MANAS TRADING

グリーンがいっぱい

2019.05.30 / nagoya

樹々のみどりが気持ちのいい季節です。

ここから徒歩3分ほどの場所に名古屋ショールームがあります。
さまざまな緑色が風にそよぐ光景も日本の四季ならではの美しさですね。

インテリアではここ数年、南国風やリゾート系の葉っぱなど植物柄のデザインが多く登場しています。
さらに今年はカラーでもグリーン色の巾がぐっと広がっているんです。

(写真はRUBELLIカタログより)

こちらは壁紙コーナーの奥に貼っているOSBORNE&LITTLEの新作「Green Wall 」、一面に植物が埋め尽くされているデザインです。


こんなふうに部屋の一面だけグリーンのオアシスはいかがでしょう?


シェードの生地はSandersonの新作「Paradesia」、まるで植物の標本図鑑のよう。周りには「Palm House」のエキゾチックな植物柄の生地で囲んで引き立てています。
同じコレクションの中には可愛らしいサボテン柄も収録されています。

そして今年はお抹茶色もよく見かけます。

もう何度かブログやインスタグラムでも登場しているELITISの壁紙コレクション「SOLEIL LEVANT」から。
海外ブランドならではの大胆なデザインですが、日本人に馴染みのある色味のおかげでしょうか、実際に貼ってみると不思議ととてもしっくりとくるんです。

またクッションでも。

色味だけでなく、植物をモチーフにした刺繍がワンランク上の上質感を醸し出しています。

色のグリーン、そして植物のグリーン。
今年はぜひグリーンにもご注目くださいね。