MANAS TRADING

「壁紙」カテゴリーのブログ一覧

フランス額装@大阪ショールーム

2013.05.14 / osaka

好評のフランス額装教室。
大阪ショールームでも開催いたします!
今回も講師にart d’encadrement向井理依子さんをお迎えいたします。

*開催日程:6月15日(土)
*開催時間:15:00~16:30
*会場:マナトレーディング大阪ショールーム
*参加費:¥4,500

参加ご希望の方はメール(osakasr@manas.co.jp)またはFAX(06-6281-8505)にてお申込ください。

皆様のご応募、お待ちしております。
詳細は弊社ホームページNewsをご覧ください。

5月7日から

2013.05.02 / nagoya

GW後半が始まります。
今年は大型連休を取られている方も多いのではないのでしょうか。

マナトレーディング名古屋ショールームも3日(金)~6日(月)まで休館となります。

また5月7日(火)から通常営業を再開いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ショールームでは4月から少しずつディスプレイの模様替えも始まっています。
また新しくバージョンアップしたショールームへお出掛け下さいませ。

最後にMORRISファンの皆さまにとっておきのMORRIS情報を!

皆さまからのご要望が高かった「いちご泥棒」の壁紙が遂に登場!!
今後は、カーテンだけでなく壁紙でもお選びいただけるようになりました♪

写真
* コレクション MORRIS ARCHIVE Ⅱ
* 品名 Strawberry Thief
* 品番 212564

How to デイスプレイ

2012.11.12 / nagoya

名古屋ショールームのディスプレイの一つ。

これからの季節にぴったりな秋冬モードのこちらのディスプレイ。
今回はこのディスプレイのタネアカシをしていきたいと思います。

まずはカーテンから。

こちらはプレーンシェードというスタイルになります。
サイドにあるチェーンを操作すると畳まれた生地が上下に動き開閉するタイプです。

それでは一番最初に眼をひく手前のドレープ生地からご紹介していきますね。

Nina Campbell(ニナ・キャンベル)
2011AW「TALARA」コレクションより、
Quechua NCF4073-03
ペーズリー柄が懐かしくて新しい。とても艶感のある生地のため、実物どおりに写真に納めるのがとても難しいです。
カタログでは色違いのものがこんなイメージで紹介されています。

両サイドの赤い生地。

OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)
「KEDIRI SILKⅡ」
kediri Silk F5750-32
いわゆるコットンシルク地です。とてもカラフルな配色が揃うシリーズで、クッションなどを作るのにもお薦めです。
そして、ここで使用した赤色もなんともいえないゴージャスなレッド。
これからの季節、おとなのクリスマスカラーとして是非チェックしていただきたい色です。

そして、裾を飾るトリム。

OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)
Taisho Beaded Friinge T570/05
アクセサリーの一つであるビーズのトリム。
生地の柄の色と相性の良いカラフルなビーズ達がアクセントになります。
そしてシェードはすべて下ろすのではなく、この途中のところであえて固定しておくのがポイントです。

ビーズの奥にふんわりと垂れるレース

OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)
2011AW「SARGASSO」コレクションより
Catalina F6327/01

手前のプレーンシェードとはまた違った雰囲気をもつバルーンシェードに仕立ててあります。
ただ、あまり甘くならないように上部にギャザーをよせるのではなく、BOXヒダにしています。

この生地は初めて見た時からスタッフ間でもとても人気の高いレースでした。
品があり清楚なダマスク柄のレースなので、普通にカーテンやプレーンシェードにしても素敵です。
こちらは吊カーテンも展示しておりご覧になることができます。

そして次にご紹介するのは、壁紙

カーテンだけでなく、それを惹きたてる背景もとても大切なもの。
この背景に選ばれたクロスはこちら。

OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)
「METROPOLIS VINYLS 2」
Fitzroy Vinyl W6332-02
壁紙では珍しく、メーター販売しているワイドサイズのビニールクロスです。
単純なブラウン×ベージュのストライプではなく、モアレ調に地模様がついているのが特徴です。

テーブルスタンド

PORTA ROMANA(ポルタ・ロマーナ)

SMALL SALPERTON LAMP
〈本体:SLB47 シェード:15″SLIM STRAIGHT OVAL〉

英国で一つ一つ手作りされているポルタロマーナ社のランプシェードです。
これはアイアンでつくられています。受注生産のため通常製作に数か月お待ちいただくのですが、
こちらは展示現品商品となりますので、もしお気に召されればそのままお求めになることができます。
なかなか日本では見かけない味わい深いデザインです。

最後に、小さな脇役キータッセル

HOULES(ウレス)
LUXURY キータッセル
フランスのタッセルです。アンティークの家具の取っ手部分につけています。
家具の鍵などにつけておいたりするのも、さりげなくお洒落になります。

いかがでしたか。以上がディスプレイのタネアカシでした。

冒頭の写真でみるとほんの一角のディスプレイコーナーにすぎないのですが、
意外に沢山の要素が詰め込まれていているんです。

今度はぜひ実際に手に触れて、皆様の眼で本物をごお確かめ下さいませ。

*上記の表記は、上段:メーカー名 中段:コレクション名 下段:品名、品番の順となっております。

はじめての 〇〇〇

2012.08.08 / nagoya


このロゴマーク 見覚えありませんか?
ファブリックに興味がないという方でも、意外とアジア土産として知っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

そう、タイシルクでも有名なJIM THOMPSON(ジムトンプソン)です。

ジムトンプソンではシルク素材のファブリックの充実はもとより、
アジアならではのデザインからとてもオリエンタルな色合いまで多く取り揃えられています。
世界の一流ホテルのインテリアやハリウッドなどでも採用されているブランドです。

そんなファブリックのイメージのつよいジムトンプソンですが、
今年初めてクロス(壁紙)が発表されました。

コレクションブックを見た第一印象は◎
スタッフ間でもとても使いやすそうと大好評です。

ヨーロッパのクロスの雰囲気とも違い、なんだか日本に通ずる繊細な色遣いと柄。
和モダンな空間作りに、とても良い味わいを発揮できそうです。

※マナトレーディングで扱う「ジムトンプソン」はファブリックと壁紙になりますが、
こちらのマナ オンライン【MANAS online】から小物の一部をお求め頂くことができます。

※冒頭の写真は現地のショップで購入している私物であり、マナトレーディングでの扱いではございません。
(注:かなり以前の購入のため、現在はロゴマークの書体のデザインも変更になっているようです)

チューリップ

2012.04.07 / nagoya

4月になって春モード全開といきたいところですが、今年はまだまだ寒さが続きますね。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

それでも、今週末あたりは各地でチューリップ祭りなども開催されるようで、
ちゃんと春は到来しているんだなと実感しています。

今日はそんなチューリップにちなんで、ファブリックをご紹介していきたいと思います。

Early Tulips

鮮やかな色彩でチューリップ満開のデザインです。
1929年にデザインされたファブリックをもとに、現代風に再デザインされたもの。
ファブリックと共にクロスもご用意しています。
*ブランド  Sanderson
*コレクション  VINTAGE

Garden Tulip

右下の壁紙にチューリップが描かれています。
ベースにはモリスらしい定番の植物柄もプリントされています。
こちらも1885年、ウイリアム・モリスによってデザインされたものをもとに、
昨年アーカイブの一つとして登場しました。
同じデザインでチューリップが刺繍されたファブリックもございます。
*ブランド  MORRIS&Co.
*コレクション  THE ARCHIVE CLLECTION

そのチューリップのファブリックで、イベントではランプシェードも作りました。
一年中春を楽しめそうですね。

そして、モリスの定番の中には「ハニーサックル&チューリップ」もありますよ!

これからも旬のお花柄を見つけていきたいと思います。