MANAS TRADING

ten to sen

普段の生活で目にした風景や記憶の中にある情景。
これらを題材とした日々の暮らしにそっと寄り添うデザインが人気のシリーズです。
新作生地“クリスタルズ”や“ホシニネガイヲ”、新登場のトリム類のデザインもまた、デザイナー 岡 理恵子さんが暮らす北海道の大自然から生まれました。

私は山のふもとにある海の街に住んでいます。
作業机の窓は定点観測地です。
山の木々がかさかさと吹いたり、雨音など仕事をしている横を 四つの季節が静かに、時に賑やかに過ぎていきます。
そんな身近な四季を暮らしに取り入れていただきたい という気持ちを込めて模様を作りました。
四季を愛でる心に寄せて。

デザイナープロフィール

岡 理恵子

1981年、北海道生まれ。北海道東海大学大学院芸術工学研究科卒。在学中にウィリアムモリスの壁紙を木版で再現し模様の構成や作り方を学ぶ。その方法をもとにオリジナルの「北国の壁紙模様」作りをする。
その後、より身近な布へと素材をひろげる。

2005北海道東海大学 大学院卒業
ミナペルホネンデザインアワード:プロダクト部門入賞
2008「点と線模様製作所」の活動スタート
2009「北の模様帖」というオリジナル生地を制作 各地で企画展をスタートする
2010「倉敷意匠計画室」のマスキングテープをはじめとする紙ものを「北の模様帖シリーズ」として発売
「ホビーラホビーレ」とテキスタイルや手芸キットをコラボレートし、「北の模様帖」として発売

点と線模様製作所について
2008 年から北海道を拠点に点と線模様製作所を始める。普段の生活で目にした風景や記憶の中にある情景などを題材に室内を飾ったり手作りを楽しむ材料として暮らしの中でともに過ごし ていける模様を目指し制作している。

MANAS-TEX Vol.17ページへ戻る