MANAS TRADING

「ブランド」カテゴリーのブログ一覧

名残のワンショット

2011.04.16 / nagoya

名古屋ショールームの奥の一角に、William Morris(ウイリアム・モリス)のコーナがあります。
何度かショールームに足を運んでいただいている方にとっては、モリスコーナーは馴染みの光景かと思います。

2009年からずっと親しまれ、とてもご好評頂いたこのコーナーもついに新しく生まれ変わることになりました。
まだショールームに足を運ばれたことのない方のために、せっかくなのでここで最後に改めてご紹介したいと思います。

このコーナーは2008年秋に発売されました「MORRIS Volume V」の収録からコーディネートされています。

カーテン生地 : Indian (品番 : DMCOIN 203)
クロス(紙クロス) : Granada (品番 : DMOWGR 103)

ちなみに衝立の生地はMANAS-TEXに展開中のマリーイザベル203。もちろんモリスのコレクションの一つとなります。

今後は写真のコレクションブックからご覧頂くことになりますが、ディスプレイが好評だったおかげもあり、このブックもかなり使い込まれた感がでてきました。

そして来週、4月21日木曜日からは新しいモリスコーナーがご覧いただけるようになります。

更に21日、22日、23日の3日間は特別に大判のサンプルでいち早く新作もご覧いただけます!
この3日間「ブログを見ました!」とおっしゃって頂きましたお客様には、モリスのノベルティーをプレゼントさせて頂きます。
(但し、ノベルティーに数の限りがございますので、なくなり次第終了となりますのでご了承下さいませ。)

もし栄にお出掛けのご予定がございましたら、是非ショールームにも足をお運び下さいますよう、お待ちしております。

BonChic

2011.04.01 / nagoya

今書店に並んでいるインテリア本「BonChic」

毎号エレガントな空間の写真が多く掲載されているので、必ず目を通す一冊です。

今号には、1月にパリで開催されたメゾン・エ・オブジェやデコ・オフの模様がレポートされていました。
そこにはマナトレーディングが扱っているブランドのパリショールームも紹介されています!
こちら名古屋のショールームでも同じ生地を見ることはできますが、さすがはヨーロッパの本場、ディスプレイの組み合わせは抜群のセンスです。こうして雑誌などから客観的に情報を得ることで、今私達の手元にある生地のまた新たな魅力を発見することが出来るんです。

先週到着したばかりのOSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)のコレクションブック。

パリショールームにはこの新作のディスプレイも。
早速このBonChicの中でチェックすることが出来ました!ちょっと得した気分になります♪

名古屋ショールームでのこの新作コレクションのお披露目はもうしばらくお待ち下さい。
只今準備中です、どうぞお楽しみに。

オズボーン&リトルとは

雑誌情報

※メゾン・エ・オブジェ(MAISON&OBJET)
フランス最大のインテリア見本市。世界中のプロの方が注目する見本市の一つです。

※デコ・オフ(DECO・OFF)
メゾン・エ・オブジェの期間中、パリ市内では参加する各ブランドメーカーがショールームなどを開放して、新作発表などのイベントを開催。

名古屋ショールームについて Vol.1

2011.03.04 / nagoya

最初にスタッフが働く名古屋ショールームについてご紹介していきたいと思います。

場所は名古屋近隣の方なら皆様ご存知の栄、
そして中日ビル。(←でも中日ビルの中ではありません)


ショールームは中日ビルの南向かい、こちらの松下中日ビルの2階にあります。
初めていらっしゃる方は本当にここにショールームがあるのかと心配されるそうですが、
安心してエレベーターで2階までお越し下さい。


皆様を最初にお出迎えする正面のディスプレイです。

そろそろ春に向けて海外から新作が届いてくる季節。
ここも間もなく新作のファブリックに衣替えです!(お楽しみに♪)
変身前のショールーム、春になる前に良かったら一度(もう一度)ご覧になられませんか。

今日はエントランスまでのご紹介でした。