MANAS TRADING

2018秋の装いは

2018.10.31 / nagoya

明日からもう11月。すっかりいつもの秋の陽気に様変わりしましたね。

先日名古屋ショールームでは、いくつかのコーナーの模様替えを行いました。
モリスコーナーは秋らしい椅子生地に変身。

そして壁紙コーナーでは、10月に発売になったばかりのMatthew Williamson(マシュー・ウィリアムソン)Nina Campbell(ニナ・キャンベル)の壁紙に張替えました。

5枚の壁紙パネルはマシューの新作「DEYA」コレクションより左から
Valldemossa W7260-01
Adornado W7261-01
Talavera W7263-03
Coralino W7262-05
Cactus Garden W7268-01

DEYAとはマヨルカ島の丘に位置する村の名前。一年のうちの数ヶ月をここで滞在するデザイナーならではのインスピレーションから生まれた色使いと世界観が広がるコレクションです。同じデザインの生地などもご用意がありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

DEYAのイメージ写真から。

そしてパネルの奥にはニナ・キャンベルの『LES INDIENNES』コレクションから「FortoiseauNCW4356-02
旅先のインドで見つけた鏡の扉からのインスピレーションだそうです。

 

また久しぶりにブルー系が際立つ今秋の名古屋ショールームディスプレイ。
いつもと違った雰囲気を感じていただけたらと思います。


 

最後に来春に閉館してしまうお向かいの中日ビルからの1枚です。
8月のブログに続く第二弾は、ブルーにちなんで玄関ロビーの天井モザイク画を。

このモザイクから浮かんだ壁紙がこちら。ELITIS(エリティス)の「Luna」VP 847 01


モザイク柄のコレクション「PARADE」です。
(※F★★★★、防火認定を取得していないため、パネル使いやアートとしてご使用ください。)