MANAS TRADING

osaka のブログ一覧

新作『モナ』を使った2つのコーディネート

2020.11.16 / osaka

10月から新アイテムを追加し、
バージョンアップしたSATELLITEシリーズ。

今回はOMBRÉより、新作『モナ』を使った
2つのコーディネートをご紹介いたします。

リネン調のざっくりとしたシアー地の裾部分と中央部分に、
コットン調の太目の糸で草花柄がたっぷりと刺繍されたモナ。

エレガントなデザインでありながらも、ナチュラル感とハンドクラフト感があり、
トレンドの「自然」や「手仕事感」を感じられるデザインとなっております。

柄の高さが裾から144.5㎝あるので、掃き出し窓を華やかに彩ります。
透け感は抑えめなので、外からの視線が気になる場合でもおすすめです。

ショールームでは、ベージュ色の『モナ163』に
光沢感と立体感のあるドレープ『ティントレット14』を合わせました。

一見意外な組み合わせですが、ティントレットの羽が重なり合うようなモチーフと、
モナの花柄の曲線的なラインがマッチして、とても上品な雰囲気に。
ベージュ系のワントーンコーディネートにすることで、
それぞれのデザインの立体感や質感がより際立っているようにも感じられます。

もう一色、ホワイトの『モナ900』はベッドスプレッドに。
ベッドの足元に裾柄のデザインを活かして仕立てました。

サテン地『メイサ10』のベッドスプレッドをもう1枚下に合わせ、
ほんのりピンクの色が透けて見えるように。
今回はよりフェミニンさが感じられるカラーにしましたが、
ティファニーブルー(メイサ11)で爽やかにしても、グレー系(メイサ6)で少しシックに合わせても素敵だと思います。

カーテンやクッションには、アラビアンタイル柄の『カリスト207』を合わせ、
上質感と艶めきをプラスしています。

ショールームでは、カーテンだけでなく
こうしたベッド周りのファブリックのご提案もさせていただいておりますので、
ぜひお気軽にご相談くださいね。

※ただいまショールームはご予約制となっております。
ご予約はこちらからお申込みいただくか、ショールームまでお電話ください。
大阪ショールーム TEL:06-6251-1970

リゾートへトラベル

2020.09.30 / osaka

今年の夏は旅行を控えられたり、
夏を感じる前に秋が来てしまったと感じている方も多いのではないでしょうか。

旅行に行けなくても、JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)のファブリックなら
南国気分を味わっていただけます。


ドレープ:Bora Bora JT013796001
トリム:Ornamenta Tassel Fringe JT030032004
シアー:リネッタ2
壁紙:Maharaja Panel N9021027001

ダイナミックに描かれたハイビスカスやストレチアなどの南国の花々と葉を、
ワーププリントと手織りで表現したドレープを主役にディスプレイしました。

ワーププリントとは、一度ゆるく織った生地にプリントをし、
ヨコ糸を抜き図柄を崩さないようにもう一度織りなおすという技法です。
職人の長年の経験を必要とする高度な技術で、手間暇かけて作られています。
そうして生まれたイカットのようなぼかしと繊細なディテールは、
まるでジャングルの中に現れたオアシスのように幻想的。


オリエンタルな雰囲気をより一層引き立たせる
ビビットなオレンジ色のフリンジも、今季の新作です。

ジム・トンプソンからは、他にもアイコニックなトリムが揃っています。
特に面白いのがこちらのデザイン。

チャイナドレスのボタンのような形をしています。


両開きのカーテンの召し合わせ部分に片方ずつ取り付けて、
少しだけ留めるといったありそうでなかった新しいカーテンスタイルです。

カーテン以外に、こんな使い方も。

クッション生地:Ekamai JT013055015
トリム:Ornamenta Frog Closure JT030033006

左右の生地を重ね、ブラウスのボタンを留めるように取り付けています。
ショールームにて展示していますので、ご来場の際にはぜひご覧ください。

ジム・トンプソンのシルクの生地ととても相性がよいので、
よろしければ参考にしてみてくださいね。

クッションから考えるインテリア

2020.08.24 / osaka

自宅で過ごす時間が長くなったことで、
お家のインテリアを変えてみたいと思われている方も多いかと思います。

まずは気軽な模様替えをから始められたい方、
新しいクッションをお部屋に迎えられてはいかがでしょうか。

季節や気分によって交換ができて、
アートのように空間の印象を変えられるクッションは、
お部屋のイメージチェンジにおすすめです。

まずは写真でイメージを膨らませてみてください。

ご覧いただいたのは、フランスのブランドELITIS(エリティス)の新作です。
民族的でハンドクラフト感のある刺繍やプリントのデザイン、
ファッショナブルなカラー展開はエリティスならでは。

写真のように、似た色合いの違う柄を組み合わせるのが最近のトレンドで、
おすすめの置き方です。

ショールームにも新しいクッションが入荷しております。

エリティスのクッションについて、さらに詳しくはこちらからどうぞ。
きっとお気に入りのデザインを見つけていただけるはずです。

 

アールヌーヴォーをテーマに

2020.07.20 / osaka

昨年発売になった、新しい国内在庫のコレクション『CLUB』。
イタリアの歴史と高い技術が生んだ、至極のファブリックを取り揃えております。

その中から2つの生地を使い、ショールームに新しいディスプレイが加わりました。

ドレープカーテン&バランス:生地→タゼッタ1、トリム→アリス2
フラットバルーン(レース):オーリオ2
壁紙:OSBORNE&LITTLE(オズボーンアンドリトル) Knot Garden W7455-05

アールヌーヴォを彷彿とさせるデザインのドレープに、
シャンパンゴールドの縦ラインが美しいレースをフラットバルーンシェードで合わせ
クラシカルなスタイルに。

左右対称に描かれたラッパ水仙と鳥のモチーフが綺麗に見えるように、
バランスのデザインには特にこだわりました。

今回のディスプレイのテーマになったアールヌーヴォーとは、
19世紀末から20世紀初めにかけて主にヨーロッパで流行した芸術様式で、
エミール・ガレのランプや、アルフォンス・ミュシャの絵画などが有名です。
中世を意識したデコラティブなデザインや、自然の植物をモチーフにした曲線的なデザインが特徴とされています。

当時、こうしたデザインが流行した背景には、産業革命によって量産品が出回るようになり、
その反動で職人の手仕事による芸術性の高いものが注目されるようになったという歴史があります。

現代もまた、3Dプリンタなどの技術の進化によって生み出されるデザインがある反面、
伝統工芸品の技術の高さや素晴らしさを見つめ直す動きが見られます。
今年のParis Dēco Off(デコ オフ)でも、至るところで職人の技を感じる魅力的なデザインが発表されていました。
(※デコ オフについての説明は、こちらのブログをご参照ください。)

最新号のマナ通信では、デザインの美しさを叶える「職人の技」にスポットを当てて、
取り扱いブランドの新作をご紹介しております。
ぜひデジタルカタログも合わせてご覧ください。

 

 

壁紙で気分を新たに

2020.06.19 / osaka

大阪ショールームでは、ショールームの再開にともない
新しいディスプレイでお迎えしております。

まずはOSBORNE&LITTLE(オズボーンアンドリトル)の新作コレクション『MANSFIELD PARK』で、
壁紙コーナーのパネルを一新しました。

イギリスの恋愛小説作家として国民に愛されているジェーン・オースティン。
今回のコレクションは、彼女の数ある作品の中のひとつ『MANSFIELD PARK(マンスフィールド パーク)』が舞台になっています。

物語上で情緒豊かに描かれているイギリスの美しい田園風景やシンメトリーに造られた庭園、
装飾的な建築を繊細なタッチで表現したデザインには、
物語に登場する邸宅や人物、土地の名前が名付けられています。

特に人気が出そうなのは、こちらのデザイン。

Netherfield W7450-03
キツツキやカケス、アオガラなどの鳥たちが丁寧に優しいタッチで描かれており、
家の中にいながらバードウォッチングが楽しめます。

 

毎回斬新なアイディアで私たちを驚かせてくれるELITIS(エリティス)からも、
2種類の壁紙をセレクトしました。


Mantra TP314-04


Ornements TP313-03
ボタニカルプリントをモダンに表現したデザインと、モザイクタイルを思わせるようなデザイン。

この2点が収録されている『Initiation』コレクションは、
ビンテージの陶器やさまざまなアーティストたちの精神からインスピレーションを得た
幾何柄のデザインが絶妙な色使いで表現されており、アーティステックな雰囲気を演出できます。

自粛生活中、映画やドラマなどをたくさん見た方も多いのではないでしょうか。
特に海外の映画を見ると、どの部屋もカラフルで個性的なデザインの壁紙で彩られ、
むしろ白い壁紙の方が珍しいことに気が付きます。
好きな映画を参考にしながら、ご自宅のインテリアを考えてみるのも楽しいかもしれません。

interior library(インテリア ライブラリー)では、
約6000点以上の壁紙をご紹介しております。
お好みの条件に合わせて検索もしていただけますので、ぜひご利用ください。

ショールーム営業再開のお知らせ

2020.06.04 / osaka

新型コロナウイルスに関する政府の緊急事態宣言を受け
ショールームを休業させていただいておりましたが、
6月1日(月)より営業を再開いたしました。

お客様に安心してショールームをご利用いただけますよう
当面の間 営業時間の短縮、および「完全予約制」とさせていただきます。

ご不便をお掛けいたしますが、
ご理解・ご協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

<営業曜日・時間>
月曜日~金曜日 10:30~15:30 土日祝は休業

●予約枠
10:30~11:30、 12:30~13:30、 14:00~15:00
※1 時間を目安にご予約枠を設定させていただいております。

ご予約方法は拠点によって変わりますので、
詳しくはこちらをご覧ください。

営業時間や休業日・予約時間につきましては、
今後の状況をみながら段階的に変更していきますので、
最新情報はホームページをご確認いただけますようお願いいたします。

その他感染予防対策として
下記の項目を実施させていただきます。

・スタッフのマスクの着用と接客前後の手指アルコール消毒、体調管理の徹底
・お客様へのマスク着用と入口での手消毒と検温のお願い
・こまめな換気
・接客前後のテーブルや椅子などの定期的な消毒

まだまだ不安な状況ではございますが、
ショールームの営業を再開することができ、
また皆さまとお会いできることを嬉しく思っております。

1日も早く事態が収束しますようお祈りしております。

 

夢みる子ども部屋

2020.05.25 / osaka

コーディネートブログ第2弾は、Stay Homeがより楽しい時間となるように、
童心を思い出させるような「お子様部屋」をテーマにいたしました。

Plan1 バレリーナを夢見る女の子のお部屋


(クリックすると拡大してご覧いただけます。)

女の子のお子様に人気のあるバレエシューズの壁紙「Ballet Shoes 214021」をメインに。
上品なシャンパンゴールドのカラーは、子供っぽくなりすぎないので、長くご愛用いただけます。

カーテンには、刺繍のレース「パピヨン2」を手前に、無地の「ベガ14」を窓側にした
レースインスタイルを。タッセルは「ヌーヴォポリアンナ2」を合わせました。

蝶の軌跡をイメージしたレースを手前に吊ることで、
カーテンの上で蝶がひらひらと舞っている光景が思い起こされます。

ストライプ柄や大きさの違うチェック柄の生地を組み合わせて、
いろいろな形やサイズのクッションをミックスしても可愛いですね。

もしくはボリュームのあるフリンジを合わせた、
キュートなアルパカ柄のクッションはいかがでしょうか。

アルパカ 448
カルテットポンポン 15652

 

Plan2 冒険心をかきたてる男の子のお部屋

地図、海賊船、海や陸の動物たち。
男の子が大好きな要素が盛りだくさんの生地「トレジャーマップ」は、
日本語で〈宝のありかを示す地図〉という意味があります。
隠れた宝を探しに羅針盤に導かれて冒険へ・・・
そんな絵本の中の世界をイメージしたコーディネートをご紹介します。

トレジャーマップ913」のようなプリントの生地は、
フラットに柄が見えるシェードスタイルがおすすめです。
裾部分をネイビーの「ソワ32」で切り替えてアクセントに。
ボーダー柄の壁紙「Hoppa Stripe 111115」と、
トリコロールカラーのドットが並んだ「リック1B」をクッションでプラスして
マリンな雰囲気を引き立たせました。

Sandeson(サンダーソン)のヨット柄のクッションもおすすめです。

Sanderson Sailor 226502

お子様部屋のインテリアは、幼かった頃の憧れを思い出しながら、
考えているだけでもわくわくした気持ちになってきませんか?
ホームページの【interior library】にて、検索条件のデザインで「キッズ」を選んでいただくと、
他にもたくさんのアイテムがご覧いただけます。

今回ご紹介したコーディネートの詳細は、
それぞれ下記をクリックしていただくとご確認いただけます。
Plan1 女の子のお部屋
Plan2 男の子のお部屋

春を感じて

2020.04.21 / osaka

あたたかな日差しを感じることが多くなり、いよいよ春も深まってまいりました。
今回は春を感じさせる花を取り入れた、おすすめのコーディネートをご紹介いたします。


Plan 1 フローラルプリントのレースをメインに

桜を思わせるような繊細なフローラルプリントで、
花芯や枝葉のラインにゴールド箔でアクセントをつけたシアー「フローリス」をメインにコーディネート。

ドレープには、素材の異なる2種類の生地を合わせました。
2つのコーディネートの違いをお楽しみください。


ドレープ:パロス31
レース:フローリス8
タッセル:エスパダ8

まず1つ目は、上質感のあるモダンなイメージに。
シュニール糸を使った艶感のあるドレープ生地の「パロス」に
シアーのゴールド箔が、一層煌めく春を連想させてくれます。
タッセルはガラスの曲線が美しい「エスパダ」を合わせ、輝きをプラスしました。


ドレープ:リノーヴァ501
レース:フローリス8
タッセル:ナチュラーレ4

次に2つ目は、素材感を替え、ナチュラルなイメージに。
ドレープ生地はリネン100%の薄手の平織り「リノーヴァ」をセレクト。
シアーのデザインで表現している花の色はサクラピンク、
枝葉はベージュブラウンで色付けしており、
優しい春をイメージしたナチュラルなコーディネートです。

 

Plan 2 春の訪れに心躍らせて


ドレープ生地は印象派のようなタッチで描かれたバラや芍薬を思わせる、
大ぶりの花柄コットンプリント生地「カミーユ220」。
ドライな手触り感がナチュラルな印象のレース「レヴァント1」は
下部が切り替えで からみ織のデザインになっており、モダンな雰囲気にも。

タッセルに「ファーリー1031」を合わせ、クッションには締め色としてブルーをセレクト。
無地の「ヘラルド33」と、ウィリアム・モリスのプリント「ローズヒップ486」で遊び心をプラスしました。
春のカラーとタッセルのポンポンが心くすぐる可愛らしい印象のコーディネートです。

 

Plan 3 フレッシュなグリーンに癒されて


イギリス、Sanderson(サンダーソン)のプリント「スウィートベイ202」をメインにコーディネート。
木蓮の花を、色鉛筆画を思わせるような温かみのあるタッチでとても美しく表現したドレープ地は、発売から10年以上たった今も人気柄のひとつです。
白地にグリーンが映え、お部屋の中にいながらも生き生きとした自然の生命力が感じられます。
レースは麻素材でプリーツ加工を施した「リネッタ2」でナチュラルに、
タッセルは枝と同じ色の「カデンツァ8」でシックに合わせました。

こちらのコーディネートには、ELITIS(エリティス)のクッションがおすすめです。
 
モスグリーンを背景に描かれた鳥のプリントが、
木蓮のお花のオリエンタルな雰囲気をより一層引き立ててくれます。
グリーン系と相性の良いマスタードカラーのクッションもプラスして、完成です。

自粛生活が続いており、なかなか外に咲くお花を見に行くことはできませんが
少しでも春を感じていただければ幸いです。

今後もおすすめのコーディネート例をご紹介していきますので
お部屋作りの参考にぜひご覧ください。

新しいトリムのご提案

2020.03.23 / osaka

JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)の新作が発売になりました。
今回のコレクションでは、生地・壁紙・トリムがラインアップ。

南国の葉やトロピカルなフラワーモチーフをプリントや刺繍で表現した生地、
ストライプ柄の手織りのシルク、アバカの繊維を使ったラグジュアリーな壁紙などが揃いました。

昨年からコレクションを再開したトリムは、
カーテンの縁やクッションの周りを飾るだけで簡単にオリエンタルな雰囲気を演出できるものから、柄物と合わせやすい無地のものまでバリエーションも豊富になってきました。
前回のコレクションについては、こちらのブログをご覧ください。

今回はテーマの違う2つのコレクションが入荷。
一つ目は、ドライなリネンやコットンの糸を使用し、イカット調のモチーフや草木染めの風合い、
ハンドペイントで表現したものなどクラフト感と高級感のあるトリミングが揃う『LAN NA COURT TRIMS』。


ラーンナー王朝と呼ばれる、現在のタイ北部からラオス西部に位置する場所で栄えた土地に伝わる
装飾的なテキスタイルのデザインや、ラーンナーの民族衣装であるサロンやローブのクラシカルなデザインがインスピレーションの源になっています。

もう一つのコレクションが『ORNAMENTA TRIMS』。
ニュートラルから鮮やかな色まで洗練されたカラー展開が特徴で、
シルクのような光沢のある糸が使われています。
椅子やクッション、カーテンなどインテリアシーンに宝石をちりばめるかのようにドレスアップしてくれる装飾性の高いトリミングが揃っています。


ジム・トンプソンでは初登場のキータッセル。
キータッセルとは、名前の通り鍵に付けられるタッセルで、鍵だけでなくクッションやテーブルランナーなどのコーナーに装飾品として取り付けることもできます。

長さがあるので、クッションに付ける場合はマチ付きでしっかりとボリューム感を出すと相性が良さそうです。


チャイナドレスの胸元についている飾りのようなこちらの装飾は、
どのように使うと思われますか?

両開きカーテンの場合、生地の端にそれぞれのパーツを縫い留めると、
ボタンのように留めることができるのです。

ファッションの要素を取り入れた、今までありそうでなかった新しいスタイル、
ご興味のある方はぜひショールームにてご覧ください。

シルクロードをヒントに

2020.02.25 / osaka

先週から、海外ブランドの新作アイテムの入荷が始まりました。
トップバッターはSanderson(サンダーソン)


今回の新作『CASPIAN』は、
アジアと地中海をつなぐシルクロードからインスピレーションを受けたコレクションとなっております。

ウズベキスタンのイカット柄や、ペルシャの絵画、インドのペイズリー織などをヒントにした、
オリエンタルな生地が揃います。

異なるカルチャーのスタイルを融合させた遊び心のあるデザインは、どれも印象的。
クッションをプラスするだけでも、流行りのミックススタイルを取り入れていただけます。

今後も続々と新作のファブリックや壁紙がショールームに入荷予定です。
最新のアイテムはホームページのInterior Libraryからご覧いただけますので、
ぜひチェックしてみてください。