月別アーカイブ: 9月 2015

Timeディスプレイ

名古屋ショールームに新らたにTimeのディスプレイ展示が始まりました。
Time全体

先日の東京ショールームブログで紹介されました『Timeコレクション』。
これから東京、大阪、名古屋の各ショールームでテーマ別にコーディネーションしたカーテンディスプレイを展示してまいります。

そして名古屋ショールームの展示がこちらです。
Time1
名古屋のテーマは「マニッシュ」。
マニッシュとは女性的な部分を感じさせながらも「男性のような」装いに対して一般的には形容されています。
そこでTimeから「ラロ」と「シーニック」をピックアップしてコーディネートしました。
どんな組み合わせで作られているのか、今日は特別にご紹介したいと思います。

まずはメインドレープ「ラロ 1」。
NYのお洒落なカフェをイメージして名付けられた花柄のファブリック。あえてモノクロやセピアのような色の落ち着いた「1番」色で。見えない裏地にもこだわっています。

トリムはフランスHOULES(ウレス)のタッセルフリンジ「TWIGGY 33424-9780」
カーテンの合わせとなる部分にI型(縦型)につけました。ピスタチオのようなグリーン色とボリュームがアクセントになっています。

サブドレープはVISより「ハレー 9」。
メインドレープの「ラロ」の後ろに掛け、光沢のあるブラウン色が甘さを抑えメインを引き立たせマニッシュへ引き込んでいます。こちらにはブレード「TWIGGY 32622-9780」をつけました。

レースは「シーニック 13
ブラウンとバランスの良いベージュ系の色目をセレクト。
透けにくい生地感と縦ラインがアクセントとなっているデザインです。

手前のチェアには、2種類のクッションをセッティングしました。
Timeクッション
一つはカーテンとお揃いの「ハレー 9」+キータッセル「TWIGGY 35290-9780」 を4隅に。
もう一つはトリムの色に合わせた無地のファブリックとのアレンジです。
ファブリックはHARLEQUIN(ハーレクイン)「ROMANIE PLAINSⅡ 140962」とブレード「TWIGGY 32622-9780」。
正方形ではなく横長にしたフォルムがポイントとなるエッセンスになりました。

タッセルは大きなスワロフスキーがアクセントとなっているOSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)「POMPADOUR TIEBACK T590-07」

いかがでしょう。
こちらの展示は期間限定となりますので、是非この秋に実際に手に触れご覧くださいませ。
皆さまのご来場をお待ちしております。

こちらはもう一つのTimeディスプレイ(常設ディスプレイ)。P1020397_R

ちなみにショールームには以前こちらのディスプレイが展示されていました。
MANAS-TEXアンベリール
スワッグ&テールのクラシカルな上飾りやフリンジが好評のスタイルでした。
しばらくの間はTimeのコーディネート展示となりますため残念ながら現在はご覧いただくことができませんが、そのかわりにこちらのお写真でご覧いただけたら幸いです。

※東京ショールームも先週より展示が始まりました。
大阪ショールームもまもなくリニューアルオープンします。
また名古屋とは違ったTimeディスプレイをどうぞお愉しみ下さいませ。

HOULES TWIGGYのリンクはMANASのホームページを離れます。
http://www.houles.com/en/Trimmings/Collections/twiggy/Publiccatalogue.aspx

カテゴリー: カーテン・シェード, ハーレクイン, オズボーン&リトル, 小物, マナテックス, タイム, インフォメーション, ショールーム情報, トリム, ディスプレイ |

「MANASにちなんだ企画展」

【2015年9月28日追記】
企画展は終了いたしましたが、作品や空間の様子は下記のブログで写真と共に綴られておりご覧いただくことが出来ます。1Mの生地がこんなに素敵に空間や暮らしに彩りをもたらすことができるとは…あらためて布の魅力を知ることができた企画展でした。
★ラ・メゾン・デ・レギューム ブログ

もうすぐシルバーWeekが控えていますね。
季節柄、行楽などお出掛け予定を組まれている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに名古屋ショールームは19日(土)は通常通り営業しております。

さて、今日はそのシルバーWeek中に開催している企画展をご案内したいと思います。

ART DE VIVRE  「絵画のような布」展

Sanderson DCOROD305

名古屋市内にあるCafe&Gallery 「ラ・メゾン・デ・レギューム」にて、
20日(sun)~26日(sat)の7日間行われます。

写真のテーブルクロスはSanderson(サンダーソン)社のOdile(オディール)という名前の生地。
1920年代フランスのプリント生地が基になった、図案化された花と群葉が連なるデザインです。

テーブルコーディネーターでもあるオーナーの感性でセレクトされたMANASの「」を使って、生活をより豊かで美しい「もの」に生まれ変わらせて下さいました。
隠れ家のような心地の良い空間に、きっとさりげなく作品が存在し展示されることでしょう。

期間限定の企画展です。もしよろしければショールームでは味わうことのできないMANASの「布」たちに逢いにお出掛けくださいませ。

詳しくは「ラ・メゾン・デ・レギューム」のブログをご覧ください。(作品も紹介されています)
http://www.lamaisondeslegumes.com/banana/2453183

*日時 2015年9月20日(sun)~26日(sat)
11:30~18:00

*場所 ラ・メゾン・デ・レギューム

※会期中は無休ですが、Cafeはお休みとなっております
※今回はショールームではございませんので、お間違えないようご注意ください。

Pagoda River

【追記】
MANASホームページのNEWSの生地はSanderson(サンダーソン)社のPalampore  Weave(パランポワ ウィーブ)。18世紀に流行していたドラマチックなイメージのインドのファブリックを基にデザインされた生地です。

カテゴリー: サンダーソン, 生地, 小物, インフォメーション, , イベント |