MANAS TRADING

New!! 『OSBORNE & LITTLE』ディスプレイ

2021.07.15 / tokyo

東京オリンピックの開催も間近となり、日本はより一層世界中から注目を集める時を迎えようとしていますね。

近年ではインテリアの世界も然り。弊社が取り扱う海外エディターからも、日本をテーマにしたデザインが次々と発表され、日本文化への関心の高さを感じます。

そんな中、独創的なデザイン、ファッショナブルなカラー、表情豊かなテクスチャーで世界中を魅了している英国ブランド『OSBORNE & LITTLE』より、日本の伝統工芸にインスパイアされた『KANOKO』コレクションが発売されています。

収録のアイテム名には、鹿の子・楮・切子・籠目・霧といった日本語の響きも。

海外から見た「日本」がどの様なイメージなのか、彼らの目にはどのように映り、そのフィルターを通してどの様にアウトプットされているのか、日本人である私たちとして興味深いと思いませんか?

それでは、東京ショールームの新しいディスプレイをご紹介いたします!

こちらは、オズボーン&リトルの展示コーナー。

ナチュラルなカラーや素材感を生かした、薄手のドレープ生地やセミシアーが多く収録されており、間もなく到来する夏本番に、さらりと一枚掛けでお使いいただいても、涼を感じさせてくれるようなアイテムが揃います。

日本の伝統工芸を彷彿とさせながら、シンプルなラインが洗練されたコンテンポラリーな雰囲気をも醸し出しています。

こちらの生地『Temko』は、カットフリンジでランダムな波模様を表現したセミシアー。アクアブルーの美しいグラデーションと相まってまるで波打ち際の煌めきのよう。

この色の濃淡は、ディップダイ(dip=「浸す」dye=「染める」)という技法によるもので、染料に浸す時間に差を付けることにより生み出されます。

そしてこちらの『Kiri』F7561-02もまた、技ありのアイテム!
鳥の羽が幾重にも重なり合ったようなとてもユニークなテクスチャーは、生地にデジタルプリントした後、糸の間を開いてレーザーカットを施して作られています。

こういった、非常に細かなディテールを持つ、職人技の光るものが、オズボーン&リトルが考える「日本文化を代表するもの」に通じています。

また、今回のコレクションのメインカラーはこちらのようなインディゴブルー。日本古来の「藍染め」の色、東京2020のロゴマークのカラーでもある「JAPAN・BLUE」ですね。

ちなみに写真左側のシアー生地『Kama』の素材は100%ヘンプ。このヘンプは麻の一種ですが、害虫に強いため農薬や化学肥料が不要、乾燥に強く少ない水で育てることができ、成長が非常に早くサスティナビリティに優れた素材なのです。

「サスティナビリティ」「環境に優しい」
昨今、これらは地球規模のテーマとして身近なキーワードとなりましたね。そして今回のコレクションの目的でもあります。

コーディネートアイテムのひとつ、幅広いカラー展開が魅力の『OCEAN』コレクションは、リサイクルプラスチック糸を使用したエコファブリック。
売り上げの一部はプラスティックの削減を目的とするチャリティ団体へ寄付されます。

同じくコーディネートコレクション、特徴的な質感のアイテムが揃う、写真左の『TIDES 』や、無地調で手触りも柔らかなアイテムが揃う、写真右の『CRANBORNE』もまた、クッションや椅子張地として組み合わせてお使いいただければ、よりお部屋のトータルコーディネートの幅が広がりますね。

最後に、『KANOKO』の壁紙コレクションをご紹介しましょう。

写真左は、ショールームのコンシェルジュカウンターです。背景が、様々な形の陶器を飾り付けたシェルフのように見えませんか?

こちらの壁紙『Raku』は、日本の「楽焼」からインスピレーションを受けたもの。

最新号のMANAS INFORMATIONには『Raku』の手描きによるドローイングや、ヘッドデザイナーのジョアンナ・ブライト氏へのインタビューの掲載もございます。

また、表紙と背表紙も今回のオズボーン&リトルの『KANOKO』コレクションを配したデザインです。ぜひこちらも併せてご覧いただき、海外から言わば逆輸入された『和』のイメージを感じてみてください。

★MANAS INFORMATION Vol.59デジタルカタログはこちらからどうぞ!