写りが実際より暗くなっています)

上飾りもついた正統派なクラッシックスタイルです。
ルベリの壁紙が程よい透け感でみえるレースは「チアロ 3」。落ち感もとてもしなやかなチュールレースです。
ふんだんにあしらわれたフリンジ使いも、是非ショールームでじっくりご覧いただけたらと思います。
オペラ ディスプレイリスト

その後 Part②。
24日(水)、25日(木)の2日間はアウトレットセール開催いたします。
セール
今までショールームに一度もご来場頂いたことのない方でもご自由にご来場頂けます。
クッションやテーブルクロス、お稽古バックにポーチなどの小物雑貨をハンドメイドする方にもおすすめのセールです。
どうぞ足をお運び下さいませ。皆さまのお越しをお待ちしております。

まだまだ残暑きびしい時期、体調管理を万全にどうかお過ごしくださいませ。

 

カテゴリー: インフォメーション, イベント, コレクション, VOL.16 |

チェア(After編)

今回のブログはモリスコーナーの写真からスタートします!
新モリスコーナー

6月は衣替えの季節。
名古屋ショールームでは、HPの中でもご案内していましたイベント「椅子の張替え実演」を今月4日に開催し、ご参加頂いた皆さまの前で3脚の椅子たちが職人さんの手によって衣替えをしました。
前回のビフォーに続き、完成したチェアのアフターをメインにご紹介していきたいと思います。

まず最初にダイニングチェアから。
①アフター
よくご家庭でもご使用になられている一般的なタイプではないでしょうか。
こちらには、OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)の新作「Basie」(F6870-05)を。
①ブック
もともとはベージュ色でよくあるビニールレザーの張地だったのですが、生地に張り替えてみると印象は北欧モダンに。

そして次に登場したのはアンティークのスツールです。
こちらは職人さんの手持ちのもので、座面のウレタンやカバーも事前に準備くださっていましたので、イベントではカバーを被せていく工程から実演していきました。
②ヌード
この写真はカバーを被せる前の下地のウレタンが施された状態です。
座面が白くみえていますが、ここには座り心地に配慮して3種類ほどの硬さのウレタンや綿が施され、見えないところにも職人さんの真心ときめ細やかな技が宿っていることを再認識。
張地はLORCA(ロルカ)の新作「Calina」(MLF2271-20)。
②ブック
②ブック中
生地だけで見ているとこころなしか地味のような気がしますが、実際に張っていき仕上げに鋲(びょう)が施されると印象はガラリと変わりました。
②鋲打ち
鋲
このスツールにこの生地を選んで大正解です。
イベントではご参加頂いた皆さまがお一人ずつ手に取り触れながら完成品をご覧になられていました。
せっかくなので、こちらのスツールは期間限定で特別にお借りして暫くの間ショールームで展示させて頂くことに致しました。
是非この機会にショールームで完成した実際のスツールをお手に取りご覧下さいませ。

最後は前回のBefore編でご紹介したアンティークのチェア。
③ビフォー

座面にはベルベットの幾何学模様の生地「Astora」(F6836-03)を張りました。
③ブック

今回のチェアはなんと座面が木枠にはめ込んであるだけのタイプだったそうなので、私達が想像していたよりも短い時間で張り替わりました。写真で簡単に工程をご紹介します。

①丁寧に生地を取り外します。
取り外し
②生地で覆い張り込んでいきます。(ウレタンの状態が良かったためそのまま使用)
生地巻き
③椅子の台座にはめ込みます。
③椅子本体

③アフター
いざ完成です。

週が明けた今日、このチェアはさらに衣替えをして冒頭の写真のようになりディスプレイとしてデビューいたしました。お気づきになられましたか?
モリスコーナーはただチェアが変わっただけなのですが、前回のブログでご紹介した時とはまた違う雰囲気に生まれ変わりました。

そして現在、打合せで使用していたチェアの内、4脚が衣替え中です。
さて、どんな風に変身してくるのかはショールームに来場された時のお楽しみに。
またブログでもご紹介していきたいと思います。

カテゴリー: モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, コレクション |

チェア(Before編)

ショールームの椅子たち、少しずつ変身しているのはご存じでしょうか?
名古屋ショールームのブログでも過去に何度かご紹介していましたが、今回改めてご紹介したいと思います。

こちらの椅子は全て同じデザインなのですが、背景にあるディスプレイに合わせ、それぞれに別々の生地を張地として使用しています。
チェア1
左から、RUBELLI(ルベリ)、Sanderson(サンダーソン)、JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の張地です。

そして、こちらのスツールは今年の春チェンジしたばかり。
スツール
毎回ELITIS(エリティス)の生地で張り替えていましたが、今回右上のモザイク柄の生地はDominique Kieffer(ドミニク・キーファー)の2015秋冬コレクションよりセレクト。

ソファー
ソファー2
RUBELLIの空間にあるこちらのソファーは、現在RUBELLIの「Monet」が張られていますが、過去にはELITIS(エリティス)やSAHCO(サコ)が張られていました。
ELITIS

IMG_2372

モリスコーナーにあるクラシカルなチェアは、以前のブログでBefore、Afterでご紹介して以来、ショールームがリニューアルなど大きく変化する中、ずっとここで変わらずにいてくれる貴重な存在です。
IMG_5223_R

名古屋に限らず、東京、大阪のショールームも年に数回ディスプレイが変わり、常に新しいアイテムに囲まれ変化していきます。でも椅子だけはずっと長い間同じものを使い続けています。
その時々のトレンドやディスプレイに合わせ、張地だけを変化させていっているのです。古いものだけどいつも新鮮にショールームを彩る実用アイテムとなっています。

そこで、今回MANASのHPでもご案内している「椅子の張替え実演」は、こういった変化の過程を皆さまにも是非見て頂けたらと企画いたしました。
現在ご愛用されている椅子も、もしかしたら生地を張替えすることで蘇り、新たな魅力を引き出せる可能性を秘めているのかもしれません。

現在ショールームでは参加者を募集しております。定員まで残り僅かですのでご興味のある方はお早めにお申し込み下さいませ。

Before
こちらが今度実演する張替え前の「Before」写真です。
名古屋市内にあるアンティーク家具の「フランドル」様にご協力頂き、椅子をご用意いたしました。

さて、6月4日のイベントでどんな風に変身するのかは来月のお楽しみに。。。

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, イベント, セミナー |

モリス再び@京都

ここ最近名古屋の街の至るところで、4月29日から始まる美術展などのイベントポスターが大きく貼られています。今年のGWも各所でいろいろと催しが開催されるようです。

そして京都でも。
先日のブログでもご紹介した「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン」の企画展が明日29日より京都市文化博物館において開催されるとのこと。
今年の冬、東京の汐留ミュージアムで開催されていた企画展ですが、植物がお好きな方、アートがお好きな方だけでなく、モリスのファンの方にも嬉しい展示がございました。
前回お見逃しになられた方、そして京都へ出掛けられる機会のある方、よかったら是非チェック下さいませ。

京都市文化博物館
2016年 4月29日(金・祝)~6月26日(日)
※詳しくはHPにてご確認下さいませ。

こちら名古屋からも新幹線で40分の場所、京都。
150年前のモリスにも逢える京都へタイムスリップの旅はいかがでしょうか。
フルーツ
この写真は「MORRIS ARCHIVE WEAVES」の見本帳に掲載されているものです。この写真の「FRUIT」は1864年の作品の画像写真ですが、会場ではその頃の作品の実物がご覧になれると思います。

最後にこのGW期間中の名古屋ショールーム休館日のお知らせです。

4月29日(金)
5月1日(日)、3日(火)~5日(木)
(※4月30日(土)は営業日ですが、18:00までとなります。)

どうぞ宜しくお願いいたします。

カテゴリー: モリス, インフォメーション, ショールーム情報, イベント, ボタニカルアート |

今年のトレンドは?

最新版の『manas infomation』(通称:マナ通信)が発行されました!
マナ通信

今週からショールームをご来場になられたお客様にお配りしております。

今回で「Vol.51」となる最新号では、2016年1月にヨーロッパで開催された見本市からみた今年のインテリアトレンドの最新レポートが特集されております。

「トレンド」というと、インテリアに限らず洋服などのファッションや車なども毎シーズントレンドが発信されていますよね。
本来はそれぞれジャンルが異なるのですが、意外と‘色’などリンクしている年もあったりするので、少しだけ意識をして街中を観察してみると「今」がみえてきて面白いものです。

さて、今年のインテリアのトレンド色は…
* パステルカラー
* ブルー
* グリーン
* イエロー
* オレンジ

03_R
OL WP_R
PAGEANT グリーン_R
SAHCO_CoolColours_RPAGEANT_R

また柄では幾何学模様(グラフィック柄)もトレンドです。特にギザギザ模様がここ最近増えてきています。
OL ギザギザ_R

なんとなくイメージ、掴めましたでしょうか?

今週、プロの方に向けたトレンドセミナーを名古屋ショールームでも開催いたしました。
すると会場内にはちらほらイエローやブルーをお召しになられている方が!
やはりこれもファッションとリンクしているのかしらと思う瞬間でした。

是非、ショールームで「manas infomation」を手に取って、2016年の「今」を感じてみてください。

P1030746

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, イベント |

1866年のモリスに逢いに

【2016年3月22日追記】
今回ご紹介している東京の汐留ミュージアムでの開催は終了いたしましたが、
4月29日(金)~6月26日(日)まで、今度は京都にある京都文化博物館にて「世界遺産 キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 」が開催されます。

今回お見逃しになられた方は、もしよろしければ是非こちらをチェックしてみて下さい。

*     *     *

東京にある汐留ミュージアムでは、もう残りわずかとなりますが21日(月)まで世界遺産キュー王立植物園所蔵『イングリッシュ・ガーデン』が開催されています。
チケット

今、この会場の第3章「花に魅せられたデザイナーたち」では、1875年頃に制作されたウイリアム・モリスの『チューリップ』などいくつかのモリス作品に出逢えるのです。
『チューリップ』といえば、12月に開催したフラワーアレンジメントのワークショップで花器に使用した生地と同じデザイン。
写真は名古屋ショールームに展示している『Tulip』(チューリップ)のカーテンです。
Tulip

そして壁紙でもおなじみのFruit』(フルーツ)は『果物』(またはザクロ)というタイトルで木版刷りの紙クロスも展示されています。
FRUIT
写真の壁紙は2011年に「THE ARCHIVE COLLECTIONS」で発表されたもの。
会場で展示されている「果物」の制作年はなんと1866年。ちょうど150年前のものになるのですが、今と当時の違いがほとんど判らないほどデザインは同じように見えます。それもそのはず、現在のデザイン『フルーツ』は残されている当時の資料(アーカイブ)などを元に作られているため、長い年月を経てもぶれることなくデザインは継承されているからなのです。
大きな違いといえば、木版刷りであるため質感がより深みのあることと、色味が現在にない色合いというところでしょうか。

19世紀のモリスに出逢えるこの機会、よかったら足をお運び下さいませ。

また会場では、世界遺産キュー王立植物園の所蔵というだけあって、17世紀頃からのボタニカルアートなど植物画も展示されています。とても繊細に描かれた植物画を見ているうちに、ショールームにある生地や壁紙が頭に浮かんできましたので、最後にご紹介したいと思います。
きっとこれらのデザインも、こういった絵画からインスピレーションをもらったのかもしれませんね。

Sanderson(一部 MANAS-TEX扱い)「エッチング&ローズ」
エッチングローズ
GASTON Y DANIELA 「Gayana」
GAYANA
GASTON Y DANIELA 「Linneo 92 Original」
LINNEO 92 ORIGINAL
GASTON Y DANIELA(ガストン・ダニエラ)は通常のMANAS扱いブランドではありませんが、名古屋ショールームが特別に一部セレクトしているサンプルとなっております。

*パナソニック汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1丁目5−1
パナソニック東京汐留ビル4F

世界遺産キュー王立植物園所蔵『イングリッシュ・ガーデン』
開催期間 ~2016年3月21日(月)まで

Timeディスプレイ
名古屋ショールームのTimeコレクションのディスプレイの壁紙に。
ドレープ:シアター3 シアー:フェリー62 タッセル:SAHCO 手前のランプシェード:PORTA ROMANA

 

カテゴリー: モリス, インフォメーション, イベント, ボタニカルアート |