MANAS TRADING

2017年08月のブログ一覧

カラフルのお手本

2017.08.29 / nagoya

トレンド感たっぷりのÉLITIS(エリティス)クッション。

2017年の新作はビビットな色がとても目を惹くラインナップ。

名古屋ショールームのディスプレイもエリティスのクッションで彩り艶やかに模様替えしています。




私達スタッフが毎年楽しみにしている中の一つ、「ÉLITIS」のクッションカタログです。



コーディネートのお手本にしたくなるような色の組合せ方。
そして一見無造作にみえるのにお洒落感のあるクッションの配置。

ちなみに2016年版はコーディネーションのイメージに合わせてタイトルがついています!


もうおわかりですよね!
その「タイトル」というのが、誰もが一度は耳にしたことのある有名な「曲名」ばかりなのです♪
遊びゴコロのある「ÉLITIS」のカタログを一度のぞいてみませんか。

2017年1月のパリのショールームのウインドーディスプレイの写真はこちらのブログで。
そしてまだまだエリティスのクッションを見てみたい方はこちらでご覧くださいませ。(MANASのサイトを離れます)


※写真は掲載当時のもので現在の価格とは異なります。どうかご了承くださいませ。

MODERN LIVING×PURE MORRIS

2017.08.27 / osaka

発売中のMODERN LIVING(モダン リビング)9月号で、
ウィリアム・モリスの人気コレクション『PURE MORRIS』をご紹介いただいています。

さらに今回は数量限定で、「SPECIAL BOX」も発売されています。
なんとこちらにはモリスの生地で作ったミニマット2枚がセットになっています。

生地は代表柄の柳のデザイン「Pure Willow Bough Embroidery」。
色違いで3種類のセットがあります。
ティーマットとしてお使いいただける、22㎝各の正方形サイズです。
花器の下に敷いても素敵ではないでしょうか。

こちらの「SPECIAL BOX」は各ショールームでも販売していますので、
ぜひご覧になってみてください。
数に限りがありますので、気になられる方はお早目のご来場をおすすめいたします。

9月には皆さまにご参加いただけるようなモリス関連の企画も考えています。
また改めてお知らせさせていただきますので、どうぞお楽しみにお待ちください。

ショールームの風景

2017.08.26 / nagoya

まもなく秋に突入しますね。


今の名古屋ショールームはこんな感じでご覧いただけます。
HPの写真と比べて頂くといろいろと変化していることにお気づきになられると思います。


OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)のお揃いの壁紙とカーテン。
カーテン上部にはトリムで切り替えのデザインを施しています。


(クリックすると写真が拡大してリストがご覧になれます)

こちらはSanderson(サンダーソン)の生地で仕上げたシェード。


Tree柄の刺繍生地を青い別の生地で囲んでいます。ちなみに青い生地だけでカーテンを仕立てるとまったく違った印象に…

このシェードの場合、実はボーダー柄の部分を指定して縫製しているんです。

季節の移り変わりと共にショールームの風景も少しずつ変化していきます。

最寄りのショールームにお越しの際は、ぜひ‘今’のディスプレイをご覧になっていってくださいね。

ワークショップを開催しました!

2017.08.26 / tokyo

お盆を過ぎると夏の盛りも一段落。

といったところですが、
今年の東京は40年振りの長雨続きだったそうで少し拍子抜けしたような今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

夏と言えば、小学生の頃ちょうどこの時期になると頭を抱えていた「夏休みの宿題」。
絵日記に読書感想文、自由研究に図画工作…大人になりすっかりご無沙汰となった今では懐かしい思い出です。

そんな子供のころの工作のワクワクを呼び起こすような、
エレガントな「大人の工作」に興じてみるのはいかがでしょうか。

今回は今年5月と7月にショールームにて開催したワークショップの様子をリポートします。


ツイード:Surat 7645-02 (BLACK edition)  ベース地:Rocco 7727-16 (ROMO)

こちらは5月に開催したHaco Works(ハコワークス)講師の方々を招いたカルトナージュ1DAYレッスン。
毎回マナ取扱ブランドの生地を使ったバッグやペンケースなど様々な小物を作成いただく人気の講習です。

今回はBLACK edition (ブラック・エディション)の生地を使ったミニクラッチバッグを作成いただきました。
麻を含んだベースの生地と、シルバーのツイードを使ったコンビネーションは、
春先から夏の時期に使っていただきやすい爽やかで上品なデザイン。

和装にも合わせやすいというのが今回のポイントとのことで、
スリムな長財布ほどのサイズで設計されています。
お着物の袂からさらっとこんなクラッチを取り出す小粋な女性…憧れますよね。


針と糸を一切使用しないので、お裁縫が苦手な方でも手軽に始められるのがカルトナージュの魅力のひとつ。
講師の方々の丁寧なレクチャーを聞きながら、
あらかじめカッティングされた型紙と生地をボンドで貼り合わせていきます。


皆さんメモと取ったり、工程を写真に残したりする方もおり、真剣そのもの。
初めての方の進捗に合わせて、レッスンを進めて下さるので工程を聞き逃す心配はありません。


レッスンでは、パリで見かけたトレンドのツイード生地の話題や、美しいファブリックとの出会い、
カルトナージュの魅力など素敵なお話も盛りだくさん。
今回はクラッチバックと同じデザインで作成したトートバックも一緒にお持ちいただきました。

皆さまお一人で参加される方がほとんどですが、いつの間にかテーブルごとに和やかな輪が広がってゆきます。
楽しそうな笑い声に、ショールームのお客様も興味津々で覗いていく方もちらほら…

つくる作品は同じであっても、出来上がる頃には作り手の個性と愛着が備わって、
世界で一つだけの作品になってゆくのも一つの魅力といえるでしょう。

 

続きましては、7月に開催しましたショールームスタッフによるワークショップ。
こちらのワークショップでは毎回好評頂いておりますランプシェードを作成いただきました。


左:Pure Willow Bough Embroidery 236067  右:Pure Poppy Embroidery 236081

今回使用したのは昨年8月に発売された、モリスの新しいライン 『PURE MORRIS』より2つの生地をセレクト。
応募の際お選び頂いた柄にて作成いただけます。


ご用意した無地のランプシェードの上から生地を貼りつけていきます。
一見単純そうに見えますが、端の処理や生地が曲がらないように気を付けながら、少しずつ貼りつけていきます。
ボンドが乾かない間であれば、何度でもやり直せるので失敗することはほとんどありません。


皆さま初めてとは思えないほどの職人っぷり。
それぞれにコツを掴まれると、無心でシェードづくりに没頭されていきます。


仕上げにフリンジを付けて完成!
本体に取り付けてランプを灯すと、刺繍の柄部分が光に浮かび上がりとてもキレイです。

作られた作品は皆さま大切そうにお持ち帰りになりました。
お申込みいただいた皆様、そして参加者の皆様、誠にありがとうございました。

カルトナージュ1DAYレッスン、ワークショップ共に、初心者の方にも作りやすい作品をご用意しております。

これまでじっくりと生地に触れたことがない方、カルトナージュに興味があってもなかなか手が出せずにいた方も、
是非この機会に体験してみて下さいね。(※)

皆さまのご参加お待ちしております!
※開催時期や回数は年度によって変動します。
これらのワークショップのご案内は弊社メールインフォメーションより配信されます。
ご希望の方はコチラからご登録ください。 https://www.manas.co.jp/manas-mail-information/

※Haco Works HP: http://hacoworks.com/
Instagram では素敵なカルトナージュ作品が随時UPされています。こちらもぜひご覧ください!

ボタニカルデザイン

2017.08.10 / osaka

マナトレーディング大阪ショールームでは
8月11日(金)〜16日(水)までを夏期休暇とさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

世界陸上真っ最中のイギリスから・・・

HARLEQUIN(ハーレクイン)と、英国デザイナー、クラリサ・ハルスがコラボレーションした
第3弾目のコレクション『Lilaea(リラエア)』が届きました。

ハルス氏はプラハで生まれ、遊牧民として
スペイン、イタリア、ギリシャ、タイなど世界中の様々な国で暮らしてきました。

そんな幼少期の経験が、彼女の豊かな色彩感覚を育て
世界各地で出会った美しい自然風景は、インスピレーションの源になっています。

 
旅先ではいつもカメラを持ち歩き、感性の赴くままに草花や風景の写真を撮るそうです。
何気ない草や種も、彼女にとってはデザインの宝庫なのですね。

トレードマークのボタニカルデザインは、影絵のようなコンテンポラリーな表現とグラマラスな色使いが印象的。
 

シルクプリントやホイルプリントが施されたベルベット、グラデーションに染められたリネンなど、
ボタニカルなデザインを生かした技法と素材感を楽しめる生地が揃っています。

『Lilaea』コレクションを使った美しいコーディネートをご覧ください。


グレーを基調とした落ち着いたリビングルーム。


赤をアクセントにしたベッドルーム。


ブルーとイエローのコンビネーションが爽やかなダイニングルーム。

ハーレクインのホームページでは素敵なコーディネート例がたくさん紹介されています。
インテリアのご参考に覗いてみてはいかがでしょうか。
(マナのHPを離れます。)

1周年

2017.08.10 / nagoya

PURE MORRIS(ピュア・モリス)』コレクションが発売されてまもなく一年。

これまでになかったモノトーンのモリスの世界は、ショールームを訪れる多くのお客様にも受け入れてもらえたようで、沢山の嬉しい反応をいただきました。

そして現在の名古屋ショールームです。窓辺にはずらりと並んだPURE MORRISのフラットカーテン。
レースとはまた異なった透け感があるので、これだけの一枚がけを愉しみたいというご要望やご相談もいただきます。


そんな『PURE MORRIS』のファブリックと壁紙、デビューキャンペーンを行なっていることはご存じでしょうか?
ご好評につきキャンペーンは来年まで延長が決定し、引き続き特別価格にてご提供できることになりました。
ぜひこの機会にじっくりと一人でも多くの方々にご検討いただけたらと願います。

そしてもう一つ朗報が!

インテリア雑誌『モダンリビング』No.234が今月7日に発売になりました。
今号は通常の雑誌はもちろんですが、「SPECIAL BOX」がセットになった特別バージョンも同時発売。
SPECIAL BOXには今回ご紹介したコレクションの中から「Pure Morris Willow Bough Embroidery 」でつくったミニマットが2枚セットで入っています。お近くの書店でチェック下さいね。
またショールームでもこの期間、特別バージョンを数量限定で販売いたします。(なくなり次第販売は終了となりますのでご了承ください)


* MODERN LIVING モダンリビング No.234
* 特別セット(雑誌+SPECIAL BOX) 税込2,500円

名古屋ショールームは8月11日~16日まで休館となります。
まだまだ暑い日が続きますが、どうかお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

下の写真手前が「Pure Morris Willow Bough Embroidery」

※尚、下記2商品つきましては現在長期欠品中の為、しばらく商品をご提供できない状態となっております。大変申し訳ございませんがどうかご了承くださいませ。
* Pure Strawberry thief(226060,226061)
* Pure Acorn(226062,226063)