月別アーカイブ: 3月 2016

1866年のモリスに逢いに

【2016年3月22日追記】
今回ご紹介している東京の汐留ミュージアムでの開催は終了いたしましたが、
4月29日(金)~6月26日(日)まで、今度は京都にある京都文化博物館にて「世界遺産 キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 」が開催されます。

今回お見逃しになられた方は、もしよろしければ是非こちらをチェックしてみて下さい。

*     *     *

東京にある汐留ミュージアムでは、もう残りわずかとなりますが21日(月)まで世界遺産キュー王立植物園所蔵『イングリッシュ・ガーデン』が開催されています。
チケット

今、この会場の第3章「花に魅せられたデザイナーたち」では、1875年頃に制作されたウイリアム・モリスの『チューリップ』などいくつかのモリス作品に出逢えるのです。
『チューリップ』といえば、12月に開催したフラワーアレンジメントのワークショップで花器に使用した生地と同じデザイン。
写真は名古屋ショールームに展示している『Tulip』(チューリップ)のカーテンです。
Tulip

そして壁紙でもおなじみのFruit』(フルーツ)は『果物』(またはザクロ)というタイトルで木版刷りの紙クロスも展示されています。
FRUIT
写真の壁紙は2011年に「THE ARCHIVE COLLECTIONS」で発表されたもの。
会場で展示されている「果物」の制作年はなんと1866年。ちょうど150年前のものになるのですが、今と当時の違いがほとんど判らないほどデザインは同じように見えます。それもそのはず、現在のデザイン『フルーツ』は残されている当時の資料(アーカイブ)などを元に作られているため、長い年月を経てもぶれることなくデザインは継承されているからなのです。
大きな違いといえば、木版刷りであるため質感がより深みのあることと、色味が現在にない色合いというところでしょうか。

19世紀のモリスに出逢えるこの機会、よかったら足をお運び下さいませ。

また会場では、世界遺産キュー王立植物園の所蔵というだけあって、17世紀頃からのボタニカルアートなど植物画も展示されています。とても繊細に描かれた植物画を見ているうちに、ショールームにある生地や壁紙が頭に浮かんできましたので、最後にご紹介したいと思います。
きっとこれらのデザインも、こういった絵画からインスピレーションをもらったのかもしれませんね。

Sanderson(一部 MANAS-TEX扱い)「エッチング&ローズ」
エッチングローズ
GASTON Y DANIELA 「Gayana」
GAYANA
GASTON Y DANIELA 「Linneo 92 Original」
LINNEO 92 ORIGINAL
GASTON Y DANIELA(ガストン・ダニエラ)は通常のMANAS扱いブランドではありませんが、名古屋ショールームが特別に一部セレクトしているサンプルとなっております。

*パナソニック汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1丁目5−1
パナソニック東京汐留ビル4F

世界遺産キュー王立植物園所蔵『イングリッシュ・ガーデン』
開催期間 ~2016年3月21日(月)まで

Timeディスプレイ
名古屋ショールームのTimeコレクションのディスプレイの壁紙に。
ドレープ:シアター3 シアー:フェリー62 タッセル:SAHCO 手前のランプシェード:PORTA ROMANA

 

カテゴリー: モリス, インフォメーション, イベント, ボタニカルアート |

ネイルアート×RUBELLI

 

ネイル
このブログを読んでくださっている方にもネイルアートを愉しんでいらっしゃる方が沢山いらっしゃるかと思います。
ふと素敵なネイルをされている指先を見た瞬間、ハッと惹きつけられることってありませんか?

先日、本社のRUBELLI(ルベリ)担当のスタッフIさんが名古屋ショールームに来た時のこと。
まさに一瞬でその指先に目を奪われ、「そのデザインはどうしたの!?」と聞かずにはいられませんでした。
するとIさん、「これはRUBELLIの新作「Fiammetta」(30169)ですよ!」と。
「え~!!!」と私たち。

こちらがその「Fiammetta」です。
Fiammetta

話は脱線しますが、彼女はこの「Fiammetta」の写真を見せてネイリストの方にオーダーしたのだとのこと。
それにしても、その施術を行ったネイリストの方の技術も素晴らしいこと。とても複雑な細かなラインをここまで再現してくださったのかと感心しきりでした。

30169_5

この生地はレース模様をグラフィック化したデザインで、クラシックでもあると同時にモダンでもあり、そして立体的な質感はまるで日本の「ちりめん」のように見えます。
カーテンだけでなく椅子用にもご使用いただけるこの生地は、防炎素材のためカーテンの素材規制のある高層マンションや商業施設でもご使用になれます。

いかがでしょうか、イメージが小さな指先に表現されていませんか?

彼女の「RUBELLI」にかける情熱がこんなところからもヒシヒシと私たち名古屋のスタッフにも伝わってきました。今度は私たち現場のスタッフがこの情熱をショールームでお伝えしていきたいと思います。

あるネイリストの方が以前テレビで語っていらっしゃいました。インスピレーションは洋書店にあるグラビア写真の綺麗な‘植物’や‘自然風景’の本からも得ていると。
MANASのショールームは、本とはまたちがった別のインスピレーションの種がいっぱい隠れている場所です。

左側のカーテンがまさに「Fiammetta」です。
2016RUディスプレイ

大阪スタッフブログではRUBELLIのファブリッチオ氏へのインタビューが特集されています。
また違った角度から「RUBELLI」をお愉しみくださいませ。

 

 

カテゴリー: インフォメーション, ショールーム情報, コレクション |