MANAS TRADING

営業 第一営業部

既存のお客様であるハウスメーカーやリフォーム会社、設計事務所への営業を担当しています。カーテンや壁紙を中心にしたインテリア商材の販促活動がメインの業務です。定期的にお客様を訪問し、商品の紹介やツール整備を行います。また依頼があればサンプルやイメージ資料を使ってカーテン生地やスタイルの仕様を提案したり、時には家具メーカーやアパレルブランドを例に出してイメージを共有したりと、空間を作り上げるためにコミュニケーションを重ねていきます。

既存のお客様であるハウスメーカーやリフォーム会社、設計事務所への営業を担当しています。カーテンや壁紙を中心にしたインテリア商材の販促活動がメインの業務です。定期的にお客様を訪問し、商品の紹介やツール整備を行います。また依頼があればサンプルやイメージ資料を使ってカーテン生地やスタイルの仕様を提案したり、時には家具メーカーやアパレルブランドを例に出してイメージを共有したりと、空間を作り上げるためにコミュニケーションを重ねていきます。

ファブリック分野のプロフェッショナルになるために

元々「家」という空間が好きで、大学卒業後はリフォーム会社に就職しました。建築や空間に関する知識を広く学ぶことができましたが、インテリアの中でも一つの分野でプロフェッショナルになりたいと考え、転職を決意。マナトレーディングは前職の職場からも近く、めずらしい輸入生地の並ぶショールームが素敵だったこともありよく知っていました。ファブリックという分野は既製品を取り扱うよりもクリエイティブでワクワクでき、今までのスキルを活かして成長できると考え入社いたしました。

インテリアで生活はもっと豊かになる

インテリアを変えるだけで、暮らしを豊かに変えることができます。提案したカーテンや壁紙が美しく納まってお客様に喜んでいただき、家で過ごす時間がより楽しみになったと伺うととても嬉しいですね。また、様々な分野のプロと一緒に仕事ができるのもやりがいです。あるテーブルコーディネーターと協力した時は、テーブルクロスやお皿といった食事を彩る品々に興味が湧きました。仕事を通して視野が広がり、自分の引き出しになっていく実感があります。

裁量を持ってチャレンジできる職場

インテリア業界ではファンのお客様もいらっしゃるので、営業活動しやすいと感じます。また、一人ひとりに裁量を与えてくれるため、やる気次第で新しいことにたくさんチャレンジできますよ。お客様向けのイベントを提案した時は、上司や先輩もフォローしてくれたので自信を持って取り組むことができました。世界の最先端のインテリアに触れられるのも魅力です。ベネチアの生地などはモチーフや発色がとても美しく、日本には存在しない色の素材を見ると心がときめきます。

一日の仕事の流れ

午前中はメールを確認したり、見積書やプランを作成したりと、会社内でできる仕事に取り組みます。午後は営業活動が中心です。提案する生地を持って、お客様先で打ち合わせを行います。時にはショールームで接客を行い、サンプル帳などのメンテナンス作業も担当します。

学生へのメッセージ

女性が多い職場なのでソフトな雰囲気で、上司や先輩に何でも相談しやすい環境です。細かいルールを教えていくというよりは、困っている時に手を差し伸べるというスタンスの社風なので、自分なりに試行錯誤してどんどん先輩を頼ってくださいね。前向きなチャレンジを歓迎しているので、指示を待つのではなくまずは動いてみてください。日本のインテリア業界を盛り上げるためにも、一緒に頑張っていきましょう。