by ヘンドリックさん

先日、ドイツから来日していたSAHCO(サコ)のエクスポートマネージャーのヘンドリック・ドライヤー氏。
名古屋ショールームにも立ち寄られた時のこと。(写真はMANASのインスタグラムより)

その時にあることをお願いしてみました。
ショールームに沢山あるSAHCOの歴代ハンガーの中から5つだけおすすめを選んで欲しいと。
いつも素敵なコーディネーションでプレゼンテーションをされるヘンドリックさん。
どんな生地を選ばれるのかずっと気になっていたのです。
そして名古屋滞在時間もタイトなスケジュールの中、短い時間でセレクトされたのがこちらです!


左から
2647-03 Amber
2691-06 Naxos
2392-01 Chroma reversible
2336-07 Nano
2683-02 Assam
2720-04 Antico

選ばれた基準はモダンラグジュアリーや今っぽいものとのこと。なんと6点も選んでくださいました。
きっともっと時間があればじっくりと吟味したかったと思いますが、でも瞬間的な直感で手にする生地もとても意味のあるものだと思います。

日本にいる私達だと、引っかけてしまいそうだとか、どうやって使ったらいいのかしら?と無意識のうちに使いやすいものばかりに目を向けてしまいがちでしたが、そういう理由で今まで見過ごしてしまっていた生地もここには選ばれていました。

確かに!
カーテンだけではなく、小物やポイントに使ってみると雰囲気もあって面白そうな素材です。
トレンドを意識したメタリックのものや、シェブロン柄、そして人工的なナチュラル素材などなど。
あっ、これってこんなにお洒落な生地だったの!!と、あらためてじっくり見てみると素敵なものばかりでした。
ヘンドリックさん、ありがとうございました。

いつもと視点を変えてみてみる。

今回はドイツ人、男性、ヘンドリックさんの視点から新らたな発見がありました。

ご紹介した生地はどれも写真では伝わりづらいものばかりになってしまいましたが、風合いや質感などとてもバラエティーに富んだものばかりです。
是非最寄りのショールームでヘンドリックさんのおすすめをご覧頂けたらと思います。

カテゴリー: 生地, インフォメーション, ショールーム情報, コレクション, サコ, リコメンド   パーマリンク